‘負債’ タグのついている投稿

会社のお金はどこから生まれるのか

2019年9月3日 火曜日

昨日、
「例え会社のお金でも、無駄なこと、工夫すれば安く済むことに対して、必要以上のお金を使うことがもったいないと思う気持ちを皆が持つことが必要なのだと思います」
と書きました。

この話は、
1.会社のお金はどこから生まれるのか?
2.もったいないと思う気持ちとはどんなものか?
という二つの話に別れます。

今日の話は、まず1の「会社のお金はどこから生まれるのか?」についてです。

貸借対照表の右側が会社のお金の出所を表します。
それは負債と純資産からなり、負債とは人から借りたお金で返済の必要があり、純資産は簡単にいえば資本金と今までの利益の蓄積です。
借りたお金であれば返さなければなりませんし、資本金は中小企業であればそうそう増やすわけにもいきません。
となると使えるお金の出所は毎年の利益の蓄積ということになり、これは毎年の損益計算書の一番最後にある当期純利益がもとになります。

つまり、会社の使えるお金は、勝手に金庫や銀行口座に入っているものではなく、一生懸命に営業をして売上をあげ、経費を抑えて出した利益がもとになっているのです。

このように考えると会社の皆で造り出したお金ですから、昨日書いたように自分のポケットが膨らむような使い方はもちろん、何も考えずに高い買い物をすることも慎む必要があります。

 


 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

負債の本質3

2019年9月1日 日曜日

お金を借りるということは、お金というより金利を払って時間を買っているのでは?と昨日書きました。

周りを見渡してみても、欲しいものがあれば手持ちが無くてもローンを組んで買う人もいます。
一方、ローンはおろかクレジットカードも使いたくない、欲しいものがあれば現金で買うという人もいます。
学校ではお金の使い方を習う機会はありませんから、この違いはきっと育った環境によるのかなと思います。
それが会社経営にも影響するのではないかと思います。

会社の成長というものは焦る必要は全くないと思います。
車の運転で急発進が急停止につながるように、時間をかけて成長した会社と違い、急成長した会社の没落も急なものです。

slow and steady wins the race.
この言葉は真理だと思います。

 


 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで16位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

負債の本質2

2019年8月31日 土曜日

昨日、下の図をもとに、負債は、
「もともと他人のお金ですから自分の自由にならないのです。
それが負債の本質ではないでしょうか。
では、どうしてそんな不自由な負債を増やすのか?」
と書きました。

会社が銀行からお金を借りても、それは返済しなければなりません。
そして、さらに金利まで支払う必要があります。
返済するためには、基本的には会社は利益を出して返済する余裕を作っていかねばなりません。*1

そうであれば、お金を借りずに、利益を出して余裕を作っていけば、借りようとしていた分のお金が貯まってくるはずです。*2

昨日お話ししたように借りたお金、負債は他人のお金ですから、相手都合で返済しなければならない場合もあります。そうであれば、お金を借りずにお金を貯める方が安全です。

なのに他人からお金を借りる、負債を作るということは、これはお金を借りるというよりは、お金を貯めるための時間を金利という費用を払って買っていることではないでしょうか。

この話、また明日に続きます。

*1 減価償却の話はまた後日
*2 会社の利益には税金というコストが発生します。

 


 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

負債の本質

2019年8月30日 金曜日

昨日の下図中央ソフトバンクの貸借対照表についてです。

高収益の事業を行っていることを背景に借入を増やし事業展開のスピードアップを図っているのが中央のソフトバンクです。

他人から借りたお金は負債であり、それは当然返済する必要があります。
また事業展開によっては更なる借入が必要な場合もあるでしょう。

事業が順調にいっていれば良いのですが、「マサカの坂」となった時に、問題がおこります。
新たな融資がされないどころか、金融機関が既に貸している分も貸しはがしするかもしれません。
もともと他人のお金ですから自分の自由にならないのです。
それが負債の本質ではないでしょうか。

では、どうしてそんな不自由な負債を増やすのか?
この話はまた明日。

 


 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

社内研修用 「会計の基本」3-2:資産の増減

2018年3月2日 金曜日

貸借対照表は借方(左側)に資産の部、貸方(右側)に負債の部、純資産の部があり、資産を購入する資金の内訳が他人から借りた負債と自分のお金である純資産だと昨日お話ししました。

資産の合計=負債の部合計+純資産の部合計となっています。

資産を増やすためには、負債、つまりお金を借りて増やすか、純資産を増やすしかないことが上の式からわかります。純資産を増やすには資本金を増やすか、税引き後の利益を利益剰余金として積み上げていくしかありませんが、増資はそうそうできません。

借入があれば返済しなければなりませんし、返済するということは現預金、つまり資産が減るということです。
また、資産のうち固定資産は毎年原価償却分簿価が減少していきます。

税引後の利益を利益剰余金として積み上げていかなければ貸借対照表はどんどん小さくなっていってしまうのです。

 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

社長(あなた)の思いは伝わってますか?
研修サポート 「経営者の想いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

————————————————————————

社長(あなた)が悩んでいることは、すでに先人が考え抜いたことかもしれません。
研修サポート 「経営に活かす原理原則『経営学百(100)年の智恵』」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
————————————————————————

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
作業日報の入力で、現場人工管理と給与計算両方ができます。
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php

————————————————————————

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

管理会計が必要な理由2 現金の出所

2016年4月21日 木曜日

 昨日、「稲盛和夫の実学」(稲盛和夫 日経ビジネス人文庫 2000年 524円+税)より、
「儲かったお金はどこにあるのか?」
「利益から配当しなければならないというが、それだけの金がどこにあるのか?」
という稲盛さんの質問に対し、経理部長は、
「利益は売掛金や在庫、また設備など、さまざまなもに姿を変えているので、簡単明瞭にどこにあるといえるものではない」
「利益は手持ちの資金としてはなく、配当資金は銀行から借りる予定」
と答えたことを紹介しました。

 今日はこの背景について説明します。

まず、下に以前オートバックスとイエローハットの比較で使った貸借対照表を掲げますが、この貸借対照表は3つの部で構成されています。

貸借対照表

 

 

 

 

 

 

 

 左側(借方)が資産の部、そして右側(貸方)が負債の部と純資産の部です。
お金、現金は貸借対照表の左側、資産の部の一番上にあります。

貸借対照表の仕組みですが、右側(貸方)は資金の出所を示し、左側(借方)は資産の状態を示します。

 もう少し具体的に説明します。

資産は、大きく流動資産と固定資産にわかれ、流動資産は現金、預金、売掛金、在庫(材料、仕掛品、商品)などを含み、固定資産は土地、建物、機械設備などを含みます。
流動資産はお金に変わりやすいもの、固定資産はお金に変わりづらいものと理解できます。

負債は他人へ返済する必要のあるお金で、他人資本とも言います。
1年以内に返済が必要な流動負債、1年を超えて長期にわたり返済する固定負債に分けられますが、内容としては借り先が金融機関の借入金と、借入先が取引先の買掛金に大きく分けれます。

純資産は返済の必要のない自分のお金で、自己資本とも言います。
株主から払い込まれた資本金や、今までの利益の積み重ねである利益剰余金などで構成されます。

右側の負債(借りたお金)と純資産(自分のお金)が、どのような状態になっているのかが左側の資産に示されているのです。

 貸借対照表とは貸方’(右側)と借方(左側)が対照、つまりバランスがとれているという意味で、資産=負債+純資産という式が成り立ちます。
負債や純資産が増減するとそれに応じて資産が増減するのです。

 ですから、儲けたお金(利益剰余金、右側の純資産)が増えると、それに応じ資産は増えますが、資産は現金以外にも売掛金や設備なども含まれますから、経理部長の「利益は売掛金や在庫、また設備など、さまざまなもに姿を変えているので、簡単明瞭にどこにあるといえるものではない」という答えになるのです。

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで23位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
研修サポート 社長(あなた)の思いは伝わってますか?
「経営者の思いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

///////////////////////////////////////////////////////////

研修サポート 経営に活かす原理原則「経営学百(100)年の智恵」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

作業日報の入力で、給与計算と現場管理(出面表など)ができます!

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

研究報告会(平成24年11月)のご紹介 4.儲かったお金はどこにあるのか 貸借対照表の構造

2012年11月21日 水曜日

 昨年4月より小樽商科大学大学院博士後期過程に通っていますが、そこでの学びを縁のある経営者達に伝える研究報告会を昨年7月より開催し、今月で16回目となりました。
今月は16日、17日の両日開催しましたが、その内容を昨日に引き続きご報告します。
今回は「稲盛和夫の実学」と「実学入門 経営が見える会計 目指せ!キャッシュフロー経営」(田中靖浩 日本経済新聞出版社 2009年 1680円)をベースに解説しています。

 貸借対照表は図のように、左側に資産、右側には負債と純資産の部があります。

貸借対照表

 左側(これを会計の用語で借方といいます。)の資産は会社の持つ財産の状態を示し、上が現金・預金と流動性の高い勘定科目から下には流動性の低い勘定科目が連なります。
お金や物や、権利など形の形のないものなどから成り立ちます。

 右側(これを会計の用語で貸方といいます。)の負債と純資産は資産を手に入れるためのお金をどこから調達してきたかを示します。
負債とは銀行借り入れなど他人から借りたお金であり返済が必要です。これを他人資本といいます。
純資産は資本金や内部留保(利益剰余金:過去からの利益の積重ね)などからなり、これは自分のお金で返済は不要です。これを自己資本といいます。

 純資産は以前は資本の部といいました。純資産という意味は、資産から他人から借りたお金である負債の分の額を引けば、純粋に自己資金分相当の資産が残るという意味でしょう。




皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで18位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)