‘経営12ヶ条’ タグのついている投稿

大事な二つのこと

2018年2月10日 土曜日

 昨日、伊藤真さんの「夢をかなえる時間術」という本から、「プランニングは、いわば『なりたい自分』と『今の自分』のギャップを埋めるために存在している」という記述を紹介しました。

 これは会社でいうと「プランニング」は経営計画で、「なりたい会社」を表すものは経営理念ということになります。

 稲盛和夫さんは経営に大切なことを順番に経営12ヶ条にまとめていますが、
第1条:事業の目的・意義を明確にする
公明正大で大義名分の高い目的を立てる
第2条:具体的な目標を立てる
立てた目標は常に社員と共有する
と、1条、2条でうたっています。

 どうなりたいのかという経営理念を掲げ共有すること、そしてそのためのどうしていうかという具体的な目標、経営計画を立て共有すること、会社に限らず、いろいろな組織、そして個人にとっても大事な2つのことだと思います。

 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

社長(あなた)の思いは伝わってますか?
研修サポート 「経営者の想いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

————————————————————————

社長(あなた)が悩んでいることは、すでに先人が考え抜いたことかもしれません。
研修サポート 「経営に活かす原理原則『経営学百(100)年の智恵』」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
————————————————————————

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
作業日報の入力で、現場人工管理と給与計算両方ができます。
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php

————————————————————————

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

稲盛経営哲学を因数分解してみる13 谷口稚春の影響力

2014年2月1日 土曜日

 鹿児島大学「稲盛アカデミー研究紀要」第3号に掲載された吉田健一さんの「鹿児島時代の稲盛和夫 幼少時代から学生時代まで」という論文から、現在の稲盛経営哲学を構成している根っことなる考え方に影響していることを一つずつ整理しています。

 これまでに、稲盛和夫さんの父母、祖父母、生地、小学校入学前に経験した「かくれ念仏」、小学校時代の生活、郷中教育、西郷隆盛の影響、中学受験 谷口稚春の著書「生命の実相」などのについてご紹介しました。今日は、昨日紹介した谷口さんの影響力に関する吉田さんの見解を紹介します。以下、敬称を略しま す。

 上記論文では執筆者の吉田さんは次のように見解を述べてます。
「筆者自身も稲盛の思想を語る際に、谷口稚春から受けた影響の大きさは他のどれにも勝るとも劣らないものであると考える。」
「勿論、稲盛の説く「利他」や感謝の念をもつことの重要性は、仏教的な思考に基づくものであるが、稲盛は同時に、意志の強さや心の中にあるものが実人生で実現するという強い意考え方をもっており、むしろ経営者として成功する過程ではこの考え方のほうをより強くもっていたとさえ思われる。」

 例として、「経営12ヶ条」
1.事業の目的、意義を明確にする
2.具体的な目標を立てる
3.強烈な願望を心に抱く
4.誰にも負けない努力をする
5.売上を最大限に、経費を最小限に
6.値決めは経営
7.経営は強い意志で決まる
8.燃える闘魂
9.勇気を持って事に当たる
10.常に創造的な仕事を行う
11.思いやりの心で誠実に
12.常に明るく前向きに、夢と希望を抱いて素直な心で
この、3条と7条と12条は「仏教の利他」の教えではなく、明らかに「生命の実相」からの影響だと述べています。

 また「六つの精進」
1、だれにも負けない努力をする
2、謙虚にして奢らず
3、反省ある日々を送る
4、生きていることに感謝する
5、善行、利他行を積む
6、感性的な悩みをしない
これの6つ目だけが悩まないという精進とは別のものになっているのも、その影響と考えることも可能だろうと指摘しています。

 谷口稚はニューソートの中興の祖、ホルムスの影響を受けたと書かれているのですが、ニューソートについては明日ご紹介します。




皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで24位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







《株式会社シンクシステムズからのお知らせ》
弊社では20年かけて育てた「労賃・給与計算システム」を昨年(2013年)パッケージ商品としてリニューアルしました。
旧バージョンをお使いのお客さま10件ほどの入替もめどがつきましたので、
パッケージ商品として石狩・後志管内にて先行営業を開始しています。

「労賃・給与計算システム」の特長
・作業日報の入力により給与計算はもちろん、出面表などの現場管理資料も作成できます。
・作業日報つき給与明細は、従業員の方も一目で自分の給与内訳がわかり安心・信頼が生まれます。
・出面表や工事別賃金一覧表は、元請への請求資料の作成に便利です。
・作業員を多く抱える建設・土木業、または現場仕事が多い電気・設備などの工事関連、清掃、警備業などの会社にお勧めです。
・本体価格60万円(税別)。 他にデータセット・初期指導、年間保守(初年度無料)が必要です。

詳細はこちらから http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
または、
「労賃給与」で検索を。

セブン-イレブン・ジャパン 鈴木敏文会長が語る「コンビニは変化対応業」

2010年2月10日 水曜日

 本日、盛和塾札幌分科会が開かれました。稲盛和夫塾長が説く経営12か条より、
6.値決めは経営
7.経営は強い意志で決まる
8.燃える闘魂
についての塾長講話CDを聞き、参加塾生で意見を交わしました。

 その中でセブンイレブンの話が出てきましたが、昨日、ご紹介した、「やさしい経営学」(日本経済新聞社編、日経ビジネス人文庫、648円+税、2002年)に、セブン-イレブン・ジャパン 鈴木敏文会長が「新事業を生み育てる 「セブンイレブン」の体験から」というタイトルで書かれてますので、そこからいくつかご紹介します。

 ・「店舗が小さいコンビニでも利益を上げられる仕組みを作る過程は、流通業界の改革そのものだった。」
 ・「小売業者は常にお客さんに都合が良い状態を作り出さねばならない」
 ・「そのためには、商品を提供する側が身を切るような痛みを負わねばならない」
 ・「「お客様は神様です」という事業者は多いが、実際には苦労もせずに対応できる程度の改善で満足してしまうことが多い」(太字筆者)

 ・「例えば年中無休で営業する仕組みを作るために」「当時、パンメーカーは正月三が日は完全休業だったが」「生産体制の変更をお願いした。」
 ・お握りや弁当も鮮度を追求し「一日三回ご飯を炊き、三回に分けて配送する仕組みも他社に先駆けて作った。」
 ・「商品を小分けして配送してもらう方法」も「小分けすると手間やコストがかかり、とても採算が合わない」と「猛反発を受けた。」
 ・「牛乳を収める業者が三社あれば、そのうち一社の車が他の二社の商品も混載して配達するという」「共同配送も、生産性を上げるために反対を押し切って導入した仕組みだった。」

 創業時だけでなく、それから常に時代のニーズをとらえるための変化を繰り返すコンビには変化対応業だと、鈴木さんはおっしゃいます。

 最近プリウス問題で先行きがちょっと心配なトヨタは、昨年12月部品提供メーカーに部品供給価格を3年で30%下げるように通達したとの報道がありました。リーマンズショック後、補助金や減税で低価格ならエコカーが売れると判断し、将来の低価格車販売のための手段です。

 分科会でも話題になりましたが、大手と商売すると大きな売上は望めるかもしれませんが、それ以上に常に変革(イノベーション)を求められ、それに対応できないと商売を切られます。では、大手と取引しなければ安泰かと言うと、やはりそうではなく、常に仕事や会社は変化するものと捉え、時代と共に変わるニーズに合わせての変革が必要です。

 その変革は痛みが伴うものですが、けっして、「苦労もせずに対応できる程度の改善で満足してしまう」ことなく、「強い意志」と「燃える闘魂」をもってやり続けなければならないことです。

?

本日までの投稿記事のタイトルを右のページ欄にある「過去投稿タイトル」にまとめてあります。ご参考にどうぞ。

 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
現在、ブログランキングは北海道のカテゴリで17位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

Think! ITで元気をサポート 有限会社シンク 小椋俊秀

 

日航稲盛会長の言葉、「売上を最大限に、経費は最小限に」

2010年2月1日 月曜日

 今日、正式に日本航空の会長に就任した京セラ名誉会長の稲盛和夫さんの記者会見がテレビで紹介されていました。

 日航をたてなおすには、「売上をあげ、経費をおさえる」との発言がありましたが、一般の方は「何をあたりまえのことを言っているんだ」と思われたのではないかと思います。

 この言葉は、稲盛塾長(自らボランティアで主催する経営者の勉強会「盛和塾」の塾長をされています。)の「経営12ヶ条」にもでてきますが、その「経営12ヶ条」は次のようなものです。

1.事業の目的、意義を明確にする
2.具体的な目標を立てる
3.強烈な願望を心に抱く
4.誰にも負けない努力をする
5.売上を最大限に、経費は最小限に
6.値決めは経営
7.経営は強い意志できまる
8.燃える闘魂
9.勇気を持って事にあたる
10.常に創造的な仕事を行う
11.思いやりの心で誠実に
12.常に明るく前向きで、夢と希望を抱いて素直な心で経営する

 この12か条は、大事なことの順番にかかれており、「売上を最大限に、経費は最小限に」は、公明正大な「事業の意義・目的」をたて、目指すべき「具体的な目標」をはっきりさせ、それを潜在意識に透徹するほどの「強烈な願望」とし、「誰にも負けない努力」をすることにより、「売上を最大に、経費を最小限に」抑えることによって、利益が後からついてくる、というものです。

 昨日の「経営に役に立つ経営学・商学を目指して」では、経営に役に立つための現代の経営学・商学をご紹介したいと書きましたが、もうひとつ、この稲盛塾長の教え・考え方(フィロソフィ)が現代の経営学・商学の理論とどうマッチするのかも研究してみたいと考えています。

?

?

?

本日までの投稿記事のタイトルを右のページ欄にある「過去投稿タイトル」にまとめてあります。ご参考にどうぞ。

 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
現在、ブログランキングは北海道のカテゴリで18位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

Think! ITで元気をサポート 有限会社シンク 小椋俊秀