Posts Tagged ‘経営計画’

外部環境と内部環境

日曜日, 9月 27th, 2020

中小企業家同友会の経営指針は、経営理念、10年ビジョン、経営方針、経営計画の4つから成り立ちます。経営の目的は何か、なぜ経営を行うのか、これを言葉にする経営理念、経営理念に向かって進んでいったときの将来の自社の理想の姿である10年ビジョン、経営理念のもと10年ビジョンの実現を目指し、外部環境(経営環境分析)と内部環境(自社の経営力評価)を検討し、自社の経営資源をどのように使い舵をとっていくかという経営方針、経営方針の具体的なプログラム(実行計画)であるところの経営計画、これらの4つです。

『経営指針成文化と実践の手引き』(中同協)より

自社のファンを作るなど長期的には外部環境を変えていく努力も必要ですが、外部環境の突然の変化は読めませんし、変えていくことも簡単にはできません。半面、内部環境である自社の経営力、こちらも簡単だとはいえませんが、外部環境よりは計画的に変えていくことが可能です。技術力を磨いたり、販売の仕組みを整えたりすることができます。

自社の舵取りとなる経営方針を検討する際には外部環境と内部環境の検討が必要です。そして、今回の新型コロナウイルスの感染拡大のように外部環境に突然の変化があったときには、それを踏まえた経営方針の見直しや内部環境の検討が必要となってきます。

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

同友会 経営計画見直し講座のご案内

木曜日, 9月 10th, 2020

北海道中小企業家同友会札幌支部ではコロナ禍後を見据え、「財務の視点で自社の現状を正確に把握」し、 「売り上げ・利益を確保できる戦略を考え」、「経営指針づくり(理念・10年ビジョン・ 方針・計画)」へと繋がる連続講座(全4講)を開催いたします。

経営指針にそって、激動する環境変化にある今こそ、経営理念のもと外部環境と内部環境を分析し経営方針を立て、「稼ぐ力」をつけていこうという狙いです。

全4講のうち2講目、4講目が私が講師として担当します。
詳細は以下の写真を参照ください。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック →  本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

環境と経営 ポイント

月曜日, 8月 24th, 2020

自分たちの組織とそれをとりまく外部環境とにどう接点をつけていくか、それが経営の問われるところなのだと思います。

外部環境からの情報・刺激を受動的に処理するだけではなく、外部環境に向けて積極的に発信して働きかけることも必要です。
さらには少しでも外部環境の変化をコントロールできるように自分たちの組織と外部環境との間に関係性を築いていくことが求められるのだと思います。

そのようなことをどう具体的に展開していくか、それが経営計画であり、やはり計画することによって会社が良くなっていくのだと思います。
 

 

 

 

皆様の励ましのクリック →  本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで12位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

経営者のための基礎講座

金曜日, 8月 21st, 2020

8月15日付の「中小企業家しんぶん」に宮城同友会代表理事の玄地学さんによる「同友会の経営基礎講座の経験を生かしたコロナ禍における経営計画の見直し」という記事が掲載されています。

宮城度友会では今回の新型コロナによる経営環境の激変に備え、経営計画の見直しを発信し、それがスピーディーに行えたという記事です。
見直しの内容は、「自社の財務体質を確認し、固定費と変動費に分けた管理会計から今後半年後、一年後にどれくらい資金が必要かを沿うてして補助金や支援金、給付金を活用しながら金融機関との交渉を促すもの」だそうです。

宮城同友会では、経営指針を作ろうとする経営者でも、以下の二つの課題があることに気づき、そのやり方を教える場として「経営基礎講座」を作っていたため、上記の発信がスピーディーに行えたとのことです。

二つの課題とは、
・現状認識が弱いこと
・財務分析・経営計画ができないこと
です。

北海道道友会でも同じ認識で、経営指針委員会が中心となり、北海道版の基礎講座を開催する計画が進んでおり、昨日参加した会議でもそのことが議題となりました。

この話、しばらく続きます。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック →  本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで10位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

非常時の経営計画の意味

木曜日, 7月 2nd, 2020

計画の前提が異なる状況となったとき、経営計画にはどのような意味があるのでしょうか。

まず一つめは、現状が目標とどれだけ違うかを示す基準となるということでしょう。
経営計画があるから計画値と現状の差をみることができます。

また、目標としての意味もあると考えている人もいるでしょう。
環境が激変しても何としても計画値を達成する、または少しでも近づけたいということです。
この場合、具体的な実行計画は激変した環境に合わせて変更する必要があります。

考えてみると、事前の計画が成り立たないという世界もあります。
そういう世界ではどうしているのか、これについてはまた明日。

 

 

 


 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

社会的関係と経営計画

火曜日, 5月 26th, 2020

シューマッハの「偶然の事象は計画作成の領域外である」という言葉がミンツバーグの著書で紹介されています。

同友会の経営指針研究会で経営計画に取り組んでいると、「買う買わないはお客さんの判断なのだから売上の計画なんて立てられない」という声を聞きます。一方、「売上計画、販売目標のない経営なんて考えられない」という声も聞きます。

お客さんが買うか買わないかというレベルは「偶然の事象」であり、計画に従って活動しお客さんの購買につなげるのは「偶然の事象」の対極にある「活動」のレベルです。

この「活動」とは、自社を取り巻く環境(特にお客さんとなりえる人たち)に働きかけるという「活動」であり、それは社会性を広める・深めるということになるのだろうと思います。

最初は売上の希望額しか書けなかったのが、数年後には営業活動の実行計画を伴った具体的な売上目標を計画するようなる例を目にしますが、その過程では社会に対しての働きかけの試行錯誤が存在します。

「偶然の事象」とは自分たちのコントロールの範囲外ということですので、「偶然の事象」を少なくするためには自分たちの活動によってコントロールできる範囲を広げることです。そのためには、『7つの習慣』の最初にあげられている「主体性を発揮する」ということが大事なのだと実感します。

 

 


 

 

皆様の励ましのクリック →  本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで12位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

想定外と経営計画

日曜日, 5月 24th, 2020

今回の新型コロナ対策を経営計画に織り込んでいた会社はまずないでしょう。
想定外のことは織り込みようがありません、というか、織り込んであればそれは想定外ではありません。

ところで小規模企業の多くは経営計画を持ちません。
経営計画がないということは、毎日想定外のことに直面しているのでしょうか。

もちろんそうではありません。ただ、経営計画を持たない会社の経営者の多くは、今日は昨日のように、明日は今日のように続くと思っているのではないでしょうか。

経営計画を練るには自分の思いだけではなく、商売の相手であるお客様や世間一般に思いをはせる必要があります。
経営理念にもとづいた経営方針、経営計画を立てPDCAを回していくことを学ぶ同友会の経営指針研究会のテキストには自社の歴史における外部環境の変化を考えるという課題があります。
研究生の多くは自社とは直接関係のない社会の出来事を外部環境での出来事ととらえています。

自社とのかかわりで外部環境を考えるにはどうしたらよいのか。
その最初の一歩は、今までと違う社会とのかかわりを持つことではないでしょうか。

例えば、八百屋をやりたいと思った人が自分だけの思いで店を開いたとします。
ひょっとするとそのすぐそばに大繁盛しているライバルがいたかもしれません。
また、その近辺がみな農家で野菜は自分たちで生産しているかもしれません。
そうならないようにするには、店を開く前にその近辺の様子を探るということが必要です。
これは極端な例ですが、自分たちのお客の様子に代表される外部の様子を知らなければ計画は絵にかいた餅であり、直面するできごとは想定外のことばかりでしょう。

 

 


 

 
皆様の励ましのクリック →  本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで12位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

考え方と行動とその結果

土曜日, 9月 21st, 2019

昨日は、人によって判断が違い、行動が違い、その行動の結果が現在のあなたなのですと書きました。

これは個人にだけ言える話ではなく、会社にもあてはまります。

どういう会社にしたいのかというビジョン、そのもとになる経営理念という考え方があって、どういう行動をとるのかという経営計画ができ、それに沿って経営した結果が現在の会社の姿なのです。

しかし、小規模企業の多くの会社はこのような考え方(経営理念、ビジョン)を持たず、当てずっぽうに(経営計画がなく)行動をして、現在の姿になっているのです。

 

 

 


 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

儲かるための経営計画

月曜日, 7月 29th, 2019

買う買わないはお客さん次第だから、売上計画を立ててもしかたがないと思っている経営者は実は少なくないのだと思います。そして、このような考え方と、どうしてもこれだけの売上は上げねばならない、そのためにはどうするかと考えるのとでは大きな違いがあることは誰でもわかることではないかと思います。

6月、7月、8月と同友会札幌支部中央北地区の主催で「経営基礎講座財務編」という勉強会が開かれており、私が講師として「これ以上易しくできない会計の話」をしています。
初回の様子はこちらから https://blog-sapporo.hokkaido.doyu.jp/activityreport/20190617chukita/

次回8月26日は経営計画の立て方についてです。
ご興味のある方は同友会事務局までご連絡ください。
(同友会会員でない方でも参加可能と聞いています。ご相談ください。)

 

行事名 中央北地区会PRESENTS “今さら聞けない”経営基礎講座(財務 初級編)
開催日時 2019/08/26 (月) 18:30 ~ 2019/08/26 (月) 20:30
会 場 札幌市民交流プラザ SCARTSミーティングルーム1・2(中央区北1西2 さっぽろ創世スクエア2F)
主催組織
内容 中央北地区会PRESENTS “今さら聞けない”経営基礎講座(財務 初級編)
●実は今まで、数字の勉強して来なかった… ●独立したばかりで、決算の見方がわからない… ●自社の社員に、数字を見れられるようになって欲しい… そんな会員さんの要望にお応えし、中央北地区会では全3回の「経営基礎講座」を企画いたしました! 参加は1回のみでもOKです!この機会をお見逃しなく!!
▼講 師:(株)シンクシステムズ 会長  小椋 俊秀 氏 (札幌支部経営指針委員会 副委員長)
▼参加費:各講 2,000円(3講全てお申込の方は5,000円)

==概要=============================

【第1回】 ≪テーマ≫ 決算書を『見る』~会計の構造と損益計算書、貸借対照表~ ≪日 時≫  6月17日(月) 18:30~20:30
【第2回】 ≪テーマ≫ 決算書を『読む』~自社・他社の経営を数字で読む~ ≪日 時≫ 7月22日(月) 18:30~20:30
【第3回】 ≪テーマ≫ 決算書を『使う』~計画に必要な変動損益計算という考え方~ ≪日 時≫ 8月26日(月) 18:30~20:30
====================================

≪場 所(3回とも)≫
札幌市民交流プラザ   SCARTSミーティングルーム1・2
(中央区北1西2 さっぽろ創世スクエア2F)

参加費 各講2,000円(3講全てお申し込みの方は5,000円)
問い合わせ先 同友会事務局 (TEL:011-702-3000)

 

2019経営基礎講座

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

戦略とは得意技を磨くこと

水曜日, 4月 17th, 2019

経営戦略と経営計画はどう違うのか?
ミンツバーグは計画をいかに精緻化してもそれは戦略にはならないといっています。

考えてみれば、戦略はそれぞれの会社独自のもので、そうであるからそれぞれの会社では業績にも差があるのです。

では、戦略とは何か?

頭に浮かんだのは、自社の得意技を伸ばすということでした。

自社の得意技を伸ばし、それによって世のため人のために立つ、
もしくは、伸ばした得意技が世の役に立つように世の中を変えていく。
これをしていくことが戦略なのだと思います。

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで17位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆