‘経営の教科’ タグのついている投稿

トップに求められるもの

2011年11月22日 火曜日

 昨日の「経営者に必要な資質」では、複数の会社でトップをつとめた新将命さんのお話と、外部からのトップ招聘は業績向上にはつながらないとの 「ビジョナリー・カンパニー3 衰退の5段階」(ジェームズ・C. コリンズ? 日経BP社 2010年 2310円)のお話を紹介しました。

 新さんは「経営の教科書」(ダイヤモンド社 2009年 1680円)で、企業経営の根幹の80%は「経営の原理原則」であり、どこの会社も同じだから、これを身につければどこの会社のトップもつとめられるといっていますし、ビジョナリー・カンパニー3では、偉大な会社では理念を伝承していくために生え抜きの人材が選ばれていると書いています。

 新さんの経営歴をみると、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社、日本サラ・リー株式会社、株式会社日本ホールマークで社長を、日本フイリップス株式会社で副社長をつとめています。これらの会社は外資であり、母国の本社のトップをつとめたわけではありません。本社の意向のもと、日本に現地法人が必要だと判断され、日本法人ができ、そこのトップに最適と思われ選ばれたということだと理解できます。

 昨日、北海道中小企業家同友会札幌支部の経営指針委員会主催の第7回経営指針実践報告会が開かれ、2020年に創立100年となる株式丸竹竹田組の竹田邦治社長の報告がありました。どんなに優れた経営者でも90年、100年と経営トップに居続けることはできません。企業を永続させていくためには、しっかりと「何のために経営しているのか」という理念の継承が大事なことになるのでしょう。

 竹田さんのお話は、明日紹介しようと思います。

?

 

?

 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで28位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)