‘経営の原点12ヶ条’ タグのついている投稿

リーダーシップについて 2

2019年7月10日 水曜日

昨日、2002年第10回盛和塾全国大会2日目の稲盛和夫塾長講話「リーダーが果たすべき役割:集団を率いるための10カ条」(機関誌「盛和塾」平成14年10月号通巻49号より)を紹介しました。

1.事業の目的・意義を明確にし、部下に指し示すこと
2.具体的な目標を掲げ、その実行計画を立てる
3.強烈な願望を心に抱き続ける
4.誰にも負けない努力をする
5.強い意志を持つ
6.立派な人格を持つ
7.どんな困難に遭遇しようとも、決してあきらめない
8.部下に愛情をもって接する
9.部下をモチベーションし続ける
10.常に創造的でなければならない

一方、稲盛さんは、「経営の原点12ヶ条」として、以下の12ヶ条をあげています。

1.事業の目的、意義を明確にする
公明正大で大義名分のある高い目的を立てる
2.具体的な目標を立てる
立てた目標は常に社員と共有する
3.強烈な願望を心に抱く
目標の達成のためには潜在意識に透徹するほどの強く持続した願望をもつこと
4.誰にも負けない努力をする
地道な仕事を一歩一歩、堅実にたゆまぬ努力を
5.売上を最大限に、経費を最小限に
入るを量って、出ずるを制する。利益を追うのではない。利益は後からついてくる
6.値決めは経営
値決めはトップの仕事、お客様も喜び自分も儲かるポイントは一点である
7.経営は強い意志で決まる
経営には岩をも穿つ強い意志が必要
8.燃える闘魂
経営にはいかなる格闘技にもまさる激しい闘争心が必要
9.勇気を持って事に当たる
卑怯な振る舞いがあってはならない
10.常に創造的な仕事を行う
今日より明日、明日よりあさってと常に改良改善を絶え間なく続ける創意工夫を重ねる
11.思いやりの心で誠実に
商いには相手がある。相手も含めてハッピーであること。皆が喜ぶこと
12.常に明るく前向きに、夢と希望を抱いて素直な心で

リーダーの10カ条と経営の原点12ヶ条を比べると、
1=1、2=2、3=3、4=4、5=7、10=10ですから、
リーダーの10カ条のうち、独自のものは、
6.立派な人格を持つ
7.どんな困難に遭遇しようとも、決してあきらめない
8.部下に愛情をもって接する
9.部下をモチベーションし続ける
の4つとなります。

この続きはまた明日。
 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで17位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

信じる力5

2016年4月5日 火曜日

 心を決める(決心する)と、心は強くなる、昨日、そのような話をしました。

 しかし、世の中を見渡すと、なかなか決心、決断できない人が多いようです。
なぜでしょう?

 考えるに、決心したこと、決めたことを実行できないことを怖れているのではないかと思います。
できない事の言い訳をしたくないために、「するという事を決めない」のではないか、と思います。

 稲盛和夫さんが経営の原点12ヶ条の第4条で「誰にも負けない努力をする」といっていますが、この「誰にも負けない努力をする」をするためには、第1条「事業の目的・意義を明確にする」、第2条「具体的な目標を立てる」という決めることが前提となります。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで16位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
研修サポート 社長(あなた)の思いは伝わってますか?
「経営者の思いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

///////////////////////////////////////////////////////////

研修サポート 経営に活かす原理原則「経営学百(100)年の智恵」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

作業日報の入力で、給与計算と現場管理(出面表など)ができます!

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

複数の時代が同時に存在することを実感3

2016年3月31日 木曜日

 昨日、
「規模の小さな会社から大きな会社までを眺めていれば、おのずと変革のためにしなければならないことが見えてきます。
それは、今、自社が行っていなくて、より規模の大きい会社が行っていることです」
と、書きました。

 つまり、会社を維持・発展させるためにするべき基本があって、あとはそれを行うか行わないかということなのだと感じます。
行うか行わないかを決めるのは、経営者やその会社で働く人たちです。

 中小企業家同友会の「経営指針」活動や、稲盛和夫さんの「経営の原点12ヶ条」では、経営理念(経営の意義目的)のもと、具体的な目標(計画)を立て、社員と共有して取り組む大切さを説いていますが、そのようにして、するべき基本をひとつずつやっていくべきものなのでしょう。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで16位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
研修サポート 社長(あなた)の思いは伝わってますか?
「経営者の思いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

///////////////////////////////////////////////////////////

研修サポート 経営に活かす原理原則「経営学百(100)年の智恵」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

作業日報の入力で、給与計算と現場管理(出面表など)ができます!

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

売上を最大限に、経費は最小限に

2015年4月18日 土曜日

 昨日のブログで「売上を最大に、経費を最小に」と書きましたが、一部誤解をする人がいるようなので、念のために説明を加えておきます。

 稲盛和夫さんが提唱する「経営の原点12ヶ条」の第5条が「売上を最大限に、経費は最小限に」というものです。

 稲盛さんが2010年に中国・青島で行った講演、「経営の原点12ヶ条」の解説をからそのポイントを抜粋します。

 「売上を増やせば経費も増えるという、誤った『常識』にとらわれることなく、売上を最大限にし、経費を最小限に抑えていくための創意工夫を徹底的に続けていく、その姿勢こそが高収益を生むのであります。
たとえば、現在の売上を百として、そのための人材と製造設備を持っているといたします。そして、受注が百五十まで増えたとすると、一般には五割増しの人員と五割増しの設備で百五十の生産をこなそうといたします。
このような足し算式の経営は、絶対にしてはならないのであります。受注が百五十まで増えたら、生産性を高めることによって、本来なら五割増やしたい人員を二〜三割増に抑えるのです。そのようにすることによって、高収益の企業体質を実現することができるのです。」
(機関誌「盛和塾」103号 2010年12月)

 売上を増やしながらも、経費は極力抑えていく、これが「売上を最大限に、経費は最小限に」ということです。

 また、この「売上を最大限に、経費は最小限に」ということに対しては、それができれば苦労はないというような意見も時々耳にします。

 松下幸之助さんが、ダムが水を蓄えるように経営にも余裕が必要だとダム式経営の話をしたさい、どうしたら余裕ができるのかという質問に対して、「余裕を持とうと思うこと」と答えたら会場に失笑がおきたとの話があります。その時、その会場にいた稲盛さんは、まさしくその思うということが大事なんだと気づいたそうです。

 「売上を最大限に、経費は最小限に」についても、そんなこと無理だと思って何もしないのと、なるほどその通りだと思ってその実現に努力するのとで、自ずから結果は違ってくるでしょう。




皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







日報から給与計算と現場管理(出面表など)ができます!
さらに、いろいろ相談できて便利です!!
《《日報給与管理システムのご案内》》
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

値決めは経営

2015年3月16日 月曜日

 昨日、「やはり、売上は最大限を目指し、経費は最小限に抑えようとすることが大切です」と書きました。

 売上=単価×数量です。売上を最大にするには、最大売上となる単価を見きわめる必要があります。

 先般、薄型テレビの値崩れの話をしましたが、自分達の値決めができなかったということでしょう。

 稲盛和夫さんは、このように値決めは経営に大きな影響を及ぼすものだから、値決めは経営者の仕事であるといい、「経営の原点12ヶ条」の6条に「値決めは経営」と謳ってます。

 安く売ることなら誰でもできますし、高すぎては誰も買ってくれません。
お客さんが喜んで買ってくれる最高の値段、経営者がそこを見極めなければなりません。

「経営の原点12ヶ条」
1.事業の目的、意義を明確にする
公明正大で大義名分のある高い目的を立てる
2.具体的な目標を立てる
立てた目標は常に社員と共有する
3.強烈な願望を心に抱く
目標の達成のためには潜在意識に透徹するほどの強く持続した願望をもつこと
4.誰にも負けない努力をする
地道な仕事を一歩一歩、堅実にたゆまぬ努力を
5.売上を最大限に、経費を最小限に
入るを量って、出ずるを制する。利益を追うのではない。利益は後からついてくる
6.値決めは経営
値決めはトップの仕事、お客様も喜び自分も儲かるポイントは一点である
7.経営は強い意志で決まる
経営には岩をも穿つ強い意志が必要
8.燃える闘魂
経営にはいかなる格闘技にもまさる激しい闘争心が必要
9.勇気を持って事に当たる
卑怯な振る舞いがあってはならない
10.常に創造的な仕事を行う
今日より明日、明日よりあさってと常に改良改善を絶え間なく続ける創意工夫を重ねる
11.思いやりの心で誠実に
商いには相手がある。相手も含めてハッピーであること。皆が喜ぶこと
12.常に明るく前向きに、夢と希望を抱いて素直な心で




皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







日報から出面表管理まで 労賃給与計算システムのご案内
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

経費は最小限に その3

2015年3月15日 日曜日

 経費には売上に応じて変動する変動費と、売上の増減にかかわらず一定額かかる固定費とに分けられます。
売価に連動して経費を下げるには、変動比率を下げる工夫と、固定費を削減する努力が必要です。

 弊社のお客様や周りの会社を見てみると、高収益の会社ほど無駄遣いをせず普段から固定費を抑えているように見えます。

 余裕のある経営とは、収入から支払うべき費用を支払って、なお余りがあるという状態です。
そのためには、やはり、売上は最大限を目指し、経費は最小限に抑えようとすることが大切です。

 売上は景気状況など外部環境にも左右されますが、経費の削減は自分達の努力で始めることができます。

 稲盛和夫さんが唱える下記の「経営の原点12ヶ条」でやはり大事なのは1条、2条で、その実現のために3条、4条の心得があり、そして5条の「売上を最大限に、経費を最小限に」が続きます。

1.事業の目的、意義を明確にする
公明正大で大義名分のある高い目的を立てる
2.具体的な目標を立てる
立てた目標は常に社員と共有する
3.強烈な願望を心に抱く
目標の達成のためには潜在意識に透徹するほどの強く持続した願望をもつこと
4.誰にも負けない努力をする
地道な仕事を一歩一歩、堅実にたゆまぬ努力を
5.売上を最大限に、経費を最小限に
入るを量って、出ずるを制する。利益を追うのではない。利益は後からついてくる
6.値決めは経営
値決めはトップの仕事、お客様も喜び自分も儲かるポイントは一点である
7.経営は強い意志で決まる
経営には岩をも穿つ強い意志が必要
8.燃える闘魂
経営にはいかなる格闘技にもまさる激しい闘争心が必要
9.勇気を持って事に当たる
卑怯な振る舞いがあってはならない
10.常に創造的な仕事を行う
今日より明日、明日よりあさってと常に改良改善を絶え間なく続ける創意工夫を重ねる
11.思いやりの心で誠実に
商いには相手がある。相手も含めてハッピーであること。皆が喜ぶこと
12.常に明るく前向きに、夢と希望を抱いて素直な心で




皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで12位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







日報から出面表管理まで 労賃給与計算システムのご案内
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

経費は最小限に

2015年3月13日 金曜日

 以前紹介した稲盛和夫さんの「経営の原点12ヶ条」は、経営に大切なことを順番に12個掲げています。

 その5番目は、「売上を最大限に、経費を最小限に」

 稲盛さんがよくおっしゃるのは、経費を下げる大事さです。
不況などで売上が下がったら、経費も下げる。
そして売上が回復しだしても、経費は抑えたままにする。そうすると、売上が回復した分、利益が増える。

 売上が増えたら経費も増えるのではなく、売上は最大限を目指し、経費は最小限を目指す。
利益は後からついてくる。

 昨今のパナソニック、シャープ、ソニーなどを見ていると、この経費を減らすことで利益を増やすというのは、大事な考え方だと思います。
詳しくはまた明日。

1.事業の目的、意義を明確にする
公明正大で大義名分のある高い目的を立てる
2.具体的な目標を立てる
立てた目標は常に社員と共有する
3.強烈な願望を心に抱く
目標の達成のためには潜在意識に透徹するほどの強く持続した願望をもつこと
4.誰にも負けない努力をする
地道な仕事を一歩一歩、堅実にたゆまぬ努力を
5.売上を最大限に、経費を最小限に
入るを量って、出ずるを制する。利益を追うのではない。利益は後からついてくる
6.値決めは経営
値決めはトップの仕事、お客様も喜び自分も儲かるポイントは一点である
7.経営は強い意志で決まる
経営には岩をも穿つ強い意志が必要
8.燃える闘魂
経営にはいかなる格闘技にもまさる激しい闘争心が必要
9.勇気を持って事に当たる
卑怯な振る舞いがあってはならない
10.常に創造的な仕事を行う
今日より明日、明日よりあさってと常に改良改善を絶え間なく続ける創意工夫を重ねる
11.思いやりの心で誠実に
商いには相手がある。相手も含めてハッピーであること。皆が喜ぶこと
12.常に明るく前向きに、夢と希望を抱いて素直な心で




皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで12位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







日報から出面表管理まで 労賃給与計算システムのご案内
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

努力をし続ける

2015年3月10日 火曜日

 京セラ、KDDIを大企業に育て上げ、JALを再生した稲盛和夫さんは「経営の原点12ヶ条」で、経営に大切なことを順番に12個掲げています。

これまで、
経営理念を掲げること 12ヶ条の1
経営計画を立てること 12ヶ条の2
強く持続した思いを持つこと 12ヶ条の3
の話をしてきました。

 4は「誰にも負けない努力をする」で、誰にも負けないということは厳しいことです。どこまで頑張れば誰にも負けないと言えるのか。
ひとつの考えとしては、副題にある「たゆまぬ努力」という言葉で、常に努力をし続けることが「誰にも負けない」につながるのではと思います。
「俺はここまで努力したんだ」と思ったら、それを超す人が必ず出てくるということでしょうか。

「経営の原点12ヶ条」

1.事業の目的、意義を明確にする
公明正大で大義名分のある高い目的を立てる
2.具体的な目標を立てる
立てた目標は常に社員と共有する
3.強烈な願望を心に抱く
目標の達成のためには潜在意識に透徹するほどの強く持続した願望をもつこと
4.誰にも負けない努力をする
地道な仕事を一歩一歩、堅実にたゆまぬ努力を
5.売上を最大限に、経費を最小限に
入るを量って、出ずるを制する。利益を追うのではない。利益は後からついてくる
6.値決めは経営
値決めはトップの仕事、お客様も喜び自分も儲かるポイントは一点である
7.経営は強い意志で決まる
経営には岩をも穿つ強い意志が必要
8.燃える闘魂
経営にはいかなる格闘技にもまさる激しい闘争心が必要
9.勇気を持って事に当たる
卑怯な振る舞いがあってはならない
10.常に創造的な仕事を行う
今日より明日、明日よりあさってと常に改良改善を絶え間なく続ける創意工夫を重ねる
11.思いやりの心で誠実に
商いには相手がある。相手も含めてハッピーであること。皆が喜ぶこと
12.常に明るく前向きに、夢と希望を抱いて素直な心で




皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで11位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







日報から出面表管理まで 労賃給与計算システムのご案内
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

経営指針に必要なこと

2015年3月5日 木曜日

 経営指針とは中小企業家同友会では経営理念、経営方針、経営計画の三つを指し、これを成文化し実践することが大事だと経営指針成文化運動を推進しています。
また、京セラ創業者の稲盛和夫さんは経営に大切なことを順番に述べた「経営の原点12ヶ条」を発表していますが、その一番は「経営の目的、意義を明確にする」で、これは経営理念を打ち立てることあり、そして、二番目が「具体的な目標をたてる」で、これは経営計画を立てることに通じます。

 そして、「経営の原点12ヶ条」の三番目は、「強烈な願望を心に抱く」です。

 本日、盛和塾札幌の機関誌輪読会があり機関誌「盛和塾」130号の塾長講話「思いは必ず実現する」を読みました。
そこには、「経営者にとって一番の課題は、『強く思うこと』ということです」とあり、「強烈な願望を持つことがすべてを超越し、物事が成就していく」とあります。

 経営理念を打ちたて、具体的な経営計画を実践していくのに必要なのは、その実現を「強く思うこと」なのです。




皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで12位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







日報から出面表管理まで 労賃給与計算システムのご案内
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

経営理念と経営計画

2015年1月21日 水曜日

 このブログを書くのは、だいたい早朝の時間帯です。今現在、朝の5:40ですが、今日はいつもの早起きではなく、夜更かしが続いて今です。
なぜ夜更かしかというと23日締切の論文修正をしていたからです。また今回も土俵際の作業ですが、なんとかめどが見えました。

 その論文はどんな内容かというと、経営理念と経営計画が業績向上に寄与する仕組みについて書いています。
で、結論としては業績には経営計画が効き、その経営計画を効かせるためには経営理念が必要だということです。

 経営理念が経営者の判断をぶれないものにし、従業員と経営者のベクトルをあわせるものとなります。

 京セラ創業者の稲盛和夫さんは「経営の原点12ヶ条」を掲げ、これを実行していけば必ず会社は良くなるとおっしゃいます。
その12ヶ条は大切、重要な順番に書かれています。
最初が、1.事業の目的、意義を明確にする、つまり経営理念を公にするということです。
その次は、2.具体的な目標をたてる、売上をいくらにし、経費をいくらにし、利益をいくらにするか、つまり経営計画をたてるということです。
この2条の副題には、立てた目標は常に社員と共有する、とあります。

 今回の論文はこれらの有効性を実証分析から説明したものとも言えます。




皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで12位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







日報から出面表管理まで 労賃給与計算システムのご案内
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp