‘稲盛和夫’ タグのついている投稿

企業とは従業員の意識の集合体

2019年3月5日 火曜日

京セラ創業者の稲盛和夫さんは、中小企業経営者のための経営塾「盛和塾」を主宰していますが、その2004年発行の機関誌「盛和塾」57号には伊藤謙介京セラ会長による「私が塾長から教わったこと」という手記があり、そこに「私は、企業とは従業員の意識の集合体であると考えています」と書かれています。

「会社とは、本社ビルでも工場でもない。あなたがた一人ひとりが会社なのだ」と社員によく言っているそうですが、「社員がどういう意識を持って仕事をしていくのか。その意識が何百、何千と集まって、企業文化をつくり、その企業文化、企業風土というものが業績となって結晶化するのだと思うのです」と説明しています。

これを読んで思い出したのが、2011年7月30日にこのブログに書いた「動的平衡する企業(変わりゆく企業)とそのアイデンティティ」という記事です。

そこには、以下のように書いています。

私の座右の書の一冊に、「生物と無生物のあいだ」(福岡伸一、講談社、2007年、740円+税)があります。この本には次の記述があります。
「私たちは、自分の表層、すなわち皮膚や爪や毛髪が絶えず新生しつつ古いものと置き換わっていることを実感できる。しかし、置き換わっているのは何も表層 だけではないのである。身体のありとあらゆる部位、それは臓器や組織だけでなく、一見、固定的な構造に見える骨や歯ですらもその内部では絶え間のない分解 と合成が繰り返されている。」

人間は食物などから体内に取り入れ、そして老廃物を体外に排出しています。福岡さんは、身体は一定ではなくつねに新しいものが増え、古いもの が消えているという動的(ダイナミック)なもので、今ある体というのはその平衡(バランス)のうえでなりたっているといいます。人間の体を分子レベルで考 えると数ヶ月から半年でまったくの別人に変わるそうです。そして、このことを動的平衡と呼んでます。

存続している企業も、一定ではなくつねに新しいものが増え、古いものが消えているという動的(ダイナミック)なもので、今ある会社というのはその 平衡(バランス)のうえでなりたっているといえるのではないでしょうか。常に入れ替わっているものは、従業員であり、商品であり、お客様であり、企業をと りまくものやその中身全てです。

では、その動的平衡である企業、過去と現在で長い目で見れば全く中身が入れ変わってる企業、これが同じ企業だといえる根拠はなんでしょう?
やはり考え方、一貫した「経営理念」がそのアイデンティティを担保しているのではないかと考えます。

  

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

心の構造 2.宇宙につながる真我

2019年2月25日 月曜日

昨日、ビッグバンの話、そして「悟りを開く」というキーワードを提示しました。稲盛和夫さんの著書や講演録には東洋哲学の大家である井筒俊彦さんの瞑想の話が良く出てきます。
(例えばこちらの京都仏教協会のサイト http://www.kbo.gr.jp/kaihou/59-2.htm )

井筒さんは瞑想をしていくとこの世のすべてのものが存在としか言いようのないもになってくるといいます。また、仏教には「山川草木悉皆成仏」という言葉があり、意味するところはすべてのものに仏が宿っているということだそうです。

これらのことは、宇宙の全てのものがビッグバンで発生した素粒子からなるものであり、根っこは同じものだということではないでしょうか。

人間の心には、宇宙につながる真我があると思うのです。

  

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで16位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

身をもって理解する 2

2019年2月20日 水曜日

昨日、「読んだり聞いたりしてそうだなと理解することと、身をもって理解することには大きな違いがある」と書きましたが、それであれば、自分で経験できる限られたことしか、真に理解することはできないということになりますが、ひとつ良い手があります。

それは何度も何度も読んだり聞いたりして自分ごととして考えることによって、その人に成り代わってあたかも疑似体験したかのようにして「身をもって理解する」ことです。

京セラ創業者の稲盛和夫さんは中小企業経営者のための経営塾である「盛和塾」を開き、稲盛さんの講話などを掲載した機関誌「盛和塾」は現在151号まで発行されています。私はほぼ3年前に毎週1冊機関誌を読み感想文を書く「機関誌マラソン」という勉強会に参加し、現在140号まで読み進めています。また、1年ほど前からは別グループにも参加し、こちらでは現在55号まで進んでいます。このように繰り返し稲盛さんの講話を読んで考えることにより、表面的な理解を超え、あたかも自分で経験したかのような気持ちで理解できる、そんなことが少しずつ増えてきていると実感しているところです。

  

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

利己的な判断

2019年1月10日 木曜日

飛行機の乗務員の飲酒問題が最近よく取り上げられていますが、JALの機長がアルコールチェック時に部下を替え玉に使ったというニュースを聞きました。

この機長の判断基準はどこにあったのでしょうか?
自分が職責を果たせなかったらお客さまや他の乗務員など周りに迷惑をかける、そんな気持ちだったのかもしれませんし、ばれなきゃそれで良いという考えだったのかもしれません。
また、そもそも検査に引っかかるほど規則の時間を越えてまでお酒を飲まなければ良いものですが、なぜ飲んでいたのでしょうか?

これらの行為の根っこには、自分が良ければとか、自分がしたいこととか、自分本位というものがあるのだと思います。
判断基準が世のため人のためというものではなく、自分のためという利己的なものなのでしょう。

稲盛和夫さんがJALの現役であればげんこつの一つも飛んできそうです。
  

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで8位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

限界を決めているのは自分

2018年12月27日 木曜日

昨日の松岡修造さんの「100回たたけば壊れる壁があったとして、多くの人はそれを知らないから90回もたたいたのにと言ってあきらめてしまう」という話ですが、これは可能性の限界を決めているのは自分であるということです。

できるまで粘るか、できる前にあきらめるか、これを決めているのは他の誰でもなく自分であるということです。

稲盛和夫さんの話に、まだ若いころ日立製作所の技術者相手に講演した時、京セラの試験開発の成功率を聞かれ、ほぼ100%であると答えたときに、そんなに高い成功率はありえない、それはどうしてかと再度聞かれ、開発に成功するまで諦めないからだと答えたところ、なんだと笑いがおきたとのことです。

あきらめるか、続けるかそれを決めるのは自分ですし、続けられる環境を作っておくのも自分の責任です。

  

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

素直な心

2018年12月20日 木曜日

本日、弊社主催の89回目となる研究報告会を開催しました。
ピーター・M・センゲの『最強組織の法則:新時代のチームワークとは何か』を題材に「チームワーク」がテーマでした。

この本でも触れているのですが、良いと思ったことでもなかなか実行に移せないという現実があります。それを乗り越えるためには、既存のメンタルモデルの克服(既に心に作られている抵抗を無くすこと)が必要です。これは言葉を変えると、素直な心を持つということになるでしょう。

本日の報告会の欠席の連絡に次のような内容のメッセージがありました。
それは、報告会で紹介された「値決めは経営」(商品・サービスの売価を決めるのは、仕入や原価までを管理できる経営者の仕事であるという稲盛和夫さんの言葉)などの言葉がから、創業以来同じ価格で商売していたが昨年末にお客様に値上げを要請したところ皆快諾してくださり、12月決算を控え、粗利も30%確保できるようになって、税引き前利益率も9%を超えてきた、というものでした。

稲盛さんは「値決めは経営」だけではなく、「素直な心」、「商売には最低30%の粗利率が必要」、「10%以上の税引き前利益率を目指そう」とおっしゃっていますが、それが一連のことであることを見事に証明した事例ですね。

  

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

心は無限の可能性の源 その3

2018年12月18日 火曜日

心には無限のエネルギーが詰まっていて、どんなことにそのエネルギーを発揮させるのかという問題があるとうのが昨日までの話です。

この無限のエネルギーが詰まっていてという表現で思い浮かべてたのが、宇宙の始まりビッグバンの話です。

『稲盛和夫の哲学』には「宇宙の始まりはひと握りの超高温超高圧の素粒子の塊でした。それが約150億年前に大爆発をして(以下略)」と表現されています。

そして、同書には「宇宙には神羅万象あらゆるものを生成発展させ、成長させようとする意識がはたらいている」と記され、さらに、「われわれが善き意識を持った時、宇宙に充満する『すべての生きとし生ける者よ、よかれかし』という意識--『創造主の意識』といってもよいかもしれませんが--と合致します。そのような美しい個人の意識は、宇宙の意識と波長が合い、すべてがうまく行き、物事が盛行、発展へと導かれていくのです」と書かれています。

これは、以前から紹介している下図の人間・理性・利他の精進・努力の方向です。

心に詰まった無限のエネルギーを世のため人のためという利他のために使うことが宇宙の進化・発展の追い風を受けるのです。

  

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

読める未来と読めない未来 その3

2018年12月14日 金曜日

読める未来と読めない未来ということで話を続けていますが、経営戦略や経営計画との関係で考えると、自分たちが主体である経費を使うことは読めますが、相手が買ってくれるかどうかという売上は想定外が起こりがちです。

ではどうすべきか?

稲盛和夫さんは「売上を最大限に、経費は最小限に」とおっしゃっていますが、自分でコントールできる経費は最小に抑え、また相手次第である売上はその時点で可能な限り高めていく、これに尽きるのだと思います。

もちろん売上を最大限にといっても、原価を切るような安売りで売上を伸ばすのではなく、粗利を最大限にするような売上の伸ばし方(経費の抑え方)であるのはもちろんです。

こう考えると先行投資の恐ろしさがわかります。
グーグルには「小さく始めろ」という言葉があるそうですが、そのような発想からなのでしょう。

  

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

できるまで考える

2018年12月3日 月曜日

今日は盛和塾札幌の自主勉強会で2016年の稲盛和夫塾長の東日本忘年例会での講話をDVDで視聴しました。「リーダーとして目標をいかに実現するか」というテーマで目標達成のためにリーダーに求められる5つのことについての解説です。その中で一番印象にのこったのが本日のブログタイトルの「できるまで考える」でした。

5つあげたポイントの2つめが「リーダーは自ら立てた目標を達成するための具体的、論理的な方法を検討しつづけなければなりません」というものですが、これが「できるまで考える」ということです。
目標達成までの道筋、そして達成して皆で喜ぶ姿までイメージせよというものです。

簡単には達成できないことでも、頭の中でのシミュレーションは繰り返すことによってあの手この手を考え、これならできるというところまで考えることをやめないということです。

しっかり考える、考える時間をとる、私の机の上にも「考えよ」と書かかれた置物があります。

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

判断と判断基準3

2018年11月3日 土曜日

昨日は、
「範囲を広げて考えていくことが、原理原則に基づいたぶれない判断基準となるのではないでしょうか」
と書き、
「どこまで範囲を広げるのか、私たちが近くする一番広い範囲は宇宙でしょう」
と書きました。

故溝口雄三東大名誉教授は、このように範囲を広げていくことを公共的と表現し、「自分が公共的であろうとしてどんどん考えていくと、最後には、自分というものはこの宇宙のなかでどういう役割を与えられているのかというところに思い至ります」と述べています。

その宇宙とはどういうものか?
溝口さんは稲盛和夫さんの「一生懸命に生きている自然界が、宇宙本来の姿なんです。我々が一生懸命に働く、それが宇宙の本来の姿なのです」という言葉で説明します。(『盛和塾』通巻39号)

また、稲盛さんは、ビッグバン理論をもとに宇宙には成長・発展という流れがあるといっています。それらから考えると、宇宙とはそれぞれが一生懸命生きていく、一生懸命働いていくことによって、言葉を変えると、それぞれの立場を全うすることによって、成長・発展するものだといえるかと思います。

一方、人間が皆一生懸命に生きているか、働いているかといわれるとそうではありません。
生きていくためには一生懸命になったとしても、それが満たされると、ついつい楽をしたい、遊びたいなどと利己的な気持ちが起こります。
稲盛さんは考え方にはマイナス100点からプラス100点まであるとおっしゃいますが、これは何もしていないと0点の状態であるということではなく、人間は常にマイナスの考え方に引っ張られており、何もしていないとマイナス100点となるのだと私は思います。

そのため、少しでもプラスの方向に考え方を持っていく必要があり、これが一生懸命に生きる、一生懸命に働くということにつながると考えます。

このプラスの方向に考えることが、人間として正しいことであり、精一杯働いて成長・発展するという宇宙の法則に沿うものだと考えます。

話が長くなりましたが、宇宙の中の自分として持つべき判断基準は、成長発展のために一生懸命生きる、働くという、人間として正しいことかどうかという基準なのだと思います。

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで17位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆