‘社会的貢献’ タグのついている投稿

社内研修用 「会計の基本」1-4:利益は経営の余裕

2018年2月23日 金曜日

この「会計の基本」は4部構成ですが、今日が第1部「会社の構造と会計」の最後です。

今までお話ししたように、会社というものは従業員、お客様、取引先、地域社会など、少なからず「世のため人のため」に存在するものであり、それは一時的にそうであるのではなく、永続してそうであることが求められます。

経営者は会社を維持し発展させゴーイングコンサーンを目指すことが求められますが、その実現のためには経営の余裕が必要です。

家計でも同じですが、余裕がなければ些細なことでも行き詰ってしまいます。

経営の余裕とはまず、支払額以上の現預金を持っていることです。
会社が現預金を増やし余裕を持つためには、毎年、費用を上回る売上をあげ、その差となる利益を積み上げていくしかありません。

会社の利益とは「世のため人のため」、社会的貢献の原資なのです。

 

 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

社長(あなた)の思いは伝わってますか?
研修サポート 「経営者の想いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

————————————————————————

社長(あなた)が悩んでいることは、すでに先人が考え抜いたことかもしれません。
研修サポート 「経営に活かす原理原則『経営学百(100)年の智恵』」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
————————————————————————

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
作業日報の入力で、現場人工管理と給与計算両方ができます。
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php

————————————————————————

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

付加価値を高める その4 社会的貢献の原資

2016年7月26日 火曜日

 一昨日、
「付加価値を高める方法は単純で、外部からの調達をなるべく少なくし、外部への提供価値である売上をなるばく大きくするということです」
と書きました。
利益は売上-費用ですから、利益の源泉は付加価値です。

 お客様がいて自分たちの商品やサービスに対価を払ってもらえるということは、それがそのお客様の役に立っているということであり、社会の役に立っているということです。

 このお役立ちは一時だけ成立すればいいわけではなく、継続が前提となります。
継続となると、自社で働く人たちは年齢が上がっていきますし、新しい人の雇用も感がなければなりません。そのように今後経費が増えていくことを考えると、常に経営に余裕が求められます。余裕のない経営であれば昇給も人材確保もままなりません。

 その経営の余裕とは、利益のことであり、その源泉は付加価値です。
付加価値を高めることが社会的貢献の原資となります。

 

 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで16位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
研修サポート 社長(あなた)の思いは伝わってますか?
「経営者の思いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

///////////////////////////////////////////////////////////

研修サポート 経営に活かす原理原則「経営学百(100)年の智恵」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

作業日報の入力で、給与計算と現場管理(出面表など)ができます!

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

利益は社会的貢献の原資 その2

2015年11月28日 土曜日

 中小企業家同友会全国協議会が発行する「経営指針作成の手引き」には、
「利益は社会的貢献の原資である」ということが、
「何のために経営を行うのか」を考えるさいの大事な2つのポイントのひとつとして挙げられている、
と昨日書きました。

 そして、この「社会的貢献」という言葉をどう捉えるかがポイントです。

 ここで言う「社会的貢献」とは、得た利益の一部から寄付をするとか、ボランティア活動を行うという意味ではないと私は考えます。

 会社は従業員を雇用することにより、従業員とその家族の生活を支えます。
まず、このことが立派な社会的貢献であると考えます。

 また、経営を続けるということは、継続したお客さまがいるということであり、そのお客様は何らかの利便を得ているからお客さまでいてくれるわけです。
商売をつづけていられるということは、それだけ社会に貢献しているということです。
また、商売をしていれば仕入先や協力会社など、自社がお客の立場にもなり、その場合、取引相手にとっても自社が大切な存在となっているはずです。

 多くの会社の経営理念を見ていると、「世のため、人のため」という意味のものが多いものです。
最初は個人の欲望にもとづく理念であったとしても、経営を続けるうちに自然と「世のため、人のため」という内容と変わっていくものです。

 経営を続けること、これが社会的貢献であり、利益はそのための原資である、つまり、利益は経営を続けるための原資だということです。




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

作業日報の入力で、給与計算と現場管理(出面表など)ができます!

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★







皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

利益は社会的貢献の原資 その1

2015年11月27日 金曜日

 「利益は社会的貢献の原資」、何度もこのブログで取り上げている言葉ですが、本日もまた紹介します。

 これは、中小企業家同友会全国協議会が発行する「経営指針作成の手引き」に、
「何のために経営を行うのか」を考えるさいの大事な2つのポイントのひとつとして挙げられているものです。

 経済学の祖、アダム・スミスは、企業は利潤の追求を、家計は効用の最大化を、このそれぞれを追求すれば、見えざる手が働いて均衡をもたらすと説きました。
そのせいか、よく、「企業の目的は利益の追求である」というような表現が見受けられます。

 しかし、企業は利益を目的として経営しているのではなく、経営を継続していくために利益が必要なのであり、利益は目的ではなく手段です。

 そして、社会的貢献という意味をどう理解するか?

 これについては、また明日。




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

作業日報の入力で、給与計算と現場管理(出面表など)ができます!

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★







皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで16位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。