‘盛和塾’ タグのついている投稿

「得意」、「好き」、そして「高い評価」

2019年8月10日 土曜日

機関誌『盛和塾』平成19年(2007年)8月号通巻79号に掲載されているブロンコビリーの竹市靖公さんの体験発表記事を読んでいたら、標題の「得意」、「好き」、「高い評価」というキーワードがありました。

多店舗展開を図るために炭焼きやこだわりのサラダーバーをやめ、5年で40店舗出店できた代わりに、他店との差別化ができず、客単価が1700円から930円まで下がった、そんな時に狂牛病が発生し客足が途絶え、無理している間に体を壊し、3週間の入院とその後の3週間の療養生活の中、毎日15時間以上本を読み漁り、その結果、たどり着いたのが、「得意」、「好き」、「高い評価」を磨いて他店にはできないことをやること、だったそうです。

そして、この「得意」、「好き」、「高い評価」で思い出したのが、「ビジョナリーカンパニー2:飛躍の法則」(ジェームズ・C・コリンズ著、山岡洋一訳、日経BP社、2001年、2310円)に書かれている「ハリネズミの概念」です。

キツネはズル賢くハリネズミを獲物にしようとあれこれ戦略を練るが、敵が来たら身を丸くし針を立てるという単純なハリネズミの戦略に歯が立たないというキツネとハリネズミを例えに、企業の戦略も次の3つの重なる部分を考えろとあります。

1.情熱を持って取り組めるもの
2.自分が世界一になれる部分
3.経済的原動力になるもの

1の「情熱を持って取り組めるもの」が「好き」であり、
2の「自分が世界一になれる部分」が「得意」であり、
3の「経済的原動力になるもの」が「高い評価」と重なります。

 


 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

大事なことは朱書きする

2019年7月19日 金曜日

私は昔から三色ボールペンを愛用しています。
最近は、三菱のSTYLE・FITという、ホルダーに自分の好きな色をセットできるものを利用しています。

さて、なぜこの話題かというと、昨日、一昨日と参加した盛和塾世界大会で、稲盛和夫塾長もメモを取る際に大事なところは朱書きしていることを知ったからです。

世界大会では盛和塾の歴史を振り返る展示コーナーがあったのですが、そこで第1回全国大会の経営体験発表で最優秀となった土屋ホームの土屋公三さんに対するコメントメモに、発表内容やそれに関する気付きのメモ書きに加え、朱書きで「謙虚にして驕らずさらに努力を」、「反省のある毎日を送る」、「大成してほしい」とあったのです。

また、塾長に対する感謝の意を発表した3名のかたのお一人が塾長に送った経営質問に対する返事の写真を公開され、そこにも大事なポイントが朱書きされていました。

色が違うと目に飛び込んできます。有意注意が図れます。

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

有意注意と確認

2019年7月18日 木曜日

昨日、今日と今年一杯で解散となる盛和塾の世界大会に参加しています。

4800名ほどの経営者が集まった大会ですが、気になったのは場内アナウンスなどの注意事項が伝わっていない人が少なくないということでした。

塾長である稲盛和夫さんが欠席されるというのは初日受付が始まってそうそうに会場アナウンスがあったのですが気づかない人も多く、また場内は撮影・録音禁止と何度も注意が流れているのにフラッシュの光がそこそこありました。中には確信犯もいるかとは思いますが、多くは注意に気づかない人たちでしょう。

このように注意をしたから、アナウンスしたからといって伝わっているとは限りません。
周りの物事に注意を払っていない人が多いのです。
となれば、相手に伝わっているのかどうか、この確認が必要だと思った次第です。

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

リーダーシップについて 4

2019年7月12日 金曜日

昨日まで、2002年第10回盛和塾全国大会2日目の稲盛和夫塾長講話「リーダーが果たすべき役割:集団を率いるための10カ条」について見てきましたが、稲盛さんはいろいろな場面でリーダーシップについて語っています。

2012年6月3日には中国の重慶における講演で、幌馬車隊の隊長が示すリーダーシップとして以下の5つをあげています。(機関誌「盛和塾」平成24年8月号通巻114号より)

1.使命感を持つ
2.目標を明確に描き、実現する
3.新しいことに挑戦する
4.信頼と尊敬を集める
5.思いやりの心を持つ

集団で新しいことに挑戦するには、しり込みをする人のしりをはたかねばなりません。
一方、思いやりの心も持たねばなりません。
そのことを踏まえて、稲盛さんは次のようにおっしゃいます。

「敢えて言うならば、真のリーダーとは、『愛をベースとし、民意を反映させた独裁者』であるべきです」

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

リーダーシップについて

2019年7月9日 火曜日

手元に『組織変革のビジョン』(金井寿宏、2004年、光文社新書)という本があります。この第5章「組織変革のリーダーシップ」で著者の金井先生は、「正直に言うと、今のわたしは、研究者の創出する『リーダーシップの理論』よりも、うまくリーダーシップを発揮している実務家が自分の経験から抽出した『リーダーシップ持論』のほうにより大きな魅力を感じている」と書いています。なるほどと思います。

「うまくリーダーシップを発揮している実務家が自分の経験から抽出した『リーダーシップ持論』」といえば、稲盛和夫さんがリーダーシップについて、いろいろお話しされていることが頭に浮かびます。

まずは、2002年第10回盛和塾全国大会2日目の塾長講話「リーダーが果たすべき役割:集団を率いるための10カ条」から、以下を掲げます。(機関誌「盛和塾」平成14年10月号通巻49号より)

1.事業の目的・意義を明確にし、部下に指し示すこと
2.具体的な目標を掲げ、その実行計画を立てる
3.強烈な願望を心に抱き続ける
4.誰にも負けない努力をする
5.強い意志を持つ
6.立派な人格を持つ
7.どんな困難に遭遇しようとも、決してあきらめない
8.部下に愛情をもって接する
9.部下をモチベーションし続ける
10.常に創造的でなければならない

解説は明日以降に。

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで17位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

経営理念と魂の声

2019年3月22日 金曜日

京セラ創業者の稲盛和夫さんが主宰する経営塾「盛和塾」の機関誌『盛和塾』59号(2004年6月号)に掲載されている下村満子さんの寄稿に、
「自分をぎりぎり追い込んで苦しんだ結果、手にした『魂の声』でなく『借りてきた言葉』が多いので、説得力もなく、人の心を打たない」
という表現がありました。

同友会の経営指針では、「何のために経営するのか」ということを最初に問われ、それが経営理念につながっていきます。

この「何のために経営するのか」という問いかけに対して、
「自分をぎりぎり追い込んで苦しんだ結果、手にした『魂の声』」で答えることが、従業員やお客に通じる経営理念につながるのだと思います。

  

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで9位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

企業とは従業員の意識の集合体

2019年3月5日 火曜日

京セラ創業者の稲盛和夫さんは、中小企業経営者のための経営塾「盛和塾」を主宰していますが、その2004年発行の機関誌「盛和塾」57号には伊藤謙介京セラ会長による「私が塾長から教わったこと」という手記があり、そこに「私は、企業とは従業員の意識の集合体であると考えています」と書かれています。

「会社とは、本社ビルでも工場でもない。あなたがた一人ひとりが会社なのだ」と社員によく言っているそうですが、「社員がどういう意識を持って仕事をしていくのか。その意識が何百、何千と集まって、企業文化をつくり、その企業文化、企業風土というものが業績となって結晶化するのだと思うのです」と説明しています。

これを読んで思い出したのが、2011年7月30日にこのブログに書いた「動的平衡する企業(変わりゆく企業)とそのアイデンティティ」という記事です。

そこには、以下のように書いています。

私の座右の書の一冊に、「生物と無生物のあいだ」(福岡伸一、講談社、2007年、740円+税)があります。この本には次の記述があります。
「私たちは、自分の表層、すなわち皮膚や爪や毛髪が絶えず新生しつつ古いものと置き換わっていることを実感できる。しかし、置き換わっているのは何も表層 だけではないのである。身体のありとあらゆる部位、それは臓器や組織だけでなく、一見、固定的な構造に見える骨や歯ですらもその内部では絶え間のない分解 と合成が繰り返されている。」

人間は食物などから体内に取り入れ、そして老廃物を体外に排出しています。福岡さんは、身体は一定ではなくつねに新しいものが増え、古いもの が消えているという動的(ダイナミック)なもので、今ある体というのはその平衡(バランス)のうえでなりたっているといいます。人間の体を分子レベルで考 えると数ヶ月から半年でまったくの別人に変わるそうです。そして、このことを動的平衡と呼んでます。

存続している企業も、一定ではなくつねに新しいものが増え、古いものが消えているという動的(ダイナミック)なもので、今ある会社というのはその 平衡(バランス)のうえでなりたっているといえるのではないでしょうか。常に入れ替わっているものは、従業員であり、商品であり、お客様であり、企業をと りまくものやその中身全てです。

では、その動的平衡である企業、過去と現在で長い目で見れば全く中身が入れ変わってる企業、これが同じ企業だといえる根拠はなんでしょう?
やはり考え方、一貫した「経営理念」がそのアイデンティティを担保しているのではないかと考えます。

  

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

もう一つの3年の積み重ね

2018年12月31日 月曜日

60日や3年の積み重ねの話をしてきましたが、今日はもう一つの3年間の積み重ね、正確にはほぼ3年の積み重ねの話です。

私が所属している盛和塾には機関誌マラソンという勉強会があります。
毎年5~6回発行されている盛和塾の機関誌を毎週1号分読んで感想文を書き、グループ内で共有するという勉強会です。

機関誌は現在151号まで発刊されており、来年一杯で盛和塾が解散するとのことで、156号が最終号の予定です。
毎週1冊だと終了するのにほぼ3年かかるということになります。

私は盛和塾札幌の第1グループとしてこの勉強会に参加し、2年半ほど経ったところで現在132号まで読み終わり、来年2019年5月26日に既刊の153号に追いつく予定です。

それでは3年ではないではないかという声が聞こえてきそうですが、今年2018年2月より札幌塾7グループにも参加しており、その期間を加えると3年を優に超えることになります。

通常、良い話を聞いたり読んだりしても時間が経てば記憶から薄れてきます。
しかしこの勉強会では毎週の繰り返しで、頭から消えていくのではなく、積み重なっていきます。
この勉強会を通じ習慣の力の凄さを改めて感じています。

  

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

できるまで考える

2018年12月3日 月曜日

今日は盛和塾札幌の自主勉強会で2016年の稲盛和夫塾長の東日本忘年例会での講話をDVDで視聴しました。「リーダーとして目標をいかに実現するか」というテーマで目標達成のためにリーダーに求められる5つのことについての解説です。その中で一番印象にのこったのが本日のブログタイトルの「できるまで考える」でした。

5つあげたポイントの2つめが「リーダーは自ら立てた目標を達成するための具体的、論理的な方法を検討しつづけなければなりません」というものですが、これが「できるまで考える」ということです。
目標達成までの道筋、そして達成して皆で喜ぶ姿までイメージせよというものです。

簡単には達成できないことでも、頭の中でのシミュレーションは繰り返すことによってあの手この手を考え、これならできるというところまで考えることをやめないということです。

しっかり考える、考える時間をとる、私の机の上にも「考えよ」と書かかれた置物があります。

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

人生いろいろ

2018年10月1日 月曜日

本日は盛和塾世界大会出席のため、7:15千歳空港集合のための自宅出発から22:30の懇親会終了までタイムテーブル通りにすごしました。

初日は3名の方の経営体験発表でしたが、大きな会社は従業員1万人以上の会社です。
また、その後の懇親会には札幌塾、帯広塾を中心に道内塾の人たちが集まりましたが、やはり会社の業種や規模やはさまざまです。

例えば従業員1万人の会社であれば、いろいろな役割の人たちがいるはずで、そして、その一人ひとりに当然ながら人生があるわけですが、そんなことを考えていると、月並みですが、人生いろいろという言葉が浮かんできました。

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆