‘産業技術記念館’ タグのついている投稿

トヨタテクノミュージアム 産業技術記念館

2011年3月6日 日曜日

 先週、名古屋にあるトヨタテクノミュージアム産業技術記念館を見学してきました。

 産業技術記念館のサイト(http://www.tcmit.org/)には、その概要が次のように記されています。
「織機の発明に一生を捧げた豊田佐吉。その長男として紡織機からクルマづくりに技術を継承発展 させ、トヨタ自動車を創業した豊田喜一郎。産業技術記念館は、豊田佐吉が『發明私記』にも記した 飽くなき「研究と創造の精神」と、自動車の国産化に挑んだ喜一郎が情熱を注いだ「モノづくり」の 大切さを、広く社会に伝えることを基本理念として活動している文化施設です。」

 展示場に入ると、まずは綿から糸を作る工程、そして糸から布を織る工程が、機械の進化とともにわかるように展示されています。展示といっても、ただ機械等がおいてあるだけではなく、それぞれの機械の説明役の人が機械を動かしながら説明してくれます。

 豊田佐吉がもっと楽に織物ができるようにと工夫を重ねた機械からは、働く人を慈しむ気持ちが感ぜられました。また、現地での説明ではその機械の特許をイギリスの会社に100万円でうり、佐吉の長男喜一郎はそのお金をもとに自動車の研究を始めたとのことです。

 私自身は長年プログラムという手段でコンピュータを動かすことをしてきましたが、物を動かすメカニックの奥深さ、面白さを感じました。言葉が足りませんが、是非、見学されることをお奨めします。

?

?

 

?

?

 本日までの投稿記事のタイトルを右のページ欄にある「過去投稿タイトル」にまとめてあります。ご参考にどうぞ。

 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで21位前後です。。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)

人脈は広がりそして繋がる

2011年2月27日 日曜日

 小樽商科大学大学院博士後期過程の入学が決まり、今後研究を進める上で協力を願う可能性のある人たちに、ご挨拶を始めており、予定のほぼ半数くらいの人たちとは協力のお願いが終わりました。経営や情報システムに関する情報のヒアリングというご協力をお願いするのですが、ほとんどの人は普段からお世話になっている人たちですが、しばらくご無沙汰している人や初めてお会いする人もいらっしゃいます。

 博士課程を受験しようかと思ったのはここ3年ほどのことですが、そのずーっと前からこの時のために人との繋がりを培ってきた、そんな感じもし、不思議な気持ちです。

 博士課程での研究分野の一つに京セラのフィロソフィとアメーバー経営があります。来週の3月3日(木)に名古屋で盛和塾塾長例会があり、稲盛和夫塾長がいらっしゃいます。また、その時、最近、「信念が未来をひらく」(至知出版、2010年、1600円+税)という稲盛哲学の本をだした名古屋経済大学教授の伊藤幸男先生もいらっしゃいます。経済学と商学という分野は違いますが、いろいろお話を伺えればと考えています。

 また、15年以上お会いしていない方とも会う予定になっています。パナソニック系の仕事をしていた時お世話になった方ですが、最近は年賀状くらいのお付き合いでした。このブログの2009年1月21日の記事「経営理念はお題目か?」でパナソニックの七精神について書きましたが、京セラフィロソフィも七精神も研究分野の経営理念に直結するテーマですので、今後ともお話を伺えるようご挨拶をする予定です。

 さらに、「全道”共育”研究集会 エイベックス加藤会長のお話1」など何度もこのブログでとりあげているエイベックスさんも名古屋の会社です。ご都合が合えばご挨拶に伺いたいと考えてます。

 また、名古屋では知人の案内で、トヨタの産業技術記念館を見学します。こちらは2010年6月22日のブログ記事「「モノづくり磯谷塾」 1.講演の概要と参加動機」で紹介した、豊田自動織機顧問の磯谷智生さんお奨めの場所です。

 そんな名古屋の件もあり、人脈が広がりそして繋がる気配を感じます。

?

?

?

 本日までの投稿記事のタイトルを右のページ欄にある「過去投稿タイトル」にまとめてあります。ご参考にどうぞ。

 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで13位前後です。。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)