‘溝口雄三’ タグのついている投稿

判断と判断基準3

2018年11月3日 土曜日

昨日は、
「範囲を広げて考えていくことが、原理原則に基づいたぶれない判断基準となるのではないでしょうか」
と書き、
「どこまで範囲を広げるのか、私たちが近くする一番広い範囲は宇宙でしょう」
と書きました。

故溝口雄三東大名誉教授は、このように範囲を広げていくことを公共的と表現し、「自分が公共的であろうとしてどんどん考えていくと、最後には、自分というものはこの宇宙のなかでどういう役割を与えられているのかというところに思い至ります」と述べています。

その宇宙とはどういうものか?
溝口さんは稲盛和夫さんの「一生懸命に生きている自然界が、宇宙本来の姿なんです。我々が一生懸命に働く、それが宇宙の本来の姿なのです」という言葉で説明します。(『盛和塾』通巻39号)

また、稲盛さんは、ビッグバン理論をもとに宇宙には成長・発展という流れがあるといっています。それらから考えると、宇宙とはそれぞれが一生懸命生きていく、一生懸命働いていくことによって、言葉を変えると、それぞれの立場を全うすることによって、成長・発展するものだといえるかと思います。

一方、人間が皆一生懸命に生きているか、働いているかといわれるとそうではありません。
生きていくためには一生懸命になったとしても、それが満たされると、ついつい楽をしたい、遊びたいなどと利己的な気持ちが起こります。
稲盛さんは考え方にはマイナス100点からプラス100点まであるとおっしゃいますが、これは何もしていないと0点の状態であるということではなく、人間は常にマイナスの考え方に引っ張られており、何もしていないとマイナス100点となるのだと私は思います。

そのため、少しでもプラスの方向に考え方を持っていく必要があり、これが一生懸命に生きる、一生懸命に働くということにつながると考えます。

このプラスの方向に考えることが、人間として正しいことであり、精一杯働いて成長・発展するという宇宙の法則に沿うものだと考えます。

話が長くなりましたが、宇宙の中の自分として持つべき判断基準は、成長発展のために一生懸命生きる、働くという、人間として正しいことかどうかという基準なのだと思います。

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで17位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

宇宙の法則と陽明学 最終回

2017年3月1日 水曜日

 長らく、盛和塾の機関誌36号に掲載されている、東京大学名誉教授の溝口雄三さんの「どこまで”自分を開く”ことができるか:禅と陽明学に学ぶ「公共的企業人」のあり方」という記事のご紹介をしていましたが、今日がその最終回です。

 昨日、ビッグバン理論から、宇宙のすべての元ととなっているもの、いわば万物の根源は、共通の素粒子から成り立っているのだから、物事の真理は宇宙の真理に通じ、「宇宙レベルでの発想」は全ての物事に通じる発想となるものと思われます、と書きました。

 仏教の世界には、「山川草木悉皆成仏(さんせんそうもくしっかいじょうぶつ)」という言葉があります。これは、山も川も草も木も、すべてのものに皆、仏が宿っているという意味だそうです。

 宇宙の全てのものが共通の素粒子から生まれてきたものであれば、その共通の物質の根源を仏と呼んでいるのだと思います。

 宇宙レベルでの発想とは、仏のレベルでの発想とも言い換えることができそうです。

 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで18位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

社長(あなた)の思いは伝わってますか?
研修サポート 「経営者の思いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

————————————————————————

社長(あなた)が悩んでいることは、すでに先人が考え抜いたことかもしれません。
研修サポート 「経営に活かす原理原則『経営学百(100)年の智恵』」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
————————————————————————

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
作業日報の入力で、現場人工管理と給与計算両方ができます。
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php

————————————————————————

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

宇宙の法則と陽明学 その5

2017年2月28日 火曜日

 盛和塾の機関誌36号に掲載されている、東京大学名誉教授の溝口雄三さんの「どこまで”自分を開く”ことができるか:禅と陽明学に学ぶ「公共的企業人」のあり方」という記事より、
・自分はどのようにして社会の用に立っていくか
・自分の会社はどのようにして社会の用に立っていくか
という話を紹介していました。

 そして、昨日、
「宇宙レベルで発想できるようになったときには、従来の枠組みとは違う枠組みでものごとを見ることができるようになると思います」
ということについては、稲盛和夫さんはビッグバン理論で説明していますと書きました。

 ビッグバン理論とは、宇宙の生成時、一握りの素粒子が衝突し、水素原子が生まれ、原子同士が衝突し様々な原子、分子が生まれ、そして高分子が生まれ、そこに遺伝子が入り生物が誕生氏というように、開闢以来、宇宙は成長発展を続けているというものです。
そこから、稲盛和夫さんは、宇宙のすべての元ととなっているもの、いわば万物の根源は、共通の素粒子から成り立っているのだとおっしゃいます。

 そうであれば、物事の真理は宇宙の真理に通じ、「宇宙レベルでの発想」は全ての物事に通じる発想となるものと思われます。

 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで18位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

社長(あなた)の思いは伝わってますか?
研修サポート 「経営者の思いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

————————————————————————

社長(あなた)が悩んでいることは、すでに先人が考え抜いたことかもしれません。
研修サポート 「経営に活かす原理原則『経営学百(100)年の智恵』」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
————————————————————————

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
作業日報の入力で、現場人工管理と給与計算両方ができます。
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php

————————————————————————

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

宇宙の法則と陽明学 その4

2017年2月27日 月曜日

 盛和塾の機関誌36号に掲載されている、東京大学名誉教授の溝口雄三さんの「どこまで”自分を開く”ことができるか:禅と陽明学に学ぶ「公共的企業人」のあり方」という記事より、
・自分はどのようにして社会の用に立っていくか
・自分の会社はどのようにして社会の用に立っていくか
という話を紹介していましたが、昨日、「宇宙レベルで発想できるようになったときには、従来の枠組みとは違う枠組みでものごとを見ることができるようになると思います」ということについては、また明日と書きました。

 「宇宙レベルで発想できるようになったときには、従来の枠組みとは違う枠組みでものごとを見ることができるようになると思います」ということは、どのような分野にいる人でも、その立場から自分を越え、家庭や会社を越え、社会、国会を越え、その公共性を開き、宇宙レベルまで到達すると次元を越えた世界に到達できる、言い換えれば、どんな分野でも極みに達すれば万般に通ずるということかと思います。

 では、それはどうしてなのか?
稲盛和夫さんはそれをビックバン理論を使って説明します。

 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで18位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

社長(あなた)の思いは伝わってますか?
研修サポート 「経営者の思いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

————————————————————————

社長(あなた)が悩んでいることは、すでに先人が考え抜いたことかもしれません。
研修サポート 「経営に活かす原理原則『経営学百(100)年の智恵』」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
————————————————————————

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
作業日報の入力で、現場人工管理と給与計算両方ができます。
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php

————————————————————————

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

宇宙の法則と陽明学 その3

2017年2月26日 日曜日

 昨日1日間を開けましたが、一昨日まで 盛和塾の機関誌36号に掲載されている、東京大学名誉教授の溝口雄三さんの「どこまで”自分を開く”ことができるか:禅と陽明学に学ぶ「公共的企業人」のあり方」という記事より、
・自分はどのようにして社会の用に立っていくか
・自分の会社はどのようにして社会の用に立っていくか
という話を紹介していました。

 これに関連して次のように書かれています。
「自分を開く場が家庭から宇宙にまで至って、宇宙の恐れ(原文のまま)を自分の畏れとし、宇宙の痛みを自分の痛みとする段階に至ったときに、この世に働く人間としての発想としては共通するものだと考えます。」
これは、溝口さんは学問という世界で、私たちは実業という世界、それぞれ違う立ち位置で、自分、家庭、会社、社会、国家、宇宙と公共性を高めていった時に、たどり着くところは同じだろうということを意味するものと思います。

 そして、こうあります。
「宇宙レベルで発想できるようになったときには、従来の枠組みとは違う枠組みでものごとを見ることができるようになると思います。」
これについてはまた明日。

 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで18位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

社長(あなた)の思いは伝わってますか?
研修サポート 「経営者の思いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

————————————————————————

社長(あなた)が悩んでいることは、すでに先人が考え抜いたことかもしれません。
研修サポート 「経営に活かす原理原則『経営学百(100)年の智恵』」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
————————————————————————

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
作業日報の入力で、現場人工管理と給与計算両方ができます。
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php

————————————————————————

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

宇宙の法則と陽明学 その2

2017年2月24日 金曜日

 昨日、盛和塾の機関誌36号に掲載されている、東京大学名誉教授の溝口雄三さんの「どこまで”自分を開く”ことができるか:禅と陽明学に学ぶ「公共的企業人」のあり方」という記事より、
・自分はどのようにして社会の用に立っていくか
・自分の会社はどのようにして社会の用に立っていくか
という話を紹介しました。

 溝口さんによると、自分が社会の用にどう立っていくかを考えるには、自分という殻を破って家族や会社でどう用にたっていくか、さらに国家にとって、宇宙にとってと、その枠を広げる必要があるということです。

 そして、宇宙レベルで考えられるようになったときに、一段の飛躍があるということです。
このへんの話は、また明日。

 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで20位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

社長(あなた)の思いは伝わってますか?
研修サポート 「経営者の思いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

————————————————————————

社長(あなた)が悩んでいることは、すでに先人が考え抜いたことかもしれません。
研修サポート 「経営に活かす原理原則『経営学百(100)年の智恵』」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
————————————————————————

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
作業日報の入力で、現場人工管理と給与計算両方ができます。
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php

————————————————————————

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

宇宙の法則と陽明学

2017年2月23日 木曜日

 昨日、京セラ創業者稲盛和夫さんが自ら主宰する経営の勉強会である盛和塾の機関誌「盛和塾」36号から、稲盛さんが少年院で行った講話の中の中村天風の、
「宇宙はどんな人も平等に、素晴らしく豊かな未来を保証しています」
「自分の未来には、輝くような素晴らしい幸運が待ち受けていることを信じなさい」
「人生とはたったそれだけのことなのに、人々はそれを知らない」
という言葉を紹介しました。

 この36号には東京大学名誉教授の溝口雄三さんによる「どこまで”自分を開く”ことができるか:禅と陽明学に学ぶ「公共的企業人」のあり方」という記事もあります。

 結論を先にいうと、
・自分はどのようにして社会の用に立っていくか
・自分の会社はどのようにして社会の用に立っていくか
と問い続けなさいということですが、これと宇宙の法則がどう結び付くか、この話は明日にします。

 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで20位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

社長(あなた)の思いは伝わってますか?
研修サポート 「経営者の思いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

————————————————————————

社長(あなた)が悩んでいることは、すでに先人が考え抜いたことかもしれません。
研修サポート 「経営に活かす原理原則『経営学百(100)年の智恵』」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
————————————————————————

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
作業日報の入力で、現場人工管理と給与計算両方ができます。
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php

————————————————————————

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

心とは何か 7.溝口東大名誉教授のお話 その5

2009年8月17日 月曜日

 盛和塾の機関誌「盛和塾」平成13年2月号通巻3号の心の研究より、東京大学名誉教授の溝口雄三さんの「心の哲学と公共の哲学 目に見えない誠が宇宙であり、自分が感じなければ宇宙は存在しない」の話の紹介の続きです。

 <公共的な考え方、立場、人格  「なぜ自分は…」の問いかけが大切>の続き
 ・この原点への問いかけ、使命感といったものは、固定的なものではなく、変化しあるいは発展していくものだ。
 ・私自身の使命感もずっと変わってきている。

 ・最初のころは日中国交回復すべきであるという理念で中国の研究をしていた。
 ・自分に対する問いかけの答えがいつも同じであったら進歩がないということになる。

 ・公共の立場に立つということは、自分がどれだけ広い視野のなかで自分を捉え直すか、そのことの意味をどう自分に問いかけているか、自分の使命をどのレベルで自覚するかということだ
 
 ・知識ひとつにしても、中国文学者の竹内好氏は「否定されない知識は知識ではない」と言っている。
 ・大学教授をしていると、知識は年とともにいくらでも増えてきます。
 ・しかしそういった知識は百科事典を開けばいくらでも載っているものであり、学生にも百科事典を読んでくださいと言えばすむことである。
 ・しかしそうではなく、なんでそれを知りたいのか、それを知ることにどんな意味があるのか、そう思うあなたのどうきは何なのか、ということが知識の追求には大事なのです。

 ・その意味で、知識というものはなくてもいいもので、それがなくても仲間との魂のふれ合いは可能である。
 ・しかし、私達が真に公共的であるには、魂が触れ合うだけでは足りず、考え方や立場以上に人格が公共的でなければならない。

 ・残念なことに日本には知識で藻って考える人が非常に多い。
 ・アメリカや中国には「なんで」を考える人がたくさんいる。
 ・知識の根拠を問いますから、思考の枠組みが世界や宇宙にまで拡がります。

 ==============================================

 公共的な人格の話ですが、途中「知識の切り売りをしてなんになるか」と言葉がでてきます。
今日も専門学校のカリキュラム編成の打合せをしてきました。
 講師というのは知識があるのは当たり前で、いかに正確な知識を教えるかが仕事…ではなく、学生に知識や技術を身につけさせることこそが仕事である、そんな話をしてきました。
 さらに、それを知ることによりどういう意味があるのか、社会、公共とのかかわりがどのようにできるのか、それを考えることも大切だということが、この文書を読んでいて感じます。

?

?

本日までの投稿記事のタイトルを右のページ欄にある「過去投稿タイトル」にまとめてあります。ご参考にどうぞ。

? 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

Think! ITで元気をサポート 有限会社シンク 小椋俊秀

心とは何か 4.溝口東大名誉教授のお話 その2

2009年8月14日 金曜日

 昨日の「心とは何か 3.溝口東大名誉教授のお話 その1」の続きです。

 <能力とは魂であり、心の量の大きさである>
 ・稲盛さんは、成功の方程式で考え方と能力と熱意という三つのポイントをおっしゃている。
 ・稲盛さんの言われている能力というのは、いわゆる才能ではなくて魂なのです。
 ・私は能力(=魂)は心の量だと理解してます。

 ・王陽明は魂や純化された心を「良知」と言っています。
 ・そしてその量は生まれながらにして大小はあるが、その質はまったく同じだと言っています。
 ・同じ質を持ったものを、あとはどうやって拡げていくか、これが有名な「事上磨練」です。
 ・「事上磨練」とは、自分の仕事の中で自分の心の量を拡げていくことです。

 ・心の量を拡げるには、その拡げ方を日常生活の場でどう自分で学び取るか、どう実行するかということであり、これは人に教えられてできるのでない

?

============================================================

?

 よき心は人間誰しも持っているもだが、その量は千差万別で、その心の量がその人の「能力」であり、その心の量(能力)を増やすには、日々の仕事・活動を通じて自らが学び実行していくものであるという話です。

 私たちは、仕事を通して、心の量を増やし、能力を高めていかねばならず、また逆に、能力を高めうるような仕事をしていかなければならない、そう受け取れる話です。

 もともとは、8月11日の「心とは何か 1.心は何でできているか」で書いた、「フィロソフィ」の読み合わせで取り上げた「「宇宙の意志」と調和する心」?から、心とは何かについて考え始め、機関誌「盛和塾」で見つけた「心」と「宇宙」というキーワードが盛り込まれた、この溝口名誉教授の記事を紹介しています。少々長くなりそうですが、しばらく続けようと思います。

?

?

本日までの投稿記事のタイトルを右のページ欄にある「過去投稿タイトル」にまとめてあります。ご参考にどうぞ。

? 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

Think! ITで元気をサポート 有限会社シンク 小椋俊