‘毛沢東’ タグのついている投稿

実事求是

2019年3月24日 日曜日

現在の中国(中華人民共和国)を振り返ってみると、文化大革命があり儒教などの古典が弾圧されたり、それが2000年ごろから復活したり、一人子政策を始めたりそれをやめたり、右に左にハンドルを切るような政策の変更があるのだなぁと思っていたのですが、なぜそういうことが起きていたのかを理解するキーワードが本日のタイトル「実事求是(じつじきゅうぜ)」です。

ネットで検索すると、「実事求是」とは、「事実を実証することで、真理を追求し、物事の真相をあきらかにしていくこと。事実に基づいてこそ、真理は求められるということ」とあります。

元々は前漢時代の2代目皇帝が言い出した言葉だそうですが、近年では1940年ごろに毛沢東が「実事求是」と言い、共産党中央校の正門に刻ませたそうです。その毛沢東の死後、鄧小平、胡耀邦が毛沢東の言った「実事求是」を持ち出し、解放、改革に舵をとったそうです。

2004年4月6日、稲盛和夫さんは中国共産党中央校にて共産党幹部の人たちに、中国の古典をもとに成長の著しい中国は「覇道ではなく王道を」(これは孫文が日本での講演で使った表現)と講演しています。
私はそれが中国の論語に代表される古典の復活に大きな影響を与えたものと考えています。

盛和塾の機関誌『盛和塾』59号(2004年6月号)には、その講演要録と、「企業人から見た中国の現状」という稲盛さんによる2004年4月16日に行われた共同通信社「きさらぎ会」主催の講演会での講話が掲載されており、その講演の中で、「実事求是」に関する説明があり、それを参考に本日の記事を書いています。

  

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで11位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

挑戦する者にとって為しがたいことはない

2019年1月14日 月曜日

お正月に「サバイバー」というアメリカドラマを見たくて、また1月は無料だとのことでインターネットの動画配信サイトNetflixに加入しました。そして、この3連休に「僕らの先にある道」という中国映画を見ました(原題「后来的我们」)。昨日も書きましたが、2018年の映画を中国語字幕を確認しながら見れるとは便利な世の中になったものです。

その映画のセリフに「上九天揽月、下五洋捉鳖」というのがあり、「(君のために)天に昇って月をとる」というように訳されていました。
気になってそのセリフを調べたところ、毛沢東の詞「水調歌頭 重上井岡山」の一節、「可上九天揽月,可下五洋捉鳖」(天に昇って月をとり、海に潜ってすっぽんをとる)に由来するものだとわかりました。

この詞の最後の一節が「世上无难事、只要肯登攀」で、「世の中に難しいことはない、ただ登ればいい」という意味ですが、小さいころお父さんやお母さんからこの言葉で怒られた経験を持つ中国人は少なくないようです。

詞の全文を掲載しておきます。

久有凌云志 重上井冈山
千里来寻故地 旧貌变新颜
到处莺歌燕舞 更有潺潺流水
高路入云端 过了黄洋界 险处不须看
风雷动 旌旗奋 是人寰
三十八年过去 弹指一挥间
可上九天揽月 可下五洋捉鳖 谈笑凯歌还
世上无难事 只要肯登攀

  

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで11位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

中国における儒教の影響16

2015年7月7日 火曜日

 河田悌一著「定点観測:中国思想界の動向」(関西大学出版部 2011年)の第7章は、「グローバル化の世紀末」というタイトルで1996年から2000年にかけての動きが記述されています。

1997年:小平死亡
1998年:開放改革から20年
1999年:中華人民共和国建国50周年、孔子生誕2550周年
2000年:朱子没後800年

 マルクス主義を取り入れた毛沢東思想は偉大であり、その経済的欠点を補った小平理論は、江沢民をして、マルクス・レーニン主義、毛沢東思想に並ぶ「指導思想」として党規約に明記することと宣言させた。(1997年)

 開放政策以来の諸矛盾を解決するためにも毛沢東・小平思想を継承・発展するゆくことも、検討会で決議された。

 そしてまた、儒教を含む伝統思想の再評価であり、「仁」、「和合」の大切さが説かれた。

 都市と農村の巨大な地域格差、また共産党の幹部や高級官僚たちの汚職という腐敗、さらには法輪功と増大する失業者といった社会問題の山積など、中国の民衆の中には、中国共産党一党独裁体制のもとでの鬱屈たる不満と閉塞感が、潜在的に強まってきていた。
このような不満に対処するため、朱鎔基首相は対応策をとっていった。

 人民日報に「法輪功は邪教だ」という記事がでると、邪教を悲嘆するため、多くの哲学者、宗教学者は「法輪功と邪教出版座談会」「法輪功邪教座談会」などのフォーラムを開いた。

 このように、中国の学術研究は、3千年の歴史を通して、時の政治と密接な関係をもつものとして存在してきたし、今なお存在しつづけている。

(以上、同書より抜粋要約)

 このような背景で、稲盛和夫経営哲学は、1995年に初めて中国で講演した以来、2000年以降急速に広まっていく。




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

作業日報の入力で、給与計算と現場管理(出面表など)ができます!

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★






皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで16位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。