‘松下幸之助’ タグのついている投稿

経験は財産1

2016年10月15日 土曜日

 本日、56才の誕生日を迎えました。
最近つくづく思うことは、人生を重ねることによって経験が増え、その経験が財産となるということです。
これについては、また明日書くとして、今日は2013年4月1日に「人生の時間」というタイトルで書いた記事から、以下の部分を再掲します。

 

 以前、人生時計という話を聞き、このブログでも紹介しました。
それは年齢を3で割ったのが人生の時間だという話です。例えば18才なら3で割って6時。大学卒業した22歳なら7時ちょっと。36才で12時で、48歳なら16時。60歳で20時で、72歳が午前0時。
この話を知ったのは30代の時で、それはまだ人生時計ではお昼前のころでした。40代の後半になったとき、つまり人生時計で夕方となったとき、後がない感じの焦りを感じました。
ちょうど会社経営的もどん底のころでした。

 その気持ちを変えたのが日本画の片岡球子さんの美術展でした。展示場の最初に貼られていた片岡球子さんの年譜を見て勇気づけられたのです。
その時見た年譜では、片岡珠子さんは若い頃の実績はほとんどなく、50才すぎで小学校の教員を辞めたあとが年譜の3/4を占めていました。

 また、松下幸之助も50才の時に敗戦を迎え、財閥指定を受けるなどで、日本一の借金王、税金滞納王とよばれたことを知りました。
そこから松下電器を作り上げたのです。

 そういう観点でいえば、京セラ創業者の稲盛和夫さんが第二電電をつくり何の経験もない異業種の通信産業に乗り出したのも50歳を過ぎてからでした。

 人生時計で人生の夕方だと落ち込んだ時に、片岡球子さん、松下幸之助さん、稲盛和夫さんが人生のスタートは50過ぎからだと教えてくれたのです。

 天才は夭逝すると言われますが、世の中の大事を成した人は概ね長寿です。人生100才、仕事も80才超えるくらいまで元気で現役でいる気持ちでいれば50代でのスタートも余裕です。

 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで20位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

社長(あなた)の思いは伝わってますか?
研修サポート 「経営者の思いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

————————————————————————

研修サポート 「経営に活かす原理原則『経営学百(100)年の智恵』」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
作業日報の入力で、給与計算と現場管理(出面表など)ができます!

————————————————————————

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
作業日報の入力で、現場人工管理と給与計算両方ができます。
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php

————————————————————————

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

中国語を学ぶ理由1 論語と経営理念

2016年7月31日 日曜日

 昨日、中国語の学習について書きましたが、なぜ、中国語を学んでいるのか?
その理由を語るため、まず2011年4月23日の記事「」を再掲します。

 

 「論語」は紀元前6世紀から5世紀にかけて生きた孔子やその弟子達の言行録です。その教えである「儒教」は後の代々の中国王朝に国教としてとりあげられ、科挙を受験するための必須知識でした。 日本にもその影響は及び、理論中心の朱子学、実践中心の陽明学、論語の原点に回帰する古学など、時代時代に伝わってきています。
 京セラ創業者の稲盛和夫さんは、松下幸之助さんをお手本にしている部分がかなりあります。渋沢栄一の「論語と算盤」 を読んだときにお二人の根っこには「論語」があると感じました。さらに、ドラッカーを読んだときにも「論語」を感じ、ドラッカー研究で有名な公認会計士の 佐藤等さんに尋ねたところ、ドラッカーは渋沢栄一を研究し、また、「論語」も読んでいる、とのことでした。
 稲盛さんは、経営判断の指針として、人間として正しいことかどうかということをあげています。人間として正しいことかどうかということ、人としてどう生きるかということは、まさに「論語」で語られていることです。
 経営における経営理念の大切さは何度もこのブログでとりあげたことですが、武田薬品工業など江戸時代から続く会社の家訓などには、論語の影響を強く感じますし、それは現代の経営理念にも影響を及ぼしているものと思います。
 孔子の母国、中国では文化大革命があり、孔子の教えは排斥された時期がありました。しかし、昨年台湾へ行ったとき、台湾には孔子直系の子孫がいたなど孔子の教えが大切にいきづいていると感じました。
 日本や台湾などの経営理念における儒教・論語の影響を見極め、神との契約というニュアンスを感じる欧米企業のミッションとの違いを見出せば、東洋的思想、日本的経営の本質が見えてくるように思え、その研究をしようと準備しています。
 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで17位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
研修サポート 社長(あなた)の思いは伝わってますか?
「経営者の思いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

///////////////////////////////////////////////////////////

研修サポート 経営に活かす原理原則「経営学百(100)年の智恵」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

作業日報の入力で、給与計算と現場管理(出面表など)ができます!

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

利益は目的ではないが、利益にこだわる

2015年5月21日 木曜日

 経済学では、企業の目的は利潤の最大化ということになりますが、実際には企業の目的は世のため人のためと思っている経営者は少なくありません。

 以前読んだ本のなかに、松下幸之助や稲盛和夫は利益を目的とはしないが、利益にはこだわると書かれていました。
確かに松下電器の事業部制や京セラのアメーバなど、部門別の損益を明確にする仕組みを作り出しています。

 先日、ある勉強会でなるほどなと思ったのは、利益にこだわるということは最終的な純利益、税引き前利益、経常利益だけにこだわるのではなく、それ以前の、粗利益、営業利益にもこだわるということで、そのためには売上、原価、販管費それぞれにこだわるということでした。

 利益というのは結果として得られるものではなく、利益を得るというプロセスを完遂して手に入れるものなのだということを改めて認識しました。




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

作業日報の入力で、給与計算と現場管理(出面表など)ができます!
さらに、丁寧なサポートでいろいろ相談できて便利です!!

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★







皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

売上を最大限に、経費は最小限に

2015年4月18日 土曜日

 昨日のブログで「売上を最大に、経費を最小に」と書きましたが、一部誤解をする人がいるようなので、念のために説明を加えておきます。

 稲盛和夫さんが提唱する「経営の原点12ヶ条」の第5条が「売上を最大限に、経費は最小限に」というものです。

 稲盛さんが2010年に中国・青島で行った講演、「経営の原点12ヶ条」の解説をからそのポイントを抜粋します。

 「売上を増やせば経費も増えるという、誤った『常識』にとらわれることなく、売上を最大限にし、経費を最小限に抑えていくための創意工夫を徹底的に続けていく、その姿勢こそが高収益を生むのであります。
たとえば、現在の売上を百として、そのための人材と製造設備を持っているといたします。そして、受注が百五十まで増えたとすると、一般には五割増しの人員と五割増しの設備で百五十の生産をこなそうといたします。
このような足し算式の経営は、絶対にしてはならないのであります。受注が百五十まで増えたら、生産性を高めることによって、本来なら五割増やしたい人員を二〜三割増に抑えるのです。そのようにすることによって、高収益の企業体質を実現することができるのです。」
(機関誌「盛和塾」103号 2010年12月)

 売上を増やしながらも、経費は極力抑えていく、これが「売上を最大限に、経費は最小限に」ということです。

 また、この「売上を最大限に、経費は最小限に」ということに対しては、それができれば苦労はないというような意見も時々耳にします。

 松下幸之助さんが、ダムが水を蓄えるように経営にも余裕が必要だとダム式経営の話をしたさい、どうしたら余裕ができるのかという質問に対して、「余裕を持とうと思うこと」と答えたら会場に失笑がおきたとの話があります。その時、その会場にいた稲盛さんは、まさしくその思うということが大事なんだと気づいたそうです。

 「売上を最大限に、経費は最小限に」についても、そんなこと無理だと思って何もしないのと、なるほどその通りだと思ってその実現に努力するのとで、自ずから結果は違ってくるでしょう。




皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







日報から給与計算と現場管理(出面表など)ができます!
さらに、いろいろ相談できて便利です!!
《《日報給与管理システムのご案内》》
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

まずは思うことが大事

2015年1月28日 水曜日

 昨日のブログ「安くする工夫もイノベーション」に対して、イノベーションが必要なことはわかるが、どうやってイノベーションするのか具体的な「イノベーションのノウハウ」がなければ意味がないのでは、という意見がありました。

 松下幸之助が協力会社の会で、経営には余裕が必要だという「ダム式経営」の話をしたときに、「どうしたら余裕が持てるのか?」という質問がでたそうです。
松下さんはしばし沈黙のあと、困った顔をして、「まずは余裕を持とうと思うことが大切ですな」と答え、会場には失笑がおきたそうです。
この時、1人だけ、「そうだ、まずは思うことが大事であって、個別具体的な方法などここで教えられるわけが無いじゃないか」と思った人がいました。
それが京セラ創業者の稲盛和夫さんです。

 個別具体的なノウハウは、それぞれの環境において奮闘努力の結果獲られるものであって、誰かがこちょこちょと指導して得られるものではありません。
必要なことは、その環境において奮闘努力をしてみようと思うこと、それが一番大事なことでしょう。




皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







日報から出面表管理まで 労賃給与計算システムのご案内
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

経営指針の効果5

2015年1月10日 土曜日

 昨日、一昨日と経営理念が希薄になると企業の命運が尽きるという話を紹介してきました。

 パナソニックは昨年2014年11月に紙媒体の社内報を復活させ、それに京セラ名誉会長の稲盛和夫さんの寄稿を掲載したとのことです。
その寄稿では、創業者松下幸之助が作り上げた事業部制を平成13年から25年までなくしたことにふれ、なくした経緯を猛烈に反省しなければ真の復活は難しいなど、創業者の理念が薄れたパナソニックの経営を痛烈に批判したとのころです。

 経営理念がかわったなと感じる会社で代表的なのがソニーです。
ソニーの創業の理念は、創業メンバーの1人である井深大が書いた「東京通信工業株式会社設立趣意書」に見て取れます。
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/CorporateInfo/History/prospectus.html
そこには、エンジニアの技術力で世の中に貢献していこうという理念があります。

 そして、現在のソニーの経営理念がこちらです。
http://www.sonykigyo.jp/jpsec/company/philosophy.html
ソニーが大切にしているのは、リアルな体験、エクスペリエンスだとあります。

 ソニーの変化が気になったきっかけは、20年ほど前くらいから元ソニーの役職者という肩書きの人をちらちら見るようになったのがきっかけです。
経営理念が希薄になると、役職上位の者など以前の理念に馴染んだ人から辞めていく、そんな傾向があると思います。




皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで12位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







日報から出面表管理まで 労賃給与計算システムのご案内
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

経営学は経営の役に立つのか 4.経営の原理原則

2014年11月15日 土曜日

 このシリーズも4回目ですが、今回が最終回です。

 松下幸之助さんが「余裕を作ろうと思わなければあきまへんな」と答え、聴衆が失笑したとき、観衆の一人だった若き日の稲盛和夫さんは、「まさしくその通りだ。まずは思うことが大事であって、個別具体的な方法など講演で話せる訳がないじゃないか」と思ったそうです。

 学問の目的は真理の追求であり、真理とはいつの時代でも誰が考えても正しいことです。
持っているりんごから手を離せば地面に落ちるのは、誰がやってもいつの時代でもそうでしょうが、ある会社の経営がうまくいった手法を別の会社が真似て も、また10年後に同じようにやっても経営がうまくいくとはいえません。「真理」の意味合いが自然科学とそれ以外では違う感じです。

 経営についても同じように他の経験や知恵に学ぶことが有効です。
その際、個別の状況が違っても同じように使える経験・知恵と、あるケースではうまくいっても他のケースではその通りにならない経験・知恵とがあります。
後者の例があるからといって経営学が役に立たないという話にはなりません。

 ということを踏まえての結論となる今回ですが、経営学における真理の追究とは、経営における原理原則の明確化とその原理原則が有効である理由の解明だと私は考えます。

 この原理原則は得てして「そんなのあたりまえじゃないか」と思われることが多いのですが、実はそれほど当たり前のことでもないのです。
私は中小企業の中でも小規模企業・小企業を中心に研究を進めていますが、高名な先生方にも誤った認識が少なからずあります。

 例えば経営計画は、「どの企業にもなんらかの形で存在する制度である」と高名な先生が書かれていますが、規模が小さくなるほど経営計画を持たない会社の比率が高くなっています。また、別の先生は、その少ない理由として小さな会社では経営計画は役に立たないとも書かれてますが、実際には小さな会社でも経営計画は有効です。「小規模企業でも経営計画は有効である」というのが当たり前のことだったのです。
詳細はこちらを 「日本の中小企業における経営理念と経営計画の実態と業績に関する実証分析」 http://barrel.ih.otaru-uc.ac.jp/handle/10252/5370

 何が本当に「あたりまえに」正しいことなのか、これを明らかにすること、そして、その理由を説明することが必要と考えます。




皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







労賃給与計算システムのご案内
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

経営学は経営の役に立つのか 1.プロローグ

2014年11月12日 水曜日

 昨日、「読めない売上を読めるようにする」で、「『読めない売上を読めるようにする』努力が必要です。」と書いたところ、それでは解決策になっていないとのご指摘を受けました。

 昔、松下幸之助さんが協力業者の社長を集めて、「ダムが水を溜めて水量の調整ができるよう余裕をつくるように、経営にも余裕が必要だ」とダム式経営の話をしたときに、聴衆の一人が「余裕を作れというが、我々中小企業にはその余裕がない。どうしたら余裕を作れるのか?」と質問したそうです。
松下さんは困った顔でしばらく考えた後、「それでも、余裕を作ろうと思わなければあきまへんな」と答えたそうです。
それでは答えにならないじゃないかと会場には失笑が起きたそうですが、そこにいた若き日の稲盛和夫さんは、「まさしくその通りだ。まずは思うことが大事であって、個別具体的な方法など講演で話せる訳がないじゃないか」と思ったそうです。

 明日は「経営学は経営の役に立つのか 2.学問とはどういものか」の予定です。




皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







労賃給与計算システムのご案内
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

「日中韓三国の企業と社会を支える儒教思想」 日本の場合

2014年1月5日 日曜日

 ここ数日、富を認める儒学の影響がありながら日本にどうして資本主義が生まれたのか?それは愚直に働くことが尊いという精神があったからではないかという関連で書いてきました。一方、同じ儒教の影響を受けながら、中国、朝鮮、日本のそれぞれにはどのような違いが生まれてきたのかも気になり、それには「科挙」というキーワードをとりあげました。

 元三菱マテリアルの西村和義さんは「混迷の世紀に重要なアジア的経営理念の確立」(『アジアの精神にみる企業倫理』桜美林大学北東アジア総合研究所 2010年 2381円+税)で、「日中韓三国の企業と社会を支える儒教思想」という項で、それぞれの儒教思想の特徴を述べています。

 それには日本について次のように書かれています。
日本では儒教は宗教としてではなく、倫理道徳としてとらえられており、時空を超えて知らず知らずに多数の日本人DNAに組み込まれている。
実業の世界では、渋沢栄一が「論語と算盤」という書を著し、「道徳経済同一説」の信念で、利益を得ることと、道徳の追求は一件相反するようであるが、実は極めて近いものとして、実豪快のリーダーたちに学ばせた。
「利のために利を求めず」(春秋左氏伝)。このような儒教野の教えは、松下幸之助の思想に繋がり、今日も経済界の企業倫理の基となっている。




皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで19位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







《株式会社シンクシステムズからのお知らせ》
弊社では20年かけて育てた「労賃・給与計算システム」を今年パッケージ商品としてリニューアルしました。
旧バージョンをお使いのお客さま10件ほどの入替もめどがつきましたので、
8月よりパッケージ商品として石狩・後志管内にて先行営業を開始しています。
「労賃・給与計算システム」の特長
・作業日報の入力により給与計算はもちろん、出面表などの現場管理資料も作成できます。
・作業日報つき給与明細は、従業員の方も一目で自分の給与内訳がわかり安心・信頼が生まれます。
・出面表や工事別賃金一覧表は、元請への請求資料の作成に便利です。
・作業員を多く抱える建設・土木業、または現場仕事が多い電気・設備などの工事関連、清掃、警備業などの会社にお勧めです。
・本体価格60万円(税別)。 他にデータセット・初期指導、年間保守(初年度無料)が必要です。

詳細はこちらから http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
または、
「労賃給与」で検索を。

日本に資本主義が生まれた理由

2014年1月3日 金曜日

 昨日、営利を否定したピュウリタニズムが資本主義を生み、儒教は富にも倫理的価値をおいたため資本主義が生まれなかったというマックス・ウェーバーの考えを紹介し、であれば、日本に資本主義が生まれた理由が説明できそうだと書きました。

 すでに紹介した「経営の精神」(加護野忠雄 生産性出版 2010年 1800円+税)にもあるように、加護野は石田梅岩、松下幸之助を例にあげ、数字としての利益にはこだわりながらも、お金としての利益にはこだわらなかったとことを指摘しています。

 また、京セラ創業者で経営者のための塾「盛和塾」を主催する稲盛和夫さんもまた、「利益は後からついてくる」ものだと述べ、心を高めるために一生懸命に働くことの重要性を説きます。

 加護野は、この一生懸命に働くことを「愚直の精神」と呼びますが、利益を目標とせず、愚直に働くことを目的とした日本に資本主義が生まれたのは、ウェーバーも納得することでしょう。

 では、日本におけるこの愚直の精神はどこから生まれたのか、そしてそれと儒教はどのような関係にあるのかないのか、それを探るのが次にすべきことで、できればそれと、他の北東アジアの国々との比較検討をして、2月に開かれる2014国際言語文化教育札幌フォーラムでの「日本企業の経営理念における儒教の影響」というテーマの発表に備えたいと考えます。




皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで22位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







《株式会社シンクシステムズからのお知らせ》
弊社では20年かけて育てた「労賃・給与計算システム」を今年パッケージ商品としてリニューアルしました。
旧バージョンをお使いのお客さま10件ほどの入替もめどがつきましたので、
8月よりパッケージ商品として石狩・後志管内にて先行営業を開始しています。
「労賃・給与計算システム」の特長
・作業日報の入力により給与計算はもちろん、出面表などの現場管理資料も作成できます。
・作業日報つき給与明細は、従業員の方も一目で自分の給与内訳がわかり安心・信頼が生まれます。
・出面表や工事別賃金一覧表は、元請への請求資料の作成に便利です。
・作業員を多く抱える建設・土木業、または現場仕事が多い電気・設備などの工事関連、清掃、警備業などの会社にお勧めです。
・本体価格60万円(税別)。 他にデータセット・初期指導、年間保守(初年度無料)が必要です。

詳細はこちらから http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
または、
「労賃給与」で検索を。