‘村山斉’ タグのついている投稿

宇宙を見るということ

2018年3月13日 火曜日

今日は大学院の研究指導でたまたま富山大学と東京大学共同で本格稼働を目指す重力波望遠鏡「かぐら」の話となり、思い出したのが以下の2010年12月9日のブログ記事のことでした。

 

以前にも紹介しましたが、「宇宙は何でできているのか」(村山斉著 幻冬舎 2010年 800円+税)という本を読んでますが、その中に、現在の望遠鏡で一番遠くを見れるものは人工衛星に搭載されたハッブル宇宙望遠鏡で、それでは130億後年先にある銀河まで見ることができるが、しかしながら、どんなに技術が発達しても、どこまでも遠くの宇宙が見られるということはなく、見ることができる宇宙には限りがある、と書かれています。

その種明かしは、そもそも宇宙が誕生したのが137億年前だからだそうです。ハッブル宇宙望遠鏡で見る130億光年先の銀河は、130億年前の光を発していたのです。遠くを見ることが、137億年前の宇宙の誕生を探ることにつながるのです。

ただ、宇宙誕生後2億年くらいは光も星もない世界でばらばらの原子と暗黒物質というものだけだったそうです。それは望遠鏡では見ることができません。しかしながら、そこに存在する水素原子が発する電波をキャッチして探ろうとしているそうです。

また、宇宙誕生後直後38万年くらいまでは、宇宙はあまりにも熱く原子が原子の状態を保てず、原子核と電子にばらばらになっている状態だったそうです。この状態では光はもちろん電波もでません。しかしながら、その宇宙の初期状態は実験室で作り出すことができ、素粒子物理学の世界で研究されてます。

つまり何億光年先というスケールの大きな方向を探るのと、原子、原子核、素粒子というミクロの世界を探るのとで、同じことを探ろうとしているのです。村山さんはそれを、古代ギリシャで世界の完全性をしめすのに使われた「ウロボロスの蛇」という画を使って説明します。

101209

「宇宙という頭が、素粒子という尾を飲み込んでいる。広大な宇宙の果てを見ようと思って追いかけていくとそこには素粒子があり、いちばん小さなものを見つけようと追いかけていくと、そこには宇宙が口を開けてまっているというわけです。」と村山さんは書かれています。

 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

社長(あなた)の思いは伝わってますか?
研修サポート 「経営者の想いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

————————————————————————

社長(あなた)が悩んでいることは、すでに先人が考え抜いたことかもしれません。
研修サポート 「経営に活かす原理原則『経営学百(100)年の智恵』」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
————————————————————————

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
作業日報の入力で、現場人工管理と給与計算両方ができます。
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php

————————————————————————

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★宇宙を

心を高め、経営を伸ばす 3.森羅万象を成長発展させる力

2012年3月27日 火曜日

 京セラ創業者で、経営者の勉強会「盛和塾」を自ら主催する稲盛和夫さんの言葉に、「心を高め、経営を伸ばす」というのがあります。今週はこの言葉の意味、背景について説明していきます。昨日は、ガラス球を磨く努力、そして芸術に昇華される人生、稲盛塾長のお話を聞くと、この二つの関連性がわかります、と、書きました。

 稲盛塾長は、この宇宙には、森羅万象あらゆるものを「成長発展させる力」と、生きとし生けるものすべてがうまくいくように「調和させる力」が働いているとおっしゃいます。

 ひと握りの素粒子によるビッグバンで生まれた宇宙から今のような文明が生まれたのが「成長発展させる力」で、多様な生物が絶妙のバランスで成り立っているのが「調和させる力」です。

 1970年に開かれた大阪万博のテーマが「人類の進歩と調和」でしたが、根っこはおなじかもしれません。

?

 いろいろな人がいて、いろいろな人生がある。その中で「人生どういきるべきか」を問うのは哲学であり、それを実現していく過程が人を感動させる芸術となる、そう思います。

 なぜなら、人間は、いえ生物は、いやいや無機物を含め万物すべては、もとはひと握りの素粒子であり、宇宙開闢から徐々に成長発展してきたものだからです。より良い世の中にしたいと思う、世のため人のためという思いからの行動が、その人の魂を磨き、人々を感動させる芸術と評価されるのだと思います。

 「生物と無生物のあいだ」(福岡伸一 講談社 2007年 777円)という本には、髪や爪が生え変わるように、筋肉も臓器も骨も生まれ変わっており、分子レベルで考えると、人間の体は半年から1年のあいだにすっかり入れ替わる、と書かれています。

 「宇宙は何でできているのか」(村山斉 幻冬舎 2010年 840円)という本には、上述した稲盛塾長のお話のように、宇宙の始まりは素粒子であり、その宇宙は現在もどんどん拡張しているといっています。
(その後に出た「宇宙は本当にひとつなのか」(村山斉?講談社 2011年 820円+税)には、素粒子でできている物質は宇宙の5%程度であり、残りの95%は暗黒物質や暗黒エネルギーだと書かれいてます。)

 天台宗では「山川草木悉皆成仏 (さんせんそうもくしっかいじょうぶつ)」といい、全てのものの原始物質はおなじであり仏性が宿るという話を稲盛塾長は紹介され、また、サイババが誰もが神の化身だと言ったと紹介しています。

 科学で考えても、宗教で考えても、宇宙全てのものは、同じ根っこのものから作られているということになります。

?

?

 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで18位前後です。。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

学生達に勧めた、理系の人が書いた哲学的な本

2011年3月31日 木曜日

 私が情報システム科の講師をしている札幌医療福祉デジタル専門学校は、来週入学式などの行事があり、授業開始は再来週からとなり、まだ春休みが続きます。しかしながら、今週から情報処理向け資格試験のための受験対策授業が始まっています。

 情報処理向け試験としては、基本情報技術者試験、応用情報技術者試験、ITパスポートなどの国家試験がメジャーであり、4月17日に春試験が予定されていました。しかし、今回の震災を考慮し、基本情報技術者試験、ITパスポートの試験が7月10日に、それ以外の試験が6月26日に延期し、名称も平成23年度特別情報処理技術者試験(仮称)とし実施することになりました。

 そのため、受験対策の授業も少し余裕ができ、今回は30分ほど時間を使い、以下の三冊の本を紹介しました。

「生物と無生物のあいだ」(福岡伸一 講談社 2007年 777円)
「宇宙は何でできているのか」(村山斉 幻冬舎 2010年 840円)
「ウェブ進化論」(梅田望夫 筑摩書房 2006年 798円)

 「生物と無生物のあいだ」によると、髪や爪が生え変わるように、筋肉も臓器も骨も生まれ変わっており、分子レベルで考えると、人間の体は半年から1年のあいだにすっかり入れ替わるそうです。

 「宇宙は何でできているのか」によると、宇宙の始まりは素粒子であり、その宇宙は現在もどんどん拡張しているといっています。

 となれば、上記2冊の本の内容を考えれば、宇宙全てのものは、同じ根っこのものから作られているということになります。その同じ根っこでありながら、私とあなたの違いというのは何でしょう?こんな話を学生達にして考えてもらいました。

 最後の「ウェブ進化論」は、IT系の職業に就くには是非とも読んでおいてもらいたい名著です。

 学生だけではなく、皆さんにもお勧めします。

?

?

?

 本日までの投稿記事のタイトルを右のページ欄にある「過去投稿タイトル」にまとめてあります。ご参考にどうぞ。

 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで22位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)

将来を観察する

2010年12月21日 火曜日

 本日2010年12月21日の北海道新聞夕刊に『「赤い風船」宇宙にふわり 超新星爆発の名残」という記事がありました。地球から16万光年離れた大マゼラン雲で起きた超新星爆発の名残をハッブル宇宙望遠鏡がとらえ、米航空宇宙局(NASA)が公開したというものです。16万光年ですから、今、見えているのは16万年前の光景です。

 以前紹介した「宇宙は何でできているのか」(村山斉著?幻冬舎 2010年 800円+税)には、遠くの宇宙を見ることで過去を知り、近くの宇宙を見ることで現在を知れば、宇宙の始まりから現在までの過程を、そしてひいては将来を推測することができると書かれています。

 これを読んで会社経営や人生も、世の中にはお手本になるような会社や人が世の中には沢山いて、また様々なレベルが存在するので、自分の会社や自分自身の将来像を参考となる会社や人にあてはめてみることができるなと思いました。
目標となるのはA社のような会社で、その前にはB社のような会社、そのためにもまずはC社のような会社になろう、そんな考えです。

 これを実践していくには他社や多くの人を知らなければなりません。振り返ってみると優秀な経営をしているといわれている会社の社長さんたちは、よく他の優秀な会社を見て回っている記憶があります。

 

?

?

?

?

 本日までの投稿記事のタイトルを右のページ欄にある「過去投稿タイトル」にまとめてあります。ご参考にどうぞ。

 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで10位前後です。。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

Think! ITで元気をサポート 有限会社シンク 小椋俊秀

宇宙を見るということ

2010年12月9日 木曜日

 以前にも紹介しましたが、「宇宙は何でできているのか」(村山斉著 幻冬舎 2010年 800円+税)という本を読んでますが、その中に、現在の望遠鏡で一番遠くを見れるものは人工衛星に搭載されたハッブル宇宙望遠鏡で、それでは130億後年先にある銀河まで見ることができるが、しかしながら、どんなに技術が発達しても、どこまでも遠くの宇宙が見られるということはなく、見ることができる宇宙には限りがある、と書かれています。

 その種明かしは、そもそも宇宙が誕生したのが137億年前だからだそうです。ハッブル宇宙望遠鏡で見る130億光年先の銀河は、130億年前の光を発していたのです。遠くを見ることが、137億年前の宇宙の誕生を探ることにつながるのです。

 ただ、宇宙誕生後2億年くらいは光も星もない世界でばらばらの原子と暗黒物質というものだけだったそうです。それは望遠鏡では見ることができません。しかしながら、そこに存在する水素原子が発する電波をキャッチして探ろうとしているそうです。

 また、宇宙誕生後直後38万年くらいまでは、宇宙はあまりにも熱く原子が原子の状態を保てず、原子核と電子にばらばらになっている状態だったそうです。この状態では光はもちろん電波もでません。しかしながら、その宇宙の初期状態は実験室で作り出すことができ、素粒子物理学の世界で研究されてます。

 つまり何億光年先というスケールの大きな方向を探るのと、原子、原子核、素粒子というミクロの世界を探るのとで、同じことを探ろうとしているのです。村山さんはそれを、古代ギリシャで世界の完全性をしめすのに使われた「ウロボロスの蛇」という画を使って説明します。

101209

 「宇宙という頭が、素粒子という尾を飲み込んでいる。広大な宇宙の果てを見ようと思って追いかけていくとそこには素粒子があり、いちばん小さなものを見つけようと追いかけていくと、そこには宇宙が口を開けてまっているというわけです。」と村山さんは書かれています。

 たまには、現実の世界からちょっと離れたことに考えををめぐらしてみるのも、良い頭の体操になると思います。

 本日までの投稿記事のタイトルを右のページ欄にある「過去投稿タイトル」にまとめてあります。ご参考にどうぞ。

 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで12位前後です。。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

Think! ITで元気をサポート 有限会社シンク 小椋俊秀