Posts Tagged ‘曹岫云’

心純見真 その4

水曜日, 7月 29th, 2020

機関誌『盛和塾』129号(2014年10月)の記事に稲盛和夫北京管理顧問有限公司董事長の曹岫云さんによる「稲盛哲学はどこから生まれたのか」という記事の中に、本日のタイトル「心純見真」という中国語の成語がありました。曹さんはこの意味を「純粋な心を持っていれば本質を見ることができる」と説明しています。

ここまで「宇宙の本質」について仏であり、真善美といえるのではないかと書いていました。
真善美について語ると長くなりますが、以前台北で映画「サウンド・オブ・ミュージック」のタイトルに「真善美」とあり、なるほどと思った記憶があります。

宇宙は仏であり、真善美であり、そこには純粋というイメージも重なります。

話が回りくどくなりましたが、純粋な心を持っていれば、宇宙つまり本質と共鳴、つながることができるということが、「心純見真」ということなのだと思います。

 

 

 


 

 

皆様の励ましのクリック →  本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

心純見真 その3

火曜日, 7月 28th, 2020

機関誌『盛和塾』129号(2014年10月)の記事に稲盛和夫北京管理顧問有限公司董事長の曹岫云さんによる「稲盛哲学はどこから生まれたのか」という記事の中に、本日のタイトル「心純見真」という中国語の成語がありました。曹さんはこの意味を「純粋な心を持っていれば本質を見ることができる」と説明しています。

一昨日からこのことを話題に取り上げてきて、昨日は成長発展する宇宙の本質はなんだろうかと問いかけました。

仏教の世界では、「山川草木悉皆成仏」という言葉があり山も川も草も木もすべてのもの本質は仏であるということです。つまり、宇宙のすべてのもの、宇宙の本質は仏であるといえます。

この仏を違う言葉で表現すると真善美という言葉になるのではないかと思うのです。

 

 

 


 

 

皆様の励ましのクリック →  本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

心純見真 その2

月曜日, 7月 27th, 2020

機関誌『盛和塾』129号(2014年10月)の記事に稲盛和夫北京管理顧問有限公司董事長の曹岫云さんによる「稲盛哲学はどこから生まれたのか」という記事の中に、本日のタイトル「心純見真」という中国語の成語がありました。曹さんはこの意味を「純粋な心を持っていれば本質を見ることができる」と説明しています。

今までの歴史に残る発明や発見というものは、「本質」につながったからできたように思います。その「本質」とはこの世の「本質」であり、言葉を変えれば、宇宙の「本質」なのだと思います。

宇宙はビッグバン以来、今でも、そしてこれからも成長発展していきます。
宇宙にはこの成長発展という流れがあり、宇宙の本質につながることによりされた発明や発見も成長発展ということで歴史に残っているのだと思います。

では、宇宙の本質につながるにはどうしたら良いのか?
それが「心純見真:純粋な心を持っていれば本質を見ることができる」であり、その説明のためには宇宙の本質とは何かについて説明することが必要ですが、その話はまた明日。

 

 

 


 

 

皆様の励ましのクリック →  本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで16位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

心純見真 その1

日曜日, 7月 26th, 2020

機関誌『盛和塾』129号(2014年10月)の記事に稲盛和夫北京管理顧問有限公司董事長の曹岫云さんによる「稲盛哲学はどこから生まれたのか」という記事の中に、本日のタイトル「心純見真」という中国語の成語がありました。曹さんはこの意味を「純粋な心を持っていれば本質を見ることができる」と説明しています。

ではどうして「純粋な心を持っていれば本質を見ることができる」のでしょう。
明日以降、それについて書いていく予定です。

 

 

 


 

 

皆様の励ましのクリック →  本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

日本企業の経営理念における儒教の影響 8.稲盛和夫氏と儒教4

金曜日, 12月 12th, 2014

 このシリーズは、今年2月15日に「国際言語文化と教育フォーラム」という国際フォーラムで「日本企業の経営理念における儒教の影響」というテーマで発 表した内容を紹介しています。引き続き、日本の経営にどう儒教が影響しているかの例として、加護野先生が松下幸之助と並んで日本的経営のスタイルであると 評した稲盛和夫氏の例を、発表原稿より紹介します。

 稲盛経営哲学を儒教発祥の地、中国ではどうみているのだろうか。稲盛は経営者のための経営塾といえる盛和塾を主催しており、それは1983年に始まり、2013年12月現在、国内54塾6614名、海外塾(アメリカ・ブラジル・台湾)9塾700名、そして中国本土は3年ほどで、8塾1446名となっており、中国では急速に広がっている。

 2013年中国成都で行われた盛和塾の大会では曹が「稲盛哲学に関する十一の質問と回答」という講演をし、次のように述べている。(曹,2013)

 「稲盛哲学は儒教、仏教、道教の真髄を吸収し、徹底的に融合し、うまく企業経営に生かしています。」「例えば、稲盛塾長は『人間として何が正しいか』を全ての判断の基準に据えていますが、これは王陽明の『致良知(注:陽明学の根本思想のひとつ。良知とは人が本来持っている是非を知る心であり、この良知を遮られることなく発揮すること)』の同工異曲というべきものです。」「同時に、稲盛哲学は、西洋の科学、科学的管理、人文精神にも通じておられます。」「稲盛哲学は古今東西の優れた文化の集大成であり、現代の企業経営にうまく応用するためのすばらしい模範であると言うことができます。」

 先に述べたように、中国では今、爆発的な勢いで稲盛哲学が広まっているが、稲盛はそれについて、「いま、中国では多くの企業経営者の方々が、これまでの利己的な経営のあり方を見直し、利他の心という言葉を口にするようになっている。世界でも最も『強欲な資本主義』の道を突き進んでいると思われている中国で、これまでにない新しい動きがはじまっている。」と述べている。(稲盛,2013)

参考文献
曹岫云(2013)「稲盛哲学に関する十一の質問と回答」『盛和塾』124 pp.28-43
稲盛和夫(2013)『燃える闘魂』毎日新聞社




皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







日報から出面表管理まで 労賃給与計算システムのご案内
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

稲盛経営哲学を因数分解してみる1

日曜日, 1月 19th, 2014

 京セラ、KDDIを創業し、JALの再建を果たした稲盛和夫さんが主催する経営塾「盛和塾」が発行する機関誌「盛和塾」の最新刊平成25年12月号通巻 124号より、中国における稲盛哲学紹介の第一人者曹岫云(そうしゅううん)さんが成都で行われた盛和塾の大会での「稲盛哲学に関する十一の質問と回答」 という講演記録にある「八、稲盛哲学は儒教、仏教、道教などとと比べて、何が同じで、何が異なるのでしょうか?」という記事を、昨日まで紹介しました。

 結論としては、稲盛経営哲学は、儒教、仏教、道教、そして西洋の科学、科学的管理、人文精神、そういう古今東西の優れた文化の集大成だということです。

 しかしながら、それを分析するためのヒントがひとつあります。
それは、「塾長は、三十歳前後ですでに相当完成された、非常に明確な経営哲学と人生哲学を構築された」ということです。

 もちろん、三十歳を超えてからは世界の一流と接する機会が多くなり、その経営哲学にも磨きがかかったのは当然ですが、その今回は三十歳までに築かれているということは、稲盛塾長の幼少から三十歳ごろまでの人生をたどっていけば、稲盛経営哲学に影響を与えたものがわかるはずです。

 手元に、鹿児島大学「稲盛アカデミー研究紀要」第3号に掲載された吉田健一さんの「鹿児島時代の稲盛和夫 幼少時代から学生時代まで」という論文がありますので、まずは、ここから主要事項を紹介します。




皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで22位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







《株式会社シンクシステムズからのお知らせ》
弊社では20年かけて育てた「労賃・給与計算システム」を今年パッケージ商品としてリニューアルしました。
旧バージョンをお使いのお客さま10件ほどの入替もめどがつきましたので、
8月よりパッケージ商品として石狩・後志管内にて先行営業を開始しています。
「労賃・給与計算システム」の特長
・作業日報の入力により給与計算はもちろん、出面表などの現場管理資料も作成できます。
・作業日報つき給与明細は、従業員の方も一目で自分の給与内訳がわかり安心・信頼が生まれます。
・出面表や工事別賃金一覧表は、元請への請求資料の作成に便利です。
・作業員を多く抱える建設・土木業、または現場仕事が多い電気・設備などの工事関連、清掃、警備業などの会社にお勧めです。
・本体価格60万円(税別)。 他にデータセット・初期指導、年間保守(初年度無料)が必要です。

詳細はこちらから http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
または、
「労賃給与」で検索を。

稲盛哲学は儒教、仏教、道教などと比べて、何が同じで何が異なるのか8

土曜日, 1月 18th, 2014

 京セラ、KDDIを創業し、JALの再建を果たした稲盛和夫さんが主催する経営塾「盛和塾」が発行する機関誌「盛和塾」の最新刊平成25年12月号通巻124号より、中国における稲盛哲学紹介の第一人者曹岫云(そうしゅううん)さんが成都で行われた盛和塾の大会での「稲盛哲学に関する十一の質問と回答」という講演記録にある「八、稲盛哲学は儒教、仏教、道教などとと比べて、何が同じで、何が異なるのでしょうか?」という興味深い記述からのご紹介をしています。

 曹さんは、北京塾生で白象食品集団の姚忠良(ようちょうりょう)董事長の言葉を紹介しています。
姚さんは、儒教、仏教、道教を含めた各種セミナーに参加したばかりでなく、米国ハーバード大学、ウエストポイント陸軍士官学校、英国ケンブリッジ大学、オックスフォード大学、で経営管理学を修め、さらに稲盛哲学に触れ、これを学ぶために日本に遊学されたそうです。

 その姚さんがいうには、
1.稲盛哲学は白象グループないし中国企業のたった一つの正しい方向を示すものである
2.稲盛哲学は企業の方向のみならず、人生の意義までも見出すことができる
3.私は今後一生涯をかけて、稲盛哲学を学習し、実践し、伝え広める
とのことです。

稲盛哲学を分析することが、国境、文化を越えて普遍的に通じるものを探る有力な手段になると考えます。




皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで20位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







《株式会社シンクシステムズからのお知らせ》
弊社では20年かけて育てた「労賃・給与計算システム」を今年パッケージ商品としてリニューアルしました。
旧バージョンをお使いのお客さま10件ほどの入替もめどがつきましたので、
8月よりパッケージ商品として石狩・後志管内にて先行営業を開始しています。
「労賃・給与計算システム」の特長
・作業日報の入力により給与計算はもちろん、出面表などの現場管理資料も作成できます。
・作業日報つき給与明細は、従業員の方も一目で自分の給与内訳がわかり安心・信頼が生まれます。
・出面表や工事別賃金一覧表は、元請への請求資料の作成に便利です。
・作業員を多く抱える建設・土木業、または現場仕事が多い電気・設備などの工事関連、清掃、警備業などの会社にお勧めです。
・本体価格60万円(税別)。 他にデータセット・初期指導、年間保守(初年度無料)が必要です。

詳細はこちらから http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
または、
「労賃給与」で検索を。

稲盛哲学は儒教、仏教、道教などと比べて、何が同じで何が異なるのか7

金曜日, 1月 17th, 2014

 昨日、「稲盛哲学、そして広く日本企業の経営精神に、日本の儒教、仏教がどのように影響しているのか、これを調べて2月15日に札幌大学で開かれる「2014国際言語文化教育札幌フォーラム・言語文化と翻訳・修辞・コミュニケーション」で発表する予定です。」と書きました。

 日本的経営という言葉が使われる時がありますが、どういうところが日本的であり、同じ儒教圏でありながら中国、韓国の企業経営とは何が違うのか、また、儒教とは関係のない欧米の企業とはどう違うのか?、言葉を変えれば、経営の理念、精神は何によって影響されるのか、そして違いだけでなく、普遍的に通じるものは何なのか、これらについて整理し、発表したいと思っています。

 普遍的に通じるものは何なのかということに関しては、機関誌「盛和塾」124号で、曹岫云さんはこう書いています。
「稲盛哲学は儒教、仏教、道教の真髄を吸収し、徹底的に融合し、うまく企業経営に生かしています。」
「同時に、稲盛哲学は、西洋の科学、科学的管理、人文精神にも通じておられます。」
「稲盛哲学は古今東西の優れた文化の集大成であり、現代の企業経営にうまく応用するためのすばらしい模範であると言うことができます。」

 幸いになことに、盛和塾に在籍し20年ほどになるため、稲盛哲学に関する資料は機関誌全巻を始め講話集、そして市販の書籍など豊富な資料が手元にあります。
これらを通じて稲盛経営哲学の普遍性についても追求してみたいと思います。
(普遍性ということでは、実際に京セラ、KDDI、JALの3社を上場させ、また経営不振に陥った会社を吸収しては再生させ、海外での事業も発展させています。)

 京セラ、KDDIを創業し、JALの再建を果たした稲盛和夫さんが主催する経営塾「盛和塾」が発行する機関誌「盛和塾」の最新刊平成25年12月号通巻124号より、中国における稲盛哲学紹介の第一人者曹岫云(そうしゅううん)さんが成都で行われた盛和塾の大会での「稲盛哲学に関する十一の質問と回答」という講演記録にある「八、稲盛哲学は儒教、仏教、道教などとと比べて、何が同じで、何が異なるのでしょうか?」という興味深い記述からのご紹介をしています。




皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで20位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







《株式会社シンクシステムズからのお知らせ》
弊社では20年かけて育てた「労賃・給与計算システム」を今年パッケージ商品としてリニューアルしました。
旧バージョンをお使いのお客さま10件ほどの入替もめどがつきましたので、
8月よりパッケージ商品として石狩・後志管内にて先行営業を開始しています。
「労賃・給与計算システム」の特長
・作業日報の入力により給与計算はもちろん、出面表などの現場管理資料も作成できます。
・作業日報つき給与明細は、従業員の方も一目で自分の給与内訳がわかり安心・信頼が生まれます。
・出面表や工事別賃金一覧表は、元請への請求資料の作成に便利です。
・作業員を多く抱える建設・土木業、または現場仕事が多い電気・設備などの工事関連、清掃、警備業などの会社にお勧めです。
・本体価格60万円(税別)。 他にデータセット・初期指導、年間保守(初年度無料)が必要です。

詳細はこちらから http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
または、
「労賃給与」で検索を。

稲盛哲学は儒教、仏教、道教などと比べて、何が同じで何が異なるのか6

木曜日, 1月 16th, 2014

 京セラ、KDDIを創業し、JALの再建を果たした稲盛和夫さんが主催する経営塾「盛和塾」が発行する機関誌「盛和塾」の最新刊平成25年12月号通巻 124号より、中国における稲盛哲学紹介の第一人者曹岫云(そうしゅううん)さんが成都で行われた盛和塾の大会での「稲盛哲学に関する十一の質問と回答」 という講演記録にある「八、稲盛哲学は儒教、仏教、道教などとと比べて、何が同じで、何が異なるのでしょうか?」という興味深い記述からのご紹介をしてい ます。

 昨日ご紹介したように、曹さんは、儒教、仏教、道教が生まれた時代と現代は時代が違うし、現代人には古語で書かれたそれらを理解するのは難しいから、それらを直接用いて社員を教育し、行動を変えようとすることは現実的ではないといっています。

 一方稲盛和夫さんにかんしては、このように書いています。
「稲盛塾長は、技術者、企業家でありながら、哲学者、宗教家でもあり、また教育者でもあります。」
「稲盛哲学は儒教、仏教、道教の真髄を吸収し、徹底的に融合し、うまく企業経営に生かしています。」
「稲盛哲学は現代ビジネス社会における儒教であり、仏教であり、道教であるといえます。」

 確かに曹さんのおっしゃるとおりだと思うのですが、しかし儒教や仏教ではその内容が中国と日本で違っていますし、道教に関しては日本人にはなじみの薄いものです。
稲盛哲学、そして広く日本企業の経営精神に、日本の儒教、仏教がどのように影響しているのか、これを調べて2月15日に札幌大学で開かれる「2014国際言語文化教育札幌フォーラム・言語文化と翻訳・修辞・コミュニケーション」で発表する予定です。




皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで19位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







《株式会社シンクシステムズからのお知らせ》
弊社では20年かけて育てた「労賃・給与計算システム」を今年パッケージ商品としてリニューアルしました。
旧バージョンをお使いのお客さま10件ほどの入替もめどがつきましたので、
8月よりパッケージ商品として石狩・後志管内にて先行営業を開始しています。
「労賃・給与計算システム」の特長
・作業日報の入力により給与計算はもちろん、出面表などの現場管理資料も作成できます。
・作業日報つき給与明細は、従業員の方も一目で自分の給与内訳がわかり安心・信頼が生まれます。
・出面表や工事別賃金一覧表は、元請への請求資料の作成に便利です。
・作業員を多く抱える建設・土木業、または現場仕事が多い電気・設備などの工事関連、清掃、警備業などの会社にお勧めです。
・本体価格60万円(税別)。 他にデータセット・初期指導、年間保守(初年度無料)が必要です。

詳細はこちらから http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
または、
「労賃給与」で検索を。

稲盛哲学は儒教、仏教、道教などと比べて、何が同じで何が異なるのか5

水曜日, 1月 15th, 2014

京セラ、KDDIを創業し、JALの再建を果たした稲盛和夫さんが主催する経営塾「盛和塾」が発行する機関誌「盛和塾」の最新刊平成25年12月号通巻 124号より、中国における稲盛哲学紹介の第一人者曹岫云(そうしゅううん)さんが成都で行われた盛和塾の大会での「稲盛哲学に関する十一の質問と回答」 という講演記録にある「八、稲盛哲学は儒教、仏教、道教などとと比べて、何が同じで、何が異なるのでしょうか?」という興味深い記述からのご紹介をしてい ます。

昨日、曹さんの「儒教、仏教、道教を含めた、中国数千年の歴史が生み出した思想文化の真髄が企業家の心の修養、個人の品格の向上に対して積極的な意義を持ちます。」という記述を紹介しましたが、それは次のように続きます。

但し、それらが発達した「封建政治の時代では、尊母社会組織の形態は非常に初歩的、原始的」であるため、「現代企業のような組織形態が発生することは不可能」であり、「現代企業の経営管理の哲学やモデルが生み出されること」はありえなかった。
そして、伝統文化の要素はの一部は「下ない社会にはてきおうしなくなっている」し、文語文は現代人に難解であるから、国学、儒教、仏教、道教を「直接用いて社員を教育し、彼らの行動を変えることは現実的ではありません。」

確かに、直接のすぐに現代企業に使える組織形態や経営管理哲学・モデルが生み出されることはありませんが、その精神ベースには重要な影響を与えていることには間違いありません。日本における儒教の理論化・体系化は江戸時代からだと考えられますが、江戸時代に築かれた商家の家訓は経営理念のもとになっていますし、その背景にある考え方・精神は現代にも通じています。




皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで19位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







《株式会社シンクシステムズからのお知らせ》
弊社では20年かけて育てた「労賃・給与計算システム」を今年パッケージ商品としてリニューアルしました。
旧バージョンをお使いのお客さま10件ほどの入替もめどがつきましたので、
8月よりパッケージ商品として石狩・後志管内にて先行営業を開始しています。
「労賃・給与計算システム」の特長
・作業日報の入力により給与計算はもちろん、出面表などの現場管理資料も作成できます。
・作業日報つき給与明細は、従業員の方も一目で自分の給与内訳がわかり安心・信頼が生まれます。
・出面表や工事別賃金一覧表は、元請への請求資料の作成に便利です。
・作業員を多く抱える建設・土木業、または現場仕事が多い電気・設備などの工事関連、清掃、警備業などの会社にお勧めです。
・本体価格60万円(税別)。 他にデータセット・初期指導、年間保守(初年度無料)が必要です。

詳細はこちらから http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
または、
「労賃給与」で検索を。