‘教育勅語’ タグのついている投稿

どんな教育を受けた人たちから教育を受けたか

2019年9月5日 木曜日

4年ほど前にこのブログで日本的経営がいつ生まれたかについて書いていた時に紹介したのが下の表です。

この表の解説として以下のように書きました。

江戸時代に学問として確立され一部の商人にも影響を与えた儒教は、明治23年(1890年)にその影響を受けた教育勅語学校で教えられるようになり、敗戦後の昭和23年(1948年)まで学校では修身の授業で教えられました。

自ら学校で(そしてたぶん家庭でも)儒教の教えを受けた世代を第1世代とすると、1945年から30年くらいは、つまり1975年くらいまでは社 会の中心がその世代で、その後10年から20年かけて、その次の第2世代、つまり自分は直接授業の教えを学んでいなく、その教えを受けた教師や親のもとで 育った世代が社会の中心となったと考えられます。

日本の高度成長期を担いジャパンアズナンバーワンと称されたのは、この第一世代が中心でした。
そしてバブルが崩壊する1990年代には、その第一世代が現役世代からいなくなった時代です。

現在は、第2世代の次、自分はもちろん、親や教師も直接に儒教の教えをうけていない第3世代へと時代は移っています。

濃い水色第1世代は、薄い水色の第一世代から教育を受けた世代で、つまり教育勅語教育を受けたものから教育を受けた世代、一番教育勅語教育の影響を受けていると考えられる世代です。
0世代は教育勅語以前の世代です。

 

以上が、表の解説ですが、どのような教育を受けたかというのは大事なファクターですが、教育の内容を決めるのはその教育をする世代がどのような教育を受けたのかが大きく影響するのではないでしょうか。
つまり、「どのような教育を受けた人に教育を受けるのか」これが重要なのだと思います。

この話、明日に続きます。

 


 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで17位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

石田梅岩の思想とそれを定着させたもの3

2016年9月21日 水曜日

昨日まで、堺屋太一さんの話から、
1.生産性とか経済性は度外視しても働くことは良いことだ、と考えるようになった。
2.細部に凝るようになった。
3.高潔な人がつくったものは丁寧であり、丁寧でないものは下劣なやつが作ったものだと考えるようになった。
という影響を石田梅岩が日本に与えた、ということと、
それを日本に定着させたのは修身の授業であるという私の考えを書きました。

教育勅語世代とその次世代

この図は、以前このブログに掲載したものですが、子供時代に誰に教育を受けたのかを、教育勅語に代表される修身の授業を軸に考えたものです。

0世代:修身の授業を受けていない
1世代・薄い水色:修身の授業を受けていない世代に修身の授業を受けた世代
1世代・濃い水色:修身の授業を受けた世代に修身の授業を受けた世代
2世代:1世代の子供(修身の教育なし)
3世代:2世代の子供(修身の教育なし)
4世代:3世代の子供(修身の教育なし)

図をみると、1世代、特に濃い水色の世代が日本の経済の繁栄を支えてきた柱であることがわかります。

 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで20位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

社長(あなた)の思いは伝わってますか?
研修サポート 「経営者の思いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

————————————————————————

研修サポート 「経営に活かす原理原則『経営学百(100)年の智恵』」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
作業日報の入力で、給与計算と現場管理(出面表など)ができます!

————————————————————————

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
作業日報の入力で、現場人工管理と給与計算両方ができます。
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php

————————————————————————

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

石田梅岩の思想とそれを定着させたもの2

2016年9月20日 火曜日

 昨日、堺屋太一さんの話から、
1.生産性とか経済性は度外視しても働くことは良いことだ、と考えるようになった。
2.細部に凝るようになった。
3.高潔な人がつくったものは丁寧であり、丁寧でないものは下劣なやつが作ったものだと考えるようになった。
という影響を石田梅岩が日本に与えたと書きました。

 労働は尊いことであり、働くことにより人格が磨かれる、これは稲盛和夫さんもおっしゃっていることですが、このような考えが確かに昔の日本にはありました。

 そのような考えが日本に定着したのは、明治に始まった「修身」の授業のためであると考えます。

 修身は「教育勅語」が発表された1890年(明治23年)から1945年(昭和20年)の第二次世界大戦敗戦まで小学校・国民学校で続いた道徳教育ですが、詳しい内容などは、こちらのサイトなどをご覧ください。
http://www.moral-science.com/index.html

 半世紀以上にわたる修身による道徳教育が日本人の考え方に大きな影響を与えたことは間違いありません。

 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで22位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

社長(あなた)の思いは伝わってますか?
研修サポート 「経営者の思いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

————————————————————————

研修サポート 「経営に活かす原理原則『経営学百(100)年の智恵』」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
作業日報の入力で、給与計算と現場管理(出面表など)ができます!

————————————————————————

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
作業日報の入力で、現場人工管理と給与計算両方ができます。
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php

————————————————————————

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

日本的経営はいつ生まれたのか PART2 その12

2015年6月20日 土曜日

 昨日、「明日以降、中国における儒教の影響について考えます」と書きましたが、18日に公表した教育勅語世代の表を見直しましたので、そちらを先にお知らせします。

教育勅語世代とその次世代

 変更点は、直接に教育勅語教育を受けた第1世代を二つに色分けしたことです。
濃い水色第1世代は、薄い水色の第一世代から教育を受けた世代で、つまり教育勅語教育を受けたものから教育を受けた世代、一番教育勅語教育の影響を受けていると考えられる世代です。

 もう一つの変更点は、20代から60歳までを現役世代の中心ということで赤枠で囲ってみました。

 (表の数字、1は教育勅語による教育を直接受けた世代、2以降はその次世代です。0は教育勅語前世代)

高度成長時代:1954年〜1973年
ジャパンアズナンバーワンの出版:1979年
バブル景気:1986年〜1991年

さて、どう思いますか?

 どんな教育を受けたかも大事ですが、どんな人たちから教育を受けたかも大事ですね。




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

作業日報の入力で、給与計算と現場管理(出面表など)ができます!

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★







皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

日本的経営はいつ生まれたのか PART2 その11

2015年6月19日 金曜日

 昨日は儒教の影響を受けた教育勅語による教育を受けた世代、その後の世代の推移をグラフで見ました。
高度成長時代といわれる1954年〜1973年あたりは、直接教育を受けた第一世代が社会の中心層でした。
バブル景気の1986年〜1991年あたりは、第一世代が50代後半ぐらいで、バブルが終わる頃は第一世代が現役を引退すころでした。

 時代とともに第一世代の影響力は薄れ、「新人類」という言葉が出始めたのは1979年ということです。

 第二世代、さらには第二世代の教育者や親による教育を受けた第三世代の経営者達の割合が増えたとき、日本的経営ははどのように変化するのでしょうか。

 「経営の精神:我々が捨ててしまったものは何か」(加護野忠男、生産性出版、2010年)には、現在の日本企業について、市民精神が衰弱し、企業精神が弱体化し、度を越えた営利精神のため経営の精神が劣化しているという指摘があります。

 このような状況を考える時に、他の国と比較すると、より日本的特徴がわかりやすくなります。
明日以降、中国における儒教の影響について考えます。




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

作業日報の入力で、給与計算と現場管理(出面表など)ができます!

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★







皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

日本的経営はいつ生まれたのか PART2 その10

2015年6月18日 木曜日

 一昨日、以下のように書きました。

——————————————————————————————–

江戸時代に学問として確立され一部の商人にも影響を与えた儒教は、明治にはその影響を受けた教育勅語が学校で教えられるようになり、1945年(昭和20年)の敗戦まで学校では修身の授業で教えられました。

自ら学校で(そしてたぶん家庭でも)儒教の教えを受けた世代を第1世代とすると、1945年から30年くらいは、つまり1975年くらいまでは社 会の中心がその世代で、その後10年から20年かけて、その次の第2世代、つまり自分は直接授業の教えを学んでいなく、その教えを受けた教師や親のもとで 育った世代が社会の中心となったと考えられます。

日本の高度成長期を担いジャパンアズナンバーワンと称されたのは、この第一世代が中心でした。
そしてバブルが崩壊する1990年代には、その第一世代が現役世代からいなくなった時代です。

現在は、第2世代の次、自分はもちろん、親や教師も直接に儒教の教えをうけていない第3世代へと時代は移っています。

——————————————————————————————–

 その後、調べてみると、教育勅語は1890年(明治23年)に発表され、1948年(昭和23年)に廃止されたとのことでした。
(授業科目としての修身は敗戦の1945年に廃止されました。)

 さて、上記を次の表を見ながら考えてみてください。

教育勅語世代

(表の数字、1は教育勅語による教育を直接受けた世代、2以降はその次世代です。0は教育勅語前世代)

高度成長時代:1954年〜1973年
ジャパンアズナンバーワンの出版:1979年
バブル景気:1986年〜1991年

さて、どう思いますか?




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

作業日報の入力で、給与計算と現場管理(出面表など)ができます!

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★







皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

日本的経営はいつ生まれたのか PART2 その8

2015年6月16日 火曜日

 江戸時代に学問として確立され一部の商人にも影響を与えた儒教は、明治にはその影響を受けた教育勅語が学校で教えられるようになり、1945年(昭和20年)の敗戦まで学校では修身の授業で教えられました。

 自ら学校で(そしてたぶん家庭でも)儒教の教えを受けた世代を第1世代とすると、1945年から30年くらいは、つまり1975年くらいまでは社会の中心がその世代で、その後10年から20年かけて、その次の第2世代、つまり自分は直接授業の教えを学んでいなく、その教えを受けた教師や親のもとで育った世代が社会の中心となったと考えられます。

 日本の高度成長期を担いジャパンアズナンバーワンと称されたのは、この第一世代が中心でした。
そしてバブルが崩壊する1990年代には、その第一世代が現役世代からいなくなった時代です。

 現在は、第2世代の次、自分はもちろん、親や教師も直接に儒教の教えをうけていない第3世代へと時代は移っています。




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

作業日報の入力で、給与計算と現場管理(出面表など)ができます!

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★







皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

日本的経営はいつ生まれたのか PART2 その7

2015年6月15日 月曜日

 昨日、
「日本独自の文化の根っこには「儒教」があると考えます。
明日以降、江戸時代、明治から昭和10年ごろまで、昭和10年から20年、その後の1970年代(昭和40年代)にかけての日本における儒教の影響度合いと経営について考えてみます。」
と書きましので、まず今日は昭和20年までみてみます。

 江戸時代の儒教は、それまで僧侶のたしなみだった儒教が、朱子学や陽明学の普及にみられるように、一つの学問として形成されてきました。武家層を中心に定着した儒教は、尊皇攘夷思想とも結びつき明治維新の原動力ともなりました。
陽明学は近江商人に影響を与えという見方もありますし、石田梅岩の石門心学は神道、仏教とともに儒教の影響を大きく受けています。

 明治時代に入ると儒教の影響を受けた教育勅語が学校で教えられるようになり、これは昭和20年の第二次世界大戦敗戦まで続きます。




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

作業日報の入力で、給与計算と現場管理(出面表など)ができます!

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★








皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

「貢献意欲」と「自己実現」 その5

2014年12月30日 火曜日

 「集団に重きを置く日本の根っこは、第二次世界大戦以前の日本独自の教育にある」と書き、昨日はその薄れ方についても書きました。

 この「日本独自の教育」ですが、当時の日本は朝鮮や台湾、南洋諸島を占領し、満州国という傀儡国家を建設し、そこでも「日本独自の教育」に近い教育がされたものと推測されます。(調べてみると、明治44年に朝鮮教育令で、大正8年には台湾教育令で「教育勅語」を教育全般の模範としたとあります。)

 日本は集団に重きを置く根っこが敗戦後の米国の影響でそれが薄れてきたと書きましたが、では、今の北朝鮮、韓国、台湾、中国東北部、これらの国・地方の組織観はどうでしょう?

 以前、日本、中国、韓国の儒教の影響について調べたことがありますが、それを簡単に書くと以下のとおりです。
日本では儒教は宗教としてではく倫理道徳として根づいており、企業倫理の基にもなっている。
中国では文化大革命の時に「批林批孔」で孔子の教えは弾圧され、2004年ごろから復活した。
韓国は原理的色彩の強い儒教であり、「長幼の序意識」、「形式主義」、「学問主義」などがみられる。

 考えるといろいろ範囲が広がって収拾がつかなくなってしまいしたが、大きなくくりでくくられる限り、その国・地域にはその特色があり、そのくくりを理解することがそこで経営(組織をうまく運営していくこと)するのに役立つことだと考えます。




皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







日報から出面表管理まで 労賃給与計算システムのご案内
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

「貢献意欲」と「自己実現」 その3

2014年12月28日 日曜日

 昨日、「集団に重きを置く日本と個に重きを置く米国という考え」から、「この『自己実現』ですが、日本の場合、『仕事を通して人々の役に立つ』ことがぴったりくると感じています。」という表現にしましたと書きました。

 日本という単位でひとくくりにして良いのかという質問がありますが、ひとくくりにするにはそれをくくる共通項が必要で、日本独自の教育がその共通項にあたると考えます。
第二次世界大戦の敗戦後の日本は、GHQにより教育勅語を廃止し、教科書に墨を塗りましたが、それ以前の日本の教育は米国とは異なる日本独自のものだったと考えます。(ちなみに教育勅語は1890年明治23年制定です。)

 敗戦以前の日本の教育のベースは儒教的考え方、集団主義的考え方が根っこにあるというのは、以前紹介したとおりです。
この教育が、「日本の場合、『仕事を通して人々の役に立つ』」ベースになったと考えます。

 もちろん、敗戦後70年が経ち、現在ではその影響が薄れ、だんだんと個に重きを置く米国的な考え方が浸透し、結果、従来のやり方ではうまくいかなくなってきているのだと考えます。




皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







日報から出面表管理まで 労賃給与計算システムのご案内
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp