Posts Tagged ‘損益分岐点’

利益のでどころ

日曜日, 11月 15th, 2020

先日サイゼリヤで経験したことです。注文した料理がなかなか出てきません。何か一言店の人に言いたくなるくらいの待ち時間でした。すると隣のテーブルの母娘客のお母さんの方が料理を運んできた人に「なんでこんなに遅いのか!」と怒気を含んだ声で詰問しています。バイトと思われる店員さんはすみませんとだけ謝って戻っていきました。ほどなく店長が現れ、今調理は自分一人であり、ややこしいテイクアウトの注文や電話の対応があったために皆さんに迷惑をかけているという旨の話を「すみません」を繰り返しながら話していました。

私は隣でその様子を聞いていて、そうして問い詰めている時間分、私の料理も遅れるのだと思ったのと、店長さんの「すみません」が謝り慣れている口調だなと感じていました。

その時、思い出したのが2009年1月6日(このブログを始めた2回目の記事です)に書いた「「てんてこ舞いの忙しさ」 お客様のお話から」です。飲食店に限らず暇な時には儲かっておらず、てんてこ舞いの忙しい時に利益が生まれているという話です。損益分岐点を超えて利益のでているところは忙しく働いているところであり、のんびりしている、ぼーっとしていられるのは分岐点の下の状況ですね。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで12位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

役員登用試験が「夜なきうどん屋の屋台」

水曜日, 7月 22nd, 2020

『稲盛和夫の実学』(稲盛和夫、日経ビジネス人文庫、2000年)には、「夜なきうどんの屋台」に仕入、商品づくり、値決め、販売方法などの商売のエッセンスが詰まっていると紹介されており、稲盛さんの講話では、実現はしなかったが役員登用試験としてうどんの屋台を1ヶ月まかせ、いくら稼ぐか試したかったという話をなんどもされています。

私は大学の非常勤で「管理会計」の授業を持っていたり、経営者の勉強会で管理会計の基本をレクチャーする機会が多いのですが、そのさい材料につかうのが「うどんの屋台」からヒントを得た「カウンター10席のラーメン店経営」です。

どんなラーメンをいくらの原価で用意し、どんなお客さんにどうアピールして売るのか、そして目的の利益を得るにはどれだけの売上が必要なのか、これを考えてもらいながら固定費や変動費、そして損益分岐点売上高の求め方などを理解してもらっています。

近々、この「ラーメン店シミュレーション」部分の動画をYouTube公開する予定です。

 

 

 


 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

忙しい時の頑張りが利益を生む

金曜日, 7月 29th, 2016

次の損益分岐点の図をよく見てください。

 

損益分岐点

利益は売上から費用(総費用=固定費+変動費)を引いた部分です。
この部分は、損益分岐点を超えた売上となってはじめてプラスになります。

それは、損益分岐点を超えてからの売上が利益を伸ばすということを意味します。

忙しい時に、もう一つ頑張る。これが利益アップの秘訣です。

 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
研修サポート 社長(あなた)の思いは伝わってますか?
「経営者の思いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

///////////////////////////////////////////////////////////

研修サポート 経営に活かす原理原則「経営学百(100)年の智恵」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

作業日報の入力で、給与計算と現場管理(出面表など)ができます!

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

てんやわんやの忙しさこそが利益の源泉

月曜日, 6月 27th, 2016

 先週土曜日、盛和塾札幌のDVD例会があり、その懇親会をお好み焼屋さんで行いました。

 店内はほぼ満席でお店の人達も忙しそうです。
(お好み焼きだと材料を提供するだけでしょうが、コースで料理を頼むとお好み焼きや焼きそばも調理してから運んでくれます。)

 そこで思い出したのが、焼き肉の繁盛店を経営する会長さんの言葉です。
「てんやわんやの忙しさの時が利益を生む時」

 てんやわんやの忙しい時は、確実に損益分岐点を超えた売上であり利益を生んでいます。
一方、普段のお客さんが閑散としているときは、損益分岐点の下、つまり赤字となる売上しかありません。
てんやわんやの忙しい時の頑張りが、普段の時の赤字を埋め、全体を黒字にするもとになるのです。

 一般の会社でも、月次の売上・利益目標に達すると安心してしまう会社が多いと思います。
そういう会社に限って目標に達しない月も多いものです。
このような会社では、赤字の月とちょっとの黒字の月という状態です。
目標に達してからの頑張りが、赤字の補てんをし、全体を黒字にもっていくという意識が必要です。

 そんなことを、今日行われた北海道中小企業家同友会札幌支部の企業変革支援プログラム実践道場で話していました。

 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで20位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
研修サポート 社長(あなた)の思いは伝わってますか?
「経営者の思いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

///////////////////////////////////////////////////////////

研修サポート 経営に活かす原理原則「経営学百(100)年の智恵」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

作業日報の入力で、給与計算と現場管理(出面表など)ができます!

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

経営とは、他人を通して事をなすこと その8

水曜日, 8月 26th, 2015

 昨日、「標準原価計算」と「予算統制」について、
「それまでは、原価は作業の結果かかった分が原価とされました。作業する人ややり方によって原価は違いました。
そうではなく、手順を決め、標準的な作業能率を定め、標準的な原価を定めたのが「標準原価計算」であり、事前に測定されたなんらかの目標の数値と実際の数値との比較と差異分析という「事前計算」という新しい会計技法があらわれたのです。」
と説明しました。

 標準ができたからこそ、現状との比較や差異の分析が可能となったのです。
標準という基準、比べる対象ができたことがポイントです。
PDCAのPができたのです。

 また、昨日、1930年代に「損益分岐点」分析があらわれ、組織面ではコントローラー部門が設置されたと書きました。

 損益分岐点分析を行うためには、費用を固定費と変動費に分ける必要があります。
そうすることで、どれだけの売上があがれば収支トントンになるか、またどれだけの売上でどれだけの利益になるかを計算することが可能になります。

 そして、組織としては、京セラアメーバのコンサルで推奨される「経営管理部」設置に該当する、コントローラー部門が各企業に設置されだしたという時代でした。

(上記の話は、『管理会計の基礎』(溝口一雄 中央経済社 1987年)をもとにしています。)




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

作業日報の入力で、給与計算と現場管理(出面表など)ができます!

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★







皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

変動損益計算書を作ってみる06 固定費と限界利益の関係の図解

火曜日, 3月 4th, 2014

 弊社では、経営指針研究会修了会社を対象にした経営計画研究会(経営者、幹部と共に経営計画を立てる練習をする勉強会)を個別に行っていますが、そのポイントをこのブログにも公開したいと思います。

 昨日は、固定費と限界利益の関係について書きましたが、この関係は図で見ると明らかです。

限界利益と固定費の関係

 売上額に応じて限界利益は増えていきます。(限界利益=売上×限界利益率)

 その限界利益が固定費の額と一致するところが損益分岐点です。(損益分岐点売上高=固定費÷限界利益率)

 そして、固定費を越え限界利益が伸びていったらその分が利益です。(利益=限界利益-固定費)

 であれば、利益を上げるためには次の二つの方法が考えられます。
1.限界利益率を高めること (上の図で限界利益の線の傾きを上げること)
2.固定費を下げること (下げた分だけ利益となります。経費の1円は利益の1円です。)




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

単発の決算書解説コースも始めました。

「実は自社の決算書の内容がよくわからない」そんな声をときどき聞きます。
2時間12,000円(税別)で御社へ訪問し、社長さんや幹部の方にわかりやすく説明します。
なお、対応には限りがありますので、まずは、弊社問合せフォームよりお問合せください
http://www.thinkweb.co.jp/mailform/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで18位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







《株式会社シンクシステムズからのお知らせ》
弊社では20年かけて育てた「労賃・給与計算システム」を昨年(2013年)パッケージ商品としてリニューアルしました。
旧バージョンをお使いのお客さま10件ほどの入替もめどがつきましたので、
パッケージ商品として石狩・後志管内にて先行営業を開始しています。

「労賃・給与計算システム」の特長
・作業日報の入力により給与計算はもちろん、出面表などの現場管理資料も作成できます。
・作業日報つき給与明細は、従業員の方も一目で自分の給与内訳がわかり安心・信頼が生まれます。
・出面表や工事別賃金一覧表は、元請への請求資料の作成に便利です。
・作業員を多く抱える建設・土木業、または現場仕事が多い電気・設備などの工事関連、清掃、警備業などの会社にお勧めです。
・本体価格60万円(税別)。 他にデータセット・初期指導、年間保守(初年度無料)が必要です。

詳細はこちらから http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
または、
「労賃給与」で検索を。

変動損益計算書を作ってみる05 固定費と限界利益の関係

月曜日, 3月 3rd, 2014

 弊社では、経営指針研究会修了会社を対象にした経営計画研究会(経営者、幹部と共に経営計画を立てる練習をする勉強会)を個別に行っていますが、そのポイントをこのブログにも公開したいと思います。

 変動費と限界利益は売上の増減に応じて変動するものであり、変動費+限界利益=売上だという話し、そして、変動費と限界利益はそれぞれを売上で割った変動比率、限界利益率で捉えることが大切だという話をしました。そして、固定費は額で捉えることが大事で、その固定費をまかなう限界利益を残すためには、いくらの売上が必要なのか、これを知ることが大切と、昨日書きました。

 例えば変動比率が70%、限界利益率が30%の商売をしていて、固定費が1億円かかったとすると、限界利益で1億残すことができなければ赤字になります。
1億の限界利益をのこすためには、それを限界利益率の30%で割った333,333,334円の売上が必要です。これを損益分岐点と呼びます。

 損益分岐点売上高 = 固定費 ÷ 限界利益率

 そうして3億4千万の売上をし、今度はその売上の1割相当の3千4百万の利益を得ようと考えるのでであれば、

 目標売上高 = (固定費 + 目標利益) ÷ 限界利益率 の算式にあてはめ、

 目標売上高 = (100,000,000 + 34,000,000) ÷ 0.3  という式となり、
446,666,667円の売上が必要となります。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

単発の決算書解説コースも始めました。

「実は自社の決算書の内容がよくわからない」そんな声をときどき聞きます。
2時間12,000円(税別)で御社へ訪問し、社長さんや幹部の方にわかりやすく説明します。
なお、対応には限りがありますので、まずは、弊社問合せフォームよりお問合せください
http://www.thinkweb.co.jp/mailform/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで18位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







《株式会社シンクシステムズからのお知らせ》
弊社では20年かけて育てた「労賃・給与計算システム」を昨年(2013年)パッケージ商品としてリニューアルしました。
旧バージョンをお使いのお客さま10件ほどの入替もめどがつきましたので、
パッケージ商品として石狩・後志管内にて先行営業を開始しています。

「労賃・給与計算システム」の特長
・作業日報の入力により給与計算はもちろん、出面表などの現場管理資料も作成できます。
・作業日報つき給与明細は、従業員の方も一目で自分の給与内訳がわかり安心・信頼が生まれます。
・出面表や工事別賃金一覧表は、元請への請求資料の作成に便利です。
・作業員を多く抱える建設・土木業、または現場仕事が多い電気・設備などの工事関連、清掃、警備業などの会社にお勧めです。
・本体価格60万円(税別)。 他にデータセット・初期指導、年間保守(初年度無料)が必要です。

詳細はこちらから http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
または、
「労賃給与」で検索を。

会計がわからんで経営ができるか 7.損益分岐点

日曜日, 10月 7th, 2012

小樽商科大学大学院博士課程での学びを実際の仕事で使える形でお伝えする、研究報告会「経営に役立つ経営学の話」を毎月開いていていますが、先般、14回目が終了し、8回目から7回続いたシリーズ「会計がわからんで経営ができるか」が終わりました。
今週は、この「会計がわからんで経営ができるか」のエッセンスをご紹介します。


7.損益分岐点

 前回、費用は売上の増減に応じて増減する変動費と売上には関係なく一定な固定費があると説明しました。
変動費の売上に応じて変わる率を変動比率といいます。また、1 - 変動比率 を限界利益率と呼びます。

売上 - 費用 = 利益

の式において、費用は固定費と変動費にわかれますから、

売上 - 変動費 - 固定費 =利益

とあり、変動費は売上×変動比率ですから、

売上 - 売上×変動比率 - 固定費 = 利益

となります。

この式は次のように書き直すことができます。

売上 = (固定費 + 利益) / (1 - 変動比率)

さきほど書いたように、1 - 変動比率 は、限界利益率ですので、

売上 = (固定費 + 利益) / 限界利益率

となります。


上記の式で、利益がゼロ、つまり、売上と費用がとんとんとなるところを損益分岐点といい、

損益分岐点売上高 = 固定費 / 限界利益

と書けますし、目標利益を達成するための売上高は、

目標利益達成売上高 = (固定費 + 目標利益) / 限界利益

となります。




皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで17位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

あらためて利益について 8.損益分岐点3

月曜日, 2月 6th, 2012

 もう一度、限界利益を使った損益分岐点の図をみてみます。

限界利益と損益分岐点

 限界利益 = 売上 ― 変動費 です。
自社の変動費が正確にいくらなのかは、考え出すとキリがありませんので、大雑把に考えます。

前にも書きましたが、損益計算書をみて、売上がゼロでもかかる金額を考え、それの合計が固定費。
その損益計算書の経費合計から固定費を引いたものが変動費です。
売上が上がると増える費用ですから、製造業でなければ売上原価プラスアルファ程度に考えても良いと思います。

?

 例えば店主一人がやっているラーメン店であれば、麺やスープなどの食材費とガス代程度と考えて良いでしょう。
売上があってもなくっても店の家賃や照明や冷蔵庫の電気代はかかりますね。
(店主の給与もここでは固定費と考えましょう)

 ごくごく簡単にラーメン1杯700円、変動費300円とします。
ラーメン一杯の限界利益は、売上700円 - 変動費300円 で、400円です。

 ラーメン店の1ヶ月の固定費が150万円だとすると、1日あたりの固定費は5万円ほどです。
ラーメンを何杯売れば固定費をまかなえるのか。

 1日の固定費 50,000円 ÷ ラーメン一杯の限界利益 400円 = 125杯

 毎日最低125杯売らないとと赤字になりますが、それを超えての売上は利益となります。

?

 今日はお客さんが多く200杯売れました。さて、利益はいくらでしょう。
そして、店をしめようとしたら、ラーメン1杯500円にしてくれたら10名で食べに行くとの電話がありました。
あなたが店主ならこの申し出をうけますか?

?

?

?

?

?

 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで20位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

あらためて利益について 7.損益分岐点2

日曜日, 2月 5th, 2012

 2月3日の「あらためて利益について 6.損益分岐点について」では、損益分岐点と限界利益の関係のグラフを紹介しました。

限界利益と損益分岐点

 限界利益 = 売上 ― 変動費 ですから、このグラフは次のようにもかけます。

損益分岐点

 損益とは売上が総費用(固定費+変動費)と一致する点で、利益・損失がトントンとなる点です。
損益分岐点より左側は売上より総費用が大きいので、その差が損失となり、
損益分岐点より右側は総費用より売上が大きくなるので、その差が利益となります。

 損益分岐点を式で表すと次のようになります。

損益分岐点 = 変動費 + 固定費
変動費は売上に応じて変わりますので、変動比率を使い売上×変動比率で置き換えます。

損益分岐点 = 売上 × 変動比率 + 固定費

この式を変形すると、次のようになり、自社の損益分岐点を求めることができます。

損益分岐点 = 固定費 / (1 − 変動比率)

?

 自社の固定費、変動比率の求め方は、
固定費 損益計算書を眺め売上がゼロだとしてもかかる費用を推計する。
変動比率 その損益計算書の経費合計より固定費を引き(これが変動費)、それをその時の売上で割る。

?

 目標利益を得るために必要な売上高(目標売上)は次の式で求めることができます。

目標売上 = (固定費 + 目標利益) / (1 − 変動比率)

?

 実際に自社の数字に置き換えてみてください。

?

?

 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで20位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。