‘当期純利益’ タグのついている投稿

会社のお金はどこから生まれるのか

2019年9月3日 火曜日

昨日、
「例え会社のお金でも、無駄なこと、工夫すれば安く済むことに対して、必要以上のお金を使うことがもったいないと思う気持ちを皆が持つことが必要なのだと思います」
と書きました。

この話は、
1.会社のお金はどこから生まれるのか?
2.もったいないと思う気持ちとはどんなものか?
という二つの話に別れます。

今日の話は、まず1の「会社のお金はどこから生まれるのか?」についてです。

貸借対照表の右側が会社のお金の出所を表します。
それは負債と純資産からなり、負債とは人から借りたお金で返済の必要があり、純資産は簡単にいえば資本金と今までの利益の蓄積です。
借りたお金であれば返さなければなりませんし、資本金は中小企業であればそうそう増やすわけにもいきません。
となると使えるお金の出所は毎年の利益の蓄積ということになり、これは毎年の損益計算書の一番最後にある当期純利益がもとになります。

つまり、会社の使えるお金は、勝手に金庫や銀行口座に入っているものではなく、一生懸命に営業をして売上をあげ、経費を抑えて出した利益がもとになっているのです。

このように考えると会社の皆で造り出したお金ですから、昨日書いたように自分のポケットが膨らむような使い方はもちろん、何も考えずに高い買い物をすることも慎む必要があります。

 


 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

あらためて利益について 前半のまとめ

2012年2月4日 土曜日

 会社に関わる人たちが、安心して将来展望を描くためいは、しっかりした経営が何よりも求められます。そのしっかりした経営は、貸借対照表によって表されます。資産は多く、負債は小さく、純資産は多く、そのような貸借対照表です。
貸借対照表比較

 立派な貸借対照表を作る方法は、毎期毎期利益をあげ、純資産を増やすことです。
利益というのは経営の結果として出れば良いというものではなく、目標の利益を定めその利益を得るために経営するべきものです。

?

 損益計算書には、
1.売上総利益(粗利益) 売上 ― 売上原価
2.営業利益 売上総利益 ― 販売費及び一般管理費
3.経常利益 営業利益 + 営業外収益 ― 営業外費用
4.税引前当期利益 経常利益 + 特別利益 ― 特別損失
5.当期純利益 税引前当期利益 ― 法人税、住民税及び事業税
という利益が表示されています。

 これを5番からみて逆算していけば必要な売上目標が得られます。
まず、必要な当期純利益の額(または売上に対する目標利益率)を決める。法人税、住民税及び事業税は定率、定額なので税引前当期利益が計算できます。
めったにおこらない特別利益、特別損失は予定できるもの以外は考慮せず、本業以外の営業外収益、営業外費用は予定できるもの以外は前年並みに考え、これで経常利益、営業利益が求まります。
販売費及び一般管理費については、例えば水道光熱費を水道代、電気代、ガス代と分けるように、領収書ベースくらいに細分化し、節約の余地がないか検討のうえ、各経費の予算を決めます。
(各経費科目の総勘定元帳を月別に見たり、実際の領収書を確認します。)
これにより必要な売上総利益(粗利)が決まります。

?

 必要な売上総利益を得るためには、売上と売上原価をどうするかという話になりますが、その時に参考になるのが、固定費、変動費、限界利益、損益分岐点などの考え方です。
損益計算書は財務会計(税務署や外部に報告するための会計)のためのもので、そこにはこれらの言葉は出てきません。これらは管理会計(経営を行うのに必要な数字を管理する会計)で使われてる言葉です。

 損益計算書の経費科目には、売上に応じて増える部分と、売上の増減にかかわらない部分とがあります。
売上に応じて変動する金額を変動費、売上の増減に関係しない金額を固定費と呼びます。

 変動費、固定費を厳密に計算するのは大変ですが、えいやっと判断する方法として次の方法があります。
損益計算書の経費科目を見て、売上がゼロのとき、それらの科目の残高がいくらになるのかを大まかに判断します。この金額のトータルが固定費です。
そして、現状の科目残高の合計から上で求めた固定費を引いたのが変動費です。

 ここで、
費用 = 固定費 + 変動費
売上 = 固定費 + 変動費 + 利益
という式が成り立ちます。

 また、売上における変動費の割合を変動比率、売上における固定費の割合を固定比率といいます。
変動比率 = 変動費 ÷ 売上 × 100
固定比率 = 固定費 ÷ 売上 × 100

 さらに、売上から変動費を引いた金額を限界利益といいます。
限界利益 = 売上 ― 変動費

 図にするとこのようになります。

売上、変動費、固定費、限界利益の関係

 費用は変動費と固定費であること、限界利益は固定費と利益であることを確認ください。
利益は売上から費用を引いたものです。利益をあげるには、売上を最大にし、経費を最小にすることを目標にすることです。

?

?

 今週の「あらためて利益について」は、一週間では話が足りませんでした。損益分岐点など残りの話はもう一週間かけてします。

?

?

 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで21位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。