Posts Tagged ‘小樽商科大学’

世の中の変化

木曜日, 6月 24th, 2021

母校である小樽商科大学で行われている、OB・OGが講師として在学生に講義をする「エバーグリーン講座」のお手伝いを始めて10年以上経ちますが、OBなどから昔の話を伺うと大きな変化を感じます。

それは大学だけが変化しているのではなく、世の中全体も変化しているからなだと思います。
例えば、小樽市の人口は最盛期は20万人を越し、私が小学校の社会科で勉強した時でも19万人ほどでしたが、現在は11万人を割りそうなところまで減っています。

人口の変化といえば、先日は室蘭の話を聞きましたが、こちらは最盛期16万人を超す人口が現在9万人を割った状態とのことですし、釧路の人口が帯広を下回ったというニュースも最近聞きました。旭川や函館でも人口は減っています。

冒頭の小樽商大の話に戻すと、札幌から通学する学生の割合が7割ほど、女子学生の比率が4割ほどと、どちらも昔に比べると大幅に増加しています。それは札樽間の交通の便が良くなったことも一因かと思いますが、この話はまた明日。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

現在の仕事のスタートライン

水曜日, 5月 12th, 2021

小学校の卒業文集に、将来なりたい職業として、小説家か薬剤師と書いたことを覚えています。これにはたぶん星新一を始めとしたSFショートショートを読み始めていたのが影響しているのだと思います。SF的な科学的な職業として身近にあって頭に浮かんだのが薬剤師だったのでしょう。まだコンピュータは身近なものではなく、電卓がやっと世に出回り始めたころでした。

高校3年生ころにTK-80というワンボードマイコンが発売されましたが、そういうことを知っているということは、既にコンピュータに興味を持っていたのでしょう。しかし、高校生には高価なもので手にすることはできませんでした。自然、大学ではコンピュータを使いたい、勉強したいという気持ちが湧いていたように思います。

ただ、ここ数日のブログに書いたように勉強した時期は小学校5・6年、中学校3年であって、高校時代はほとんど勉強らしいことはしておらず、当然それなりの成績で大学受験の選択肢はそう広くはありませんでした。さらに私の代から共通一次試験が始まり、特に点数の悪かった理科や社会の成績も合否判断対象となる状況でした。実際に共通一次試験の理科(物理と化学を選択)と社会(倫理社会と政経を選択)の成績は想像以上にひどい結果でした。数学、英語、国語は悪くない成績でしたが、これはたぶん中学3年の時の積み重ねが効いていたのだと思います。

結局、東京の私立理系数校と小樽商大を受験し小樽商大に入学しました。小樽商大では1年生の成績が2年生からの学科選考に影響しますが、たぶんぎりぎりの成績でコンピュータを思いっきり使うことができる管理科学科に進むことができ、3年生からのゼミの縁で、プログラマーとしてのアルバイトが始まり、それが現在の仕事に続いています。

こう振り返ってみると、小学校の5年生くらいから読み始めたSFの文庫本(星新一、小松左京、筒井康隆など、ジャンルを拡げてその後も文庫本を読み漁っていたように思います)が、現在の仕事につなっがているのだなぁと改めて思います。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

アンテナを磨く

木曜日, 3月 11th, 2021

私の母校である小樽商科大学では卒業生が在校生に自身の生き方や仕事について語る「エバーグリーン講座」を正式な単位のでる科目として毎年開講しています。私はその実行委員長をしており、毎年開講時に挨拶をしますが、その時には次のような思いを伝えようとしています。

毎年十数人の講師の話を聞けるが、学生の皆さんに今すぐ役に立つ話は少ないかもしれないし、すぐには理解できない話もあるかもしれない。しかし、卒業し何年か何十年たったときに、あの時エバーグリーンであの講師の言っていたことはなるほどこのことだったのか!と思うことがきっとあると思います。そのような思いを経験するためにも、各講師の講義を良く聞いて、将来自分のためになりそうな言葉を感じ取るアンテナを磨いてほしいと思います。そして、そのようにして生きてきた人生がどのようなものであったのか、またここへ戻ってきて、今度は講師として在校生へ語ってもらいたいと思います。

本日はエバーグリーン講座の本年度の反省会が予定されています。30年を越す歴史の中で初めて経験する新型コロナ禍対応で、オンライン授業などの新しい経験もあり、次年度へ向けて新たな手ごたえも感じたところです。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

一度しかない人生だから

火曜日, 2月 5th, 2019

私の母校(今も博士後期課程に籍がありすが)小樽商科大学では、同窓会の「緑丘会」の全面的な協力のもと、現役学生の人生進路の参考になるよう卒業生が自分の人生を語るエバーグリーン講座を開講しています。これは30年前から始まり、現在は単位の出る正式な科目として位置づけられています。

昨日(2019年2月4日)の北海道新聞朝刊11面の教育面にて、エバーグリーン講座30周年記念誌が取り上げられ、エバーグリーン講座実行委員長として私のコメントも掲載されました。

人生は一回限りで、もう一度最初からやり直すわけにはいきません。
では、その一回限りの人生をどうしたら有効に生きることができるか?
そのためには、他人の人生を参考にすることが有効でしょう。

二十歳前後に、いろいろな世代の方のさまざまな人生経験に触れることは、その後の人生の大きなヒントになるものと確信しています。

  

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

友好は庶民の相互理解から

木曜日, 10月 25th, 2018

小樽商科大学では卒業生が自分の人生を在学生に語る「エバーグリーン講座」を開講しすでに30年を経過しています。私はその運営のお手伝いをしていますが、昨日、今年度の3講目の講義を受講してきました。

昨日の講師の方は第2次世界大戦終戦時満州にいて、ソ連が参戦してきたため母と妹と小学1年生だった本人3人で逃げている時に抗日パルチザンに襲われ、妹が亡くなり母が腕に怪我を負ったというお話がありました。また、お父さんは兵隊となり戦死されたとのことで、学生からも戦争をリアルに感じたという感想のでるお話が導入部分の講義でした。

その後、元使用人だった中国人のお世話を受け中国で暮らし、数年後日本に戻り大学ではまた中国語を学び、その後、中国や北朝鮮などとの貿易の仕事につき、現在は中国語の全国通訳案内士をされているとのことでした。

お話から、やはり国と国との交流も、その初めには人と人との交流があり、これが基本だと感じたところです。また、お話をうかがっていて頭に浮かんだのはNHKドラマになった山崎豊子の「大地の子」ですが、講師も学生にその一読を進めており、学生の感想にもその作品に触れたものがありました。

他人の人生を自分の人生の参考にする、これは大事だと改めて思います。

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

学術は長く、人生は短い

火曜日, 1月 2nd, 2018

 小樽商科大学の図書館入口には、Ars longaという言葉が左側に、 vīta brevisという言葉が右に書かれており、Ars longa, vīta brevis.とはラテン語で一般に「芸術は長く、人生は短い」と訳されている言葉ですが、これはギリシャのヒポクラテスの言葉とされ、「医術は長く、人生は短い」という意味で語られたといわれており、それを小樽商大では代々「学術は長く、人生は短い」といっています。

 時々、天体観測をしその規則性を理解するのにどれくらいの年月がかかったのだろうと思うのです。最低でも1年の単位で巡っており、時には何十年に一度という動きもある。
何千年か前には夜ずーっと空を眺めている人がいて、その人の衣食住は周りの人によって支えられていたのかな、などと思うのです。

 今、私はどうしたら中小企業、それも小規模企業とよばれる小さな会社の業績が良くなるのか、それを経験則ではなく、学術的に論じることによって、今まで学問の世界でほとんどとりあげてこられなかった小規模企業業績向上のための研究を進める一歩となるようにと研究をしているところです。

 将来、小規模企業研究に最初に取り組んだ人はどんなんだったんだろうと考えてくれる人が出てくるでしょうか。

 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで19位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

社長(あなた)の思いは伝わってますか?
研修サポート 「経営者の想いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

————————————————————————

社長(あなた)が悩んでいることは、すでに先人が考え抜いたことかもしれません。
研修サポート 「経営に活かす原理原則『経営学百(100)年の智恵』」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
————————————————————————

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
作業日報の入力で、現場人工管理と給与計算両方ができます。
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php

————————————————————————

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

小樽商科大学エバーグリーン講座

水曜日, 9月 27th, 2017

 小樽商科大学エバーグリーン講座とは、小樽商大の同窓会である緑丘会の全面的な支援のもと、実社会で活躍する幅広い世代の卒業生を特別講師として迎え、人生の先輩として自らの経験を語ることにより、現役学生に卒業後のビジョンや学生時代になすべきことのヒントを与える連続講義であり、単位認定される正式な科目となっています。

 昭和62年に始まり、昨年度が30年目、今年度は30周年行事が予定されています。これまでに延べ350名以上の講師、受講生の数も6000名を超えています。今年度も300名を超す受講生が予定されています。

 私はエバーグリーン実行委員会の委員長としてその運営のお手伝いをさせていただいています。今日が平成29年度のエバーグリーン講座1講目でオリエンテーションを行いますが、そこで実行委員からの挨拶をしてくる予定です。

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで18位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

社長(あなた)の思いは伝わってますか?
研修サポート 「経営者の想いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

————————————————————————

社長(あなた)が悩んでいることは、すでに先人が考え抜いたことかもしれません。
研修サポート 「経営に活かす原理原則『経営学百(100)年の智恵』」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
————————————————————————

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
作業日報の入力で、現場人工管理と給与計算両方ができます。
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php

————————————————————————

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

Twitterの効果

水曜日, 12月 7th, 2016

 ピコ太郎の「PPAP(ペンパイナポーアッポーペン)」はTwitterでジャスティン・ビーバーさんにツイートしてもらったことにより、爆発的にyoutubeの視聴回数が増えたということでしたが、昨日書いた、私の書いた「ウォーターフォールモデルの起源に関する考察:ウォーターフォールに関する誤解を解く」が、小樽商科大学の学術成果コレクション「バレル」で閲覧回数のランキングトップに立ったのも、やはりTwitterのおかげでした。

 コンピュータ関連などの技術書の翻訳などされていて、東京工業大学の特任講師もされている方が、私の論文を取り上げて「素晴らしい」とコメントしていただき、それをきっかけに数人の方に取り上げてもらっていたようです。

 ただ、ピコ太郎さんもそうなんでしょうが、ゼロの状態からそれが起きたわけではなく、ある程度、世に出ていた(過去に若干でも取り上げられていた)ということがあって、今回のことにつながっています。

 Twitterでの影響の広まり方は、論文の研究テーマになりそうです。

 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで17位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

社長(あなた)の思いは伝わってますか?
研修サポート 「経営者の思いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

————————————————————————

研修サポート 「経営に活かす原理原則『経営学百(100)年の智恵』」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
作業日報の入力で、給与計算と現場管理(出面表など)ができます!

————————————————————————

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
作業日報の入力で、現場人工管理と給与計算両方ができます。
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php

————————————————————————

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

参照回数が1位になりました。

火曜日, 12月 6th, 2016

 小樽商科大学の学術成果コレクション「バレル」
https://barrel.repo.nii.ac.jp/
ここは小樽商科大学の関係者が執筆した論文などを参照、ダウンロードできるサイトですが、ここの参照回数のベスト10表示の第1位に、私が2013年に書いた「ウォーターフォールモデルの起源に関する考察:ウォーターフォールに関する誤解を解く」がなりました。

 現在の参照回数は644回。
このバレルは今年の初めサイトがリニューアルし、参照回数はそこからの累計です。
なお、ダウンロード回数は538回で、こちらはランキング9位です。

 最近、ツイッターでこの論文がツイート、リツイートとされて広まったためかと思います。

 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで18位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

社長(あなた)の思いは伝わってますか?
研修サポート 「経営者の思いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

————————————————————————

研修サポート 「経営に活かす原理原則『経営学百(100)年の智恵』」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
作業日報の入力で、給与計算と現場管理(出面表など)ができます!

————————————————————————

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
作業日報の入力で、現場人工管理と給与計算両方ができます。
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php

————————————————————————

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

仕事の報酬とは何か2

金曜日, 1月 29th, 2016

 最近、田坂広志さんのお名前を耳にする機会が多くあり、昨日、過去記事から田坂さん関連の記事を紹介しました。
今日も田坂さん関連の過去記事紹介です。

 今日は、2013年1月27日の「仕事の報酬とは何か」を再掲します。

 小樽商科大学出身で現在、東京大学大学院教授である高橋伸夫先生は「虚妄の成果主義」(ちくま文庫 2010年 740円+税)の文庫版への補論で「仕事の報酬は次の仕事」といっています。

 報酬としての次の仕事は今の仕事よりより大きな仕事を。大きな仕事とは、より大きな成果がだせるような大きな予算がついた仕事、また、より多くの部下を使うべく昇進を伴った仕事です。

 つまらないどうでも良い仕事から始まり、仕事の様子をみながら、どの仕事なら任せられるかを見極めていく、そんな様子が書かれています。

 一方、ずばり「仕事の報酬とは何か」(PHP文庫 2008年 476円+税)というタイトルの本も出されている田坂広志さんは、仕事の報酬を次の4段階ととらえています。

・仕事の報酬は給料である
・仕事の報酬は能力である
・仕事の報酬は仕事である
・仕事の報酬は成長である

 給料は説明不要ですが、仕事をすると今までできなかったことができるようになる、つまり「能力」が身につく。またそうなれば、今までさせてもらえ てなかった「仕事」をさせてもらえる。給料や仕事は無くなるかもしれないが、このように「成長」してきたという過程は決して失われることのない報酬であ る、と田坂さんは説明します。
(「仕事の思想」(PHP文庫 2003年 533円+税)より)




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
研修サポート 経営に活かす原理原則「経営学100年の智恵」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

作業日報の入力で、給与計算と現場管理(出面表など)ができます!

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★







皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

—————————————————————————————————————
小樽商科大学学術成果コレクションBarrel 無料ダウンロードできる拙論
—————————————————————————————————————

「ウォーターフォールモデルの起源に関する考察 ウォーターフォールに関する誤解を解く」
小椋, 俊秀 (2013-07-31)
商学討究, 64(1): 105-135

「日本の中小企業における経営理念と経営計画の実態と業績に関する実証分析」
小椋, 俊秀 (2014-08-18)
商学討究, 65(1): 137-163

—————————————————————————————————————