‘宮本武蔵’ タグのついている投稿

鍛錬 千日3年、万日30年

2018年1月5日 金曜日

 以前にも書きましたが、宮本武蔵は「五輪書」に「千日の稽古をもって鍛とし、万日の稽古をもって錬とす」と書いたそうです。千日だと3年弱、万日だと30年弱。

 3年の鍛は、一通り覚えできるようになったというレベルでしょうか。
30年の錬は、その道のベテランというレベルでしょう。

 自分自身を振り返ると、経営とコンピュータという分野に足を踏み入れて約40年。
他人に教えるということを始めて約30年。

 鍛錬を成すにも、まずは1日目から。
そして、誰もが毎日少しずつ積み上げていくしか方法はなく、
鍛錬を成すには、ひたすら続けて積み上げていくしかありません。

 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで20位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

社長(あなた)の思いは伝わってますか?
研修サポート 「経営者の想いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

————————————————————————

社長(あなた)が悩んでいることは、すでに先人が考え抜いたことかもしれません。
研修サポート 「経営に活かす原理原則『経営学百(100)年の智恵』」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
————————————————————————

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
作業日報の入力で、現場人工管理と給与計算両方ができます。
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php

————————————————————————

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

10000時間の法則

2014年6月22日 日曜日

 昨日、「千日(せんじつ)の稽古を鍛とし、万日(まんじつ)の稽古を錬とす」という宮本武蔵の言葉を紹介しましたが、10000(一万)時間の法則というものがあるそうです。
何かの分野で一流になるには10000時間をそれにあてることが必要だというものです。

 3年で約1000日ですから、1日10時間で3年ほどです。
なるほどと思うことがあります。大学院博士後期課程は3年の期間が標準です。
3年で博士になるにはやはり毎日10時間くらい費やすくらいのことが必要かと思います。

 私の場合は3年ではなく5年の長期履修で、かつ仕事上やそれに関係する経験(過去の時間)を利用し、また研究結果を仕事に活かすことにより、なんとか仕事との両立をはかっています。




皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで11位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







経営計画研究会のご案内
http://www.thinkweb.co.jp/documents/keieikeikaku.pdf
労賃・給与計算システムのご案内
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
2014年6月26日第35回研究報告会のご案内
http://www.thinkweb.co.jp/misc/140626seminar.php
弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

積み重ね

2014年6月21日 土曜日

 コツコツやることについて書いてますが、限りのある時間を削ってそれに注ぎ込むという積み重ねは、価値のあるものです。

 以前紹介しましたが、宮本武蔵の五輪書に
「千日(せんじつ)の稽古を鍛とし、万日(まんじつ)の稽古を錬とす」
という記述があるそうです。
意味として、千日の稽古で技を習得し、万日の稽古でその技を練り上げるということで、これからすると、鍛には技の習得、錬には技を練り上げるという意味があるようです。

 千日は約3年、万日は27年ちょっと。

 石の上にも3年とはよくいったものだと思いますし、名人・達人の域に達するには約30年続けることが必要ですね。
ちなみに、このブログ「儲けの秘訣を伝授します」は2009年1月5日より毎日更新してますので、現時点で約2000回の積み重ねです。




皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで11位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







経営計画研究会のご案内
http://www.thinkweb.co.jp/documents/keieikeikaku.pdf
労賃・給与計算システムのご案内
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
2014年6月26日第35回研究報告会のご案内
http://www.thinkweb.co.jp/misc/140626seminar.php
弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

日本一世界一 一生懸命打ち込む

2013年2月6日 水曜日

 昨日「人として何が正しいか、人間どう生きるべきか、人として正しい考え方を身につけることが人生の原理原則であり、これを身につけることが日本一世界一への道だと思います。」と書きました。

 では、どのようにして人生の原理原則である人として正しい考え方を身につけることができるでしょうか?

 暴れん坊だった宮本武蔵が剣の修行に打ち込むことによって人格が高まったように、また、千日回峰行など修行するお坊さんや、仕事一筋何十年という人達も「正しい考え方」が自然と身に付き、人格が高まっていくように思います。

 人生をかけて目の前のことに一生懸命に打ち込む、このことが正しい考え方を育て、人生の原理原則を呼び込むのではないかと思います。




励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで20位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

継続するということ 3.続けることの偉大さ

2012年8月15日 水曜日

 「継続は力なり」といいます。本当にその通りで、例えば「1」をずっと続けていればその力は「1」かける続けた日数ではなく、ある時点で継続の力がひとつ上のステージに上がります。

 「鍛錬」という言葉がありますが、宮本武蔵は五輪書で、千回の稽古を鍛とし、万回の稽古を錬とするといっていますが、まずは千回繰り返せば、それは「1」かける千の力ではなく、それをはるかに超える力に化けてくるでしょう。
まず、3年続けることです。そうすれば必ずその力は化けてきます。

 実例はこのブログです。2009年1月5日から始めたこのブログですが、毎日更新して今年の1月で丸3年経ちました。3年前の私と今ではだいぶ変わってきています。

?

?

?

 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで20位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

継続するということ

2012年1月14日 土曜日

 「鍛錬」という言葉がありますが、宮本武蔵の五輪書に「千日(せんじつ)の稽古を鍛とし、万日(まんじつ)の稽古を錬とす」という記述があるそうです。意味は、千日の稽古で技を習得し、万日の稽古でその技を練り上げるということで、これからすると、鍛には技の習得、錬には技を練り上げるという意味があるようです。

 この「鍛錬」のように毎日繰り返すことを「習慣」といいます。どのような「習慣」を持つかで人生が決まるといって良いでしょう。
ドラッカーも、ドラッカーが尊敬した渋沢栄一も「良い習慣を身につけ、悪い習慣を捨てよ」といっていますし、人生の原理原則にもとづいた成功の原則を解き明かスティーブン・コビィー博士の「7つの習慣」は世界の大ベストセラーとなっています。

 このように大事なことでありながら、なかなか新しいことは習慣として身につきません。「千里の道も一歩から」というように、「習慣」は毎日コツコツ積み上げることが必要で、すぐに結果がでるものではありません。しかしながら、当の本人は結果をすぐに求めるため、続かなくなるのです。

 私の場合、この毎日更新しているブログは開始から3年が経ち、千回の鍛をなしました。また、大学在学中から始めたプログラムやシステム開発などの仕組みづくりという職業は30年続き万日がたち錬をなしました。25年ほど続いた喫煙という習慣を捨てて6年、ジョギングやそれに伴い筋トレなどの運動をしはじめて5年など、性格がしつこいのか、わりと習慣が根付いてきています。

 「はじめの一歩」という漫画がありますが、習慣を身につけるには、まず、最初の一歩を踏み出すことが必要です。
19世紀のスイスの哲学者アミエルは「アミエルの日記」にこう記しています。

意識が変われば、行動が変わる
行動が変われば、習慣が変わる
習慣が変われば、性格が変わる
性格が変われば、人生が変わる

意識を変え、最初の一歩を踏み出すという行動をおこし、それが習慣になれば性格がかわり、人生・運命がかわってくるというものです。習慣が身に付いた人には、「時は流れない、積み重なるのだ」という漫画「上がってなンボ!泣くな太一」の中のセリフがぴったりあいます。

 3年ほど前からほぼ毎日大谷地神社に参拝していますが、その時や自宅や会社の神棚にむかって祈りの言葉を毎日唱えています。その祈りの言葉の内容は、スリランカ初期仏教長老アルボムッレ・スマナサーラさんが著書「現代人のための瞑想法」で紹介した「慈悲の瞑想」を自分なりにアレンジしたものです。

 最後に、その「慈悲の瞑想」の本文をご紹介します。

慈悲の瞑想

私は幸せでありますように
私の悩み苦しみがなくなりますように
私の願い事ごとがかなえられますように
私に悟りの光があらわれますように
私は幸せでありますように(3回繰り返し)

私の親しい人々が幸せでありますように
私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように
私の親しい人々の願い事ごとがかなえられますように
私の親しい人々にも悟りの光があらわれますように
私の親しい人々が幸せでありますように(3回繰り返し)

生きとし生けるものが幸せでありますように
生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように
生きとし生けるものの願い事ごとがかなえられますように
生きとし生けるものにも悟りの光があらわれますように
生きとし生けるものが幸せでありますように(3回繰り返し)

私の嫌いな人々も幸せでありますように
私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々の願い事ごとがかなえられますように
私の嫌いな人々にも悟りの光があらわれますように

私を嫌っている人々も幸せでありますように
私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように
私を嫌っている人々の願い事ごとがかなえられますように
私を嫌っている人々にも悟りの光があらわれますように

生きとし生けるものが幸せでありますように(3回繰り返し)

?

?

?

 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで20位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

継続するということ 1.鍛錬

2012年1月8日 日曜日

 以前から何度かこのブログで「鍛錬」という言葉を次のように紹介してきました。
「千回繰り返すのが鍛、一万回繰り返すのが錬」

 このブログも2009年1月5日から始めて、年明けの1月4日で丸三年となりました。
毎日更新していますから365×3=1095、そして今日は8日ですからそれから4日、1095+4=1099回続いたことになります。

 「鍛錬」の「鍛」を成したということになります。

 この「鍛錬」ですが、調べてみると、宮本武蔵の五輪書に
「千日(せんじつ)の稽古を鍛とし、万日(まんじつ)の稽古を錬とす」
という記述があるそうです。意味として、千日の稽古で技を習得し、万日の稽古でその技を練り上げるということで、これからすると、鍛には技の習得、錬には技を練り上げるという意味があるようです。

 3年間毎日やっていれば体が覚えてしまい、忘れた頃や突然の時でも反応できるということは経験的に理解できるものです。それが習得するということでしょう。また、万日、30年間繰り返せば、その技は練り上げたものとなります。

 しかし、技が練り上げられただけであれば、それは技量が優れていることにはなりますが、それだけは名人・達人と呼ばれる人にはならないと、京セラ創業者の稲盛和夫さんは語ってます。優れた技量に、高い人間性が加わって初めて名人・達人と呼ばれるのであって、それが一芸に秀でれば万般に通じるということだと語っています。

 私の場合、ブログは千日ですが、大学在学中の20歳のときからプログラムやシステムの仕組みづくりの仕事を始めているので、この仕組みづくりという仕事は30年、一万日以上やってきたことになります。
心を高めて、仕組みづくりの名人・達人と呼ばれる人になりたいものです。

?

?

?

?

?

 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで22位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)