Posts Tagged ‘境野勝悟’

5年前の陽明学

金曜日, 8月 14th, 2020

5年前の今日、フェイスブックにこんなことを書いていました。

「漢の時代は「四書五経」儒教が国教で、他の思想は異教とされた。唐の時代に仏教が入ってくると、これは中国で禅となり、仏教の禅と古代から異教と敬遠された道教は同じ考え方であった。道教と仏教の禅が、ガーッと唐の時代に出てきたので、皆がそちらへ流れ、結果、何を説いても、儒教か道教か禅かわからなくなった。そうした中、最初に禅を勉強していた朱子が四書五経を勉強し、儒教を体系化し、ふたたび国教にのしあげた。王陽明は逆で、青年期に儒教を学び、その後、禅を学び始める。」
(以上、境野 勝悟 『陽明学と禅のこころ』より)

「終りを慎み、遠きを追えば、民の徳・厚(あつき)に帰す」(論語)
「人間は堕落すると必ず刹那的にあるものであるが、少し本気になって自覚が出来てくると、必ず現在の時点に於て過去を回復し、未来を考えるようになる。現在は無限の過去の蓄積によってえるものであって、これに根ざさなければ未来というものはない。現在は過去の終りであると共に、未来のはじまりであります。」
(以上、安岡 正篤 『人生と陽明学』)

投稿した場所は帯広なので、行きのJRで読んでたらしい。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック →  本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで12位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。