‘加藤明彦’ タグのついている投稿

中小企業家同友会全国協議会 第49回定時総会 in 愛知 3

2017年7月9日 日曜日

 引き続き、名古屋で7月6日7日に行われた中小企業家同友会全国協議会主催の第49回定時総会からの話です。

 昨日は、同友会の「労使見解」より、
「なによりも実際の仕事を遂行する労働者の生活を保障するとともに、高い志気のもとに、労働者の自発性が発揮される状態を企業内に確立する努力が決定的に重要です。」
という記述を紹介しました。

 「労使見解」とは労働者と使用者の関係についての見解ですから、従業員がいることが大前提となります。

 一方、最近の同友会には一人で仕事をされている方の加入が増えています。

 これは第三者から聞いた話ですが、土屋ホームの土屋公三さんが前職を辞めたあと、北海道中小企業家同友会の事務局を訪ね、中小企業向けの経営指導などを行いたいと言ったところ、当時の事務局長、後の専務理事である大久保尚孝さんに、「まず30人の会社を作ってから来てください」と言われたそうです。

 私自身も、経営指針員会の北海道の委員長をされていた当時の柏崎さんに、(経営を語るなら)まずは30人くらいの会社を作ってからという意味の話を聞いたことがあります。

 小規模企業とは業種にもよりますが、役員を除いた常用の雇用者が20名以下の会社をいいます。そこから考えると30人くらいというのは小規模を抜け出した会社といえそうです。

 なお、これも第三者から聞いた話ですが、愛知同友会会長の加藤明彦さんは、一人士業の同友会会員にたいして、「あなたのところへ仕事を頼むとして、30年後はどうなりますか?」と尋ねるそうです。

 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで20位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

社長(あなた)の思いは伝わってますか?
研修サポート 「経営者の想いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

————————————————————————

社長(あなた)が悩んでいることは、すでに先人が考え抜いたことかもしれません。
研修サポート 「経営に活かす原理原則『経営学百(100)年の智恵』」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
————————————————————————

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
作業日報の入力で、現場人工管理と給与計算両方ができます。
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php

————————————————————————

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

業績向上のプロセス:なぜ経営指針で業績が向上するのか 11

2017年6月24日 土曜日

 昨日、愛知同友会会長であるエイベックス株式会社代表取締役会長の加藤明彦さんの講演から、「経営指針は最高のコミュニケーションツール」という言葉を紹介しました。

 会社の成長は社員(当然経営者を含む)の成長によるものであり、会社運営は経営者だけではなりたたず、経営計画は社員が主体で考えられるべきで、それが経営理念、経営方針と合致するか、この過程における協議がコミュニケーションということだと理解します。

 経営者が一人で考え、ああしようこうしようと伝えるだけでは、いつまでたってもどこまで伝わっているのかを心配しなければなりません。

 どうしようか?ここを一緒に考える、これが想いの共有の近道なのだと思います。

 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで21位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)

 

 

北海道中小企業家同友会経営指針委員会、高原全道委員長によるわかりやすい経営指針実践談です。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

社長(あなた)の思いは伝わってますか?
研修サポート 「経営者の想いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

————————————————————————

社長(あなた)が悩んでいることは、すでに先人が考え抜いたことかもしれません。
研修サポート 「経営に活かす原理原則『経営学百(100)年の智恵』」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
————————————————————————

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
作業日報の入力で、現場人工管理と給与計算両方ができます。
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php

————————————————————————

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

業績向上のプロセス:なぜ経営指針で業績が向上するのか 10

2017年6月23日 金曜日

 昨日、以下のように書きました。
「経営者と従業員のそのような行動の変化をもたらすためには、それぞれの意識の変化が必要です。それに経営指針がどう影響しているのか。ここが『なぜ経営指針で業績が向上するのか』の答えとなりそうです。」

 昨夜、北海道中小企業家同友会第65期同友会大学公開講座が開催され、愛知同友会会長であるエイベックス株式会社代表取締役会長の加藤明彦さんによる講演があり、ここに上記のヒントがいくつかありました。

 従業員の意識の変化のために経営者の想いをどう浸透を図るかという話をしてきましたが、加藤さんの話の中に、「社員と一緒に考える」という言葉がありました。

 なるほど、一緒に考えれば、いかに浸透させるかという問題は発生しません。

 「経営指針は最高のコミュニケーションツール」とも加藤さんはおっしゃていました。

 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで20位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)

 

 

北海道中小企業家同友会経営指針委員会、高原全道委員長によるわかりやすい経営指針実践談です。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

社長(あなた)の思いは伝わってますか?
研修サポート 「経営者の想いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

————————————————————————

社長(あなた)が悩んでいることは、すでに先人が考え抜いたことかもしれません。
研修サポート 「経営に活かす原理原則『経営学百(100)年の智恵』」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
————————————————————————

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
作業日報の入力で、現場人工管理と給与計算両方ができます。
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php

————————————————————————

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

大きく時代を読む2

2014年10月3日 金曜日

 昨日の「大きく時代を読む」で、
「誰が話をしたかは覚えていませんが、以前の講演で、経営者の仕事のひとつとして『大きく時代を読む』ということを言われたのを覚えています。」
と書きましたが、思い出しました。

 2010年2月24日の「株式会社アンビックス前川二郎社長のお話1 時代の変化を捉える」で紹介した、前川二郎社長の話の中にありました。

 また、2010年4月25日には、「「孫正義Live2011」より 4.大きく時代を読む」とタイトルに「大きく時代を読む」と使っています。
この記事の中では、2010年3月27日の「同じ仕事は必ずなくなる」を引用して、自動車部品メーカー、エイベックス株式会社の加藤明彦社長のお話を紹介してます。
ミシンがダメになり、8ミリがダメになり、ブレーキ部品がダメになり、現在オートマチック部品ですが、これも電気自動車になると不要になる、そんなお話です。

2 010年2月、3月、4月と「大きく時代を読む」ことが気になっていたようです。

 繰返しになりますが、時代は変化しているので、昨日と同じ事をしていれば、時代に取り残されることになります。
変わらないということは、真綿で自分の首を絞めていることになります。
そうならならいためには、大きく時代を読み、それにあわせていくことが必要です




皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.ph

p?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







労賃給与計算システムのご案内
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

結局は自分

2013年10月2日 水曜日

 「結局は自分」(平井謙次 致知出版 1993年 1350円)という本を読んでいます。
先月、名古屋で開かれた中小企業学会でエイベックスの加藤明彦会長が発表された際に、そのレジメで紹介していた本です。

 内容は、因果律(因が縁にふれて果がおきる)の仕組みや、自分の心の高め方の話です。
とくに対人関係において、相手の所作を自分のことと反省し生かすことが自分の心の浄化に役立つと説きます。

 たとえば、相手の所作で気に食わないことがあった時には、自分がそのような行動をとっていないか反省し、その反省の機会をあたえてもらったことに感謝しなさいという話がありますが、私自身、これは本当に役立っています。

 昨日は仙台で稲盛和夫さんの市民フォーラム、「人は何のために生きるのか」の講演を聞いてきました。
人生の目的は心を高めることであり、そのためには日々の反省が必要であるという内容です。

 このふたつ、出所は違いますが、内容はどちらも同じ根っこの話であり、それはやはりこのことが真理だからなのでしょう。




皆様の励ましのクリック →? 本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







《株式会社シンクシステムズからのお知らせ》
弊社では20年かけて育てた「労賃・給与計算システム」を今年パッケージ商品としてリニューアルしました。
旧バージョンをお使いのお客さま10件ほどの入替もめどがつきましたので、
8月よりパッケージ商品として後志管内にて先行営業を開始しています。
「労賃・給与計算システム」の特長
・作業日報の入力により給与計算はもちろん、出面表などの現場管理資料も作成できます。
・作業日報つき給与明細は、従業員の方も一目で自分の給与内訳がわかり安心・信頼が生まれます。
・出面表や工事別賃金一覧表は、元請への請求資料の作成に便利です。
・作業員を多く抱える建設・土木業、または現場仕事が多い電気・設備などの工事関連、清掃、警備業などの会社にお勧めです。
・本体価格60万円(税別)。 他にデータセット・初期指導、年間保守(初年度無料)が必要です。

詳細はこちらから http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
または、
「労賃給与」で検索を。

経営に必要な社員の力 エイベックス・加藤会長のお話より その3

2013年9月19日 木曜日

 一昨日、そして昨日に引き続き、9月14日・15日と名古屋の名城大学で開催された中小企業学会でのエイベックス株式会社の加藤明彦会長のお話の紹介です。

 「何のために経営しているのか?」、加藤さんは会社経営の目的を「人づくり」だと説明されます。
レジメには「人」に関する以下の3点が書かれています。

1.「人づくり」
・一人ひとりの社員が成長した分、会社は発展する。
・一度しかない人生の中で、どれ位の力を発揮することができるか、
誰もわからない潜在能力を発揮することで(未知の可能性)、やりがい・生きがい、誇りと喜びを感じ、「豊かな人生」が送れる風土作り。

2.「人」が最大の資源
・経営資源は、「人・物・金」というが対等ではない。

3.「人」は資産
・決算上は、人件費(損益計算書P/L)と言って、費用扱いするが、資産(貸借対照表B/S)の自己資本に相当するものとの認識

 小規模事業というくくりがあります。商業・サービス業で従業員5名以下、製造業・その他で従業員20名以下の事業所をそう呼びます。
このような規模では、経営者自身の力が経営を決めます。

 しかし、この規模を超えていくには、次に従業員の力が大きく影響します。
加藤さんのお話では、エイベックスさんは従業員数20名を超えると、20名から30名ほどを増減していた時期が続いていたそうで、そこから現在の成長に至るまでに上記のような「人」を中心に考える経営に取り組み、その成果が表れたと思われます。

 ドラッカーもマネージャーの仕事は人を成長させることだといっています。
そのためにはマネージャー自身が誠実で、人柄の良いことが求められます。

 また、稲盛和夫さんは、経営には三つの力が必要だと述べ、それは、
1.経営者自身の力
2.従業員の力
3.宇宙の力
の3つだと指摘しますが、この1と2は、まさにエイベックスさんの発展の過程と一致します。

 まずは経営者が人格を高め、経営者としての力をつける、そして従業員と目標を共有し、従業員の成長を図る、世のため人のためという公明正大な目的のためにそのような経営をしていれば、自然と宇宙の力が後押ししてくれる、これが稲盛さんのいう「経営に必要な三つの力」です。




皆様の励ましのクリック →? 本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで19位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







《株式会社シンクシステムズからのお知らせ》
弊社では20年かけて育てた「労賃・給与計算システム」を今年パッケージ商品としてリニューアルしました。
旧バージョンをお使いのお客さま10件ほどの入替もめどがつきましたので、
8月よりパッケージ商品として後志管内にて先行営業を開始しています。
「労賃・給与計算システム」の特長
・作業日報の入力により給与計算はもちろん、出面表などの現場管理資料も作成できます。
・作業日報つき給与明細は、従業員の方も一目で自分の給与内訳がわかり安心・信頼が生まれます。
・出面表や工事別賃金一覧表は、元請への請求資料の作成に便利です。
・作業員を多く抱える建設・土木業、または現場仕事が多い電気・設備などの工事関連、清掃、警備業などの会社にお勧めです。
・本体価格60万円(税別)。 他にデータセット・初期指導、年間保守(初年度無料)が必要です。

詳細はこちらから http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
または、
「労賃給与」で検索を。

経営に必要な社員の力 エイベックス・加藤会長のお話より その2

2013年9月18日 水曜日

 昨日に引き続き、9月14日・15日と名古屋の名城大学で開催された中小企業学会でのエイベックス株式会社の加藤明彦会長のお話の紹介です。

 昨日、エイベックスさんはここ3年最高売上を連続して更新していることを紹介しました。

 加藤さんの話によると、加藤さんが入社してから20年ほどは社員数が20名から30名を行ったり来たりだったそうです。
一人二人と増やしては辞めていく、その繰り返しで、売上グラフを見ても10億に届くか届かないかの時期が続いています。
それが、今期の売上予想は40億円ほどとなっています。
今までの20年と何が違ってきたのでしょう?

 売上グラフを良くみると、売上の上昇カーブは2002年から始まっています。2002年から2007年にかけても毎年最高売上を記録し、2008年のリーマンショックで落ち込み、そこから徐々に回復して、2011年からは再び最高売上を更新している状況です。

 加藤さんはこの原因を社員の力だといいます。
1996年から参加した同友会の共同求人で優秀な人材を確保でき、その人材が5〜6年たって成長して、会社の成長につながったとのことです。




皆様の励ましのクリック →? 本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで19位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







《株式会社シンクシステムズからのお知らせ》
弊社では20年かけて育てた「労賃・給与計算システム」を今年パッケージ商品としてリニューアルしました。
旧バージョンをお使いのお客さま10件ほどの入替もめどがつきましたので、
8月よりパッケージ商品として後志管内にて先行営業を開始しています。
「労賃・給与計算システム」の特長
・作業日報の入力により給与計算はもちろん、出面表などの現場管理資料も作成できます。
・作業日報つき給与明細は、従業員の方も一目で自分の給与内訳がわかり安心・信頼が生まれます。
・出面表や工事別賃金一覧表は、元請への請求資料の作成に便利です。
・作業員を多く抱える建設・土木業、または現場仕事が多い電気・設備などの工事関連、清掃、警備業などの会社にお勧めです。
・本体価格60万円(税別)。 他にデータセット・初期指導、年間保守(初年度無料)が必要です。

詳細はこちらから http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
または、
「労賃給与」で検索を。

経営に必要な社員の力 エイベックス・加藤会長のお話より

2013年9月17日 火曜日

 9月14日・15日と名古屋の名城大学で中小企業学会が開催され、参加してきました。
初日の国際交流セッションの最初の報告者が、愛知で自動車部品等を製造するエイベックス株式会社の加藤明彦会長でした。
加藤さんのお話は、2010年に3度ほど紹介していますが、非常に示唆に富む話でした。

 加藤さんのお話を最初に紹介したのが、中小企業家同友会で発行する「中小企業家しんぶん」の2010年3月15日に掲載された、新連載「全社一丸で時代を切り開く」のトップバッターとして掲載された実践報告の紹介でした。
3月27日「同じ仕事は必ずなくなる
3月28日「社員は必ずいなくなる
3月29日「人間関係は相互関係
3月30日「人こそ最大の資産である

 2度目は、同じ年の6月3日に行われた札幌の自動車製造関連の会合にて、「不況に負けない強靭な企業を目指す」というタイトルの講演の紹介でした。
6月3日「社員教育は社長の専権事項
6月4日「きびしいお得意先ほどありがたい
6月5日「会社の発展は社員の成長とイコール
6月6日「生きるということと会社という仕組み
6月7日「社長の最後の仕事

 3度目は、やはり同じ年の10月16日に行われた北海道中小企業家同友会主催の全道”共育”研究集会の記念講演の内容をご紹介してます。
10月17日「全道”共育”研究集会 エイベックス加藤会長のお話1
10月18日「全道”共育”研究集会 エイベックス加藤会長のお話2
10月19日「全道”共育”研究集会 エイベックス加藤会長のお話3
10月20日「全道”共育”研究集会 エイベックス加藤会長のお話4
10月21日「全道”共育”研究集会 エイベックス加藤会長のお話5
10月22日「全道”共育”研究集会 エイベックス加藤会長のお話6
10月23日「全道”共育”研究集会 エイベックス加藤会長のお話7」

 2010年のお話は、リーマンショックで落ち込んだ2008年の売上が徐々に回復してきているという背景でのお話でしたが、今回のお話はその後2011年、12年、13年と過去最大の売上を記録しているという背景でのお話で、話のテーマは「国際化」なのですが、話のポイントは「人材こそ会社の力」という話であったと感じました。

 今日から数回にわたり、加藤会長のお話を紹介します。
(本日のamazonリンクは、加藤会長のお勧め本です。)




皆様の励ましのクリック →? 本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







《株式会社シンクシステムズからのお知らせ》
弊社では20年かけて育てた「労賃・給与計算システム」を今年パッケージ商品としてリニューアルしました。
旧バージョンをお使いのお客さま10件ほどの入替もめどがつきましたので、
8月よりパッケージ商品として後志管内にて先行営業を開始しています。
「労賃・給与計算システム」の特長
・作業日報の入力により給与計算はもちろん、出面表などの現場管理資料も作成できます。
・作業日報つき給与明細は、従業員の方も一目で自分の給与内訳がわかり安心・信頼が生まれます。
・出面表や工事別賃金一覧表は、元請への請求資料の作成に便利です。
・作業員を多く抱える建設・土木業、または現場仕事が多い電気・設備などの工事関連、清掃、警備業などの会社にお勧めです。
・本体価格60万円(税別)。 他にデータセット・初期指導、年間保守(初年度無料)が必要です。

詳細はこちらから http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
または、
「労賃給与」で検索を。

全道”共育”研究集会 エイベックス加藤会長のお話7

2010年10月23日 土曜日

 10月16日に行われた北海道中小企業家同友会主催の全道”共育”研究集会の記念講演、エイベックス株式会社代表取締役会長加藤明彦さんによる講演「激変の時代を乗り越える同友会型企業 〜強靭な企業をつくる経営姿勢とは〜」より、その内容をご紹介します。昨日の「全道”共育”研究集会 エイベックス加藤会長のお話6」の続きです。

 講演の終盤に、中小企業家同友会全国協議会で発行している「企業変革支援プログラム」の話題がでてきました。これは、経営に関する23の項目に0点から5点までの点をつけ自社の現状を把握するものですが、エイベックスさんで実施したところ、加藤さんは3.0点、役員が2.3点、課長職が1.7点をつけ、点数に開きが出たとのことです。

 その原因を追求したところ、日常の仕事に理念が浸透しておらず、やらされ感があるとのことでした。この対策として、再度、理念の重要性から勉強をやり直し、現在、課長職のつける点数が1.9になったとのことです。

 レジュメの最後には、次のように書かれています。
・経営目的は、「生きる・暮らしを守る・人間らしく生きる」=関わる人々の「人生における成長」

 まず「生きる」、これが大前提で、そして、ただ生きるのではなく、暮らしを守り、人間らしく生きられるようにする。そして、なぜ、人は生きるのかというと、それは「人生における成長」のためなんだとの思いの経営目的です。

 トヨタの車の生産台数は800万台で、そのうち海外が500万台、国内が300万台だそうです。この円高環境では国内の300万台もどんどん海外へ移行するかもしれません。日々変化する世の中でこの経営目的を貫くことは尊いことです。

?

?

昨日までの投稿記事のタイトルを右のページ欄にある「過去投稿タイトル」にまとめてあります。ご参考にどうぞ。

 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで11位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

Think! ITで元気をサポート 有限会社シンク 小椋俊秀

全道”共育”研究集会 エイベックス加藤会長のお話6

2010年10月22日 金曜日

 10月16日に行われた北海道中小企業家同友会主催の全道”共育”研究集会の記念講演、エイベックス株式会社代表取締役会長加藤明彦さんによる講演「激変の時代を乗り越える同友会型企業 〜強靭な企業をつくる経営姿勢とは〜」より、その内容をご紹介します。昨日の「全道”共育”研究集会 エイベックス加藤会長のお話5」の続きです。

 以前の講演のときもおっしゃってましたが、加藤さんは、経営資源は「人・物・金」と言うが「人」が最優先の資源で、「人」があれば「物・金」は後からついてくると言います。そして、「人」は損益計算書上の費用ではなく、貸借対照表の自己資本に相当するものだと言います。

 自己資本とは貸借対照表の純資産の部(資本の部)にあたる部分で資産の源泉のうち他への返済が必要のない部分です。実際には資本金や繰越利益がそのもととなりますが、「人」もそれに相当するという話です。資本金が何倍にも活きるように、「人」も10人で11人の仕事、20人で30人の仕事ができるとのお話でした。

 また、経営姿勢としては、「生き残る経営」、「勝ち残る経営」、「克ち進む経営」の3つを比較し、山の遭難ではないのだからじっとしていいる「生き残る経営」は論外、そして、他社から奪い取る「勝ち残る経営」より、おのれに打ち勝つ「克ち進む経営」がベストだとのお話がありました。「経済環境や業号企業などの外部要因に責任転換せず、自社の課題として展開していくことが重要」との認識です。

 「日本でいちばんたいせつにしたい会社」の著者、坂本光司さんも講演でおっしゃってました。「社会全体が好況、不況だというのではない。1社1社の会社が好況か不況なのかということであり、それぞれ自社の問題だ」と。加藤さんの経営視線もも同じお話でした。

 今日を含めて6日連続のご紹介でしたが、明日で最後にしたいと思います。

?

 

?

?

?

昨日までの投稿記事のタイトルを右のページ欄にある「過去投稿タイトル」にまとめてあります。ご参考にどうぞ。

 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで9位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

Think! ITで元気をサポート 有限会社シンク 小椋俊秀