Posts Tagged ‘利益’

損益分岐点6

日曜日, 2月 28th, 2021

昨日のラーメン店の話は、月の固定費が100万円、750円のラーメンを2000杯150万円分売れば、変動費50万円、限界利益100万円で利益も損失もない損益分岐点となるというものでした。

利益が無くても、今支払うべき費用がまかなえているなら良いじゃないか、そんな声が時々聞こえてきます。しかし、利益がないということは、昇給や新たな採用の費用を支払う余裕がないということであり、研究開発などの将来に向けた経費も捻出できないということです。

そして、新型コロナ、東北大震災、リーマンショックなど売上に影響を及ぼすことは必ず起きてきますが、その時に余裕がなければ切羽詰まります。売上がゼロになっても半年や一年給料の支払いは大丈夫という会社は、毎年利益を積み重ねている会社です。

利益は会社の利益であり、経営者が勝手に懐にいれるものではありません。会社の将来のための余裕なのです。働く人のためにもお客さんのためにも、また取引先や地域なども含め、すべての関係する人たちのために会社は永続組織、ゴーイングコンサーンを目指していかねばなりません。会社の永続のためにも経営の余裕である利益が必要なのです。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

損益分岐点4

金曜日, 2月 26th, 2021

会社の永続のためには利益は不可欠です。では、その利益を稼ぐにはどうしたら良いのか?

当たり前のことですが、売上から費用を引いたものが利益です。であれば、売上を増やす、費用を減らす、それらを同時に行う、これらのことにより利益が増えます。

売上を増やすといっても原価を割るような安い価格で販売すれば、販売額は増えるかもしれませんが、利益どころか赤字が増えてしまいます。

費用には変動費と固定費という2種類の費用があり、商品の原価のように売上の増減に伴って増減する費用を変動費と呼び、事務所の家賃などのように売上の増減に関係なく一定額の費用を固定費と呼びます。

費用を抑えるということは、変動費と固定費を抑えるということになります。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

損益分岐点3

木曜日, 2月 25th, 2021

なぜ会社に利益が必要かという話で、昨日は下図の構成について説明しました。

会社が潰れるのは、支払うべきものが支払えなくなったときです。そうならないためには貸借対照表の資産の部にある現預金の余裕が無くてはなりません。その余裕を作るためには、負債を増やすか純資産を増やすしかありません。負債は返済の必要がありますので、できれば純資産を増やしたい、そうなると普通の中小企業のとるべき方法はまずは毎年の利益を増やし、利益剰余金を増やしていくことでしょう。

利益とは経営の余裕だといえます。利益が無い状態では現在の支払い額が増えると赤字になりますし、そうであれば昇給などできなくなります。また売上が下がり粗利が減っても赤字となります。今回の新型コロナのように世の中は何が起こるかわかりません。将来に向けた費用の増加や何らかのアクシデントによる収益低下を乗り越えていくためには、やはり余裕が必要なのです。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

借入の本質

土曜日, 2月 20th, 2021

借入をしたなら利息を支払い、そして元金も返済せねばなりません。
損益計算書の経費項目には、支払う利息に関しては「支払利息」という勘定科目がありますが、元金の返済に関しては該当する勘定科目はありません。損益計算書の世界ではなく、貸借対照表の現預金から支払うことになります。

現預金から元金を返済するということは、貸借対照表の資産の部の現預金と負債の部の借入金が同時に減るということです。これを続けていると資産が減少し続けることになるので、それを防ぐには負債を増やすか純資産を増やすしかありません。そうはいっても、負債を増やしても結局は返済しなければなりませんから、純資産を増やすことしかありません。そして普通の中小企業が純資産を増やすには利益を上げて利益剰余金を増やしていくのが一般的でしょう。

前置きが長くなりましたが、借入をするということは、その後利息と元金を時間をかけて返済しなければならないということで、そのためには利益を上げ続けることが必要だということであり、つまり借入とは、将来にわたって利益を上げ続ける時間(年月)を金利を支払って買ったということなのだと思います。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

安全運転は新事業の敵 3

金曜日, 2月 19th, 2021

『「バカな」と「なるほど」』(吉原英樹 PHP研究所 2014年 1300円+税)にある「安全運転は新事業の敵」という考えが福知山線脱線事故につながったのかどうかはわかりませんが、「安全運転は新事業の敵」という表現は誤解を生む表現だとはいえるでしょう。

稲盛和夫さんがJALの再建に望んだときにも似たような話がありました。再建にあたってしっかり利益を上げることが出来る会社にしなければならないという時に、利益より安全を重視すべきだという声が幹部からも上がったということがあったそうです。もちろん安全は第一であり、その上での利益です。声を上げた幹部の気持ちには、安全に名を借りて楽をしたい(従来通りでいたい、新しいことに取り組みたくない)という部分があったのではないかと推測します。

大事なことは安全が大前提のものとでの新会社の運営であって、安全運転が新事業の敵ということではありません。なぜ会社に利益が必要なのか、そしてその利益をどうやって稼ぐのか、この説明ができれば、誤解を生むような表現で尻を叩く必要はないでしょう。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

手持ち資金の増やし方 その2

土曜日, 6月 6th, 2020

昨日は下図を使って、手持ち資金(現預金)を増やすには、
1.負債を増やして現預金を増やす
2.純資産の資本金を増やして現預金を増やす
3.純資産の利益剰余金を増やして現預金を増やす
という3方法をあげ、そして、(付け加えるなら、現預金以外の資産を現預金化するという手もありますが、この話はまた後日・・・)と追記しました。

今日は、3の利益剰余金を増やしながら現預金、手持ち資金を増やす話を解説します。

上の図の下の四角は損益計算書を表しています。
損益計算書の基本は単純で、収益から費用を引いたものが利益となるというものです。
実際には収益にも売上や営業外収益、特別利益など種類がありますが、図では一括して収益としています。そして費用にも売上原価、販売費一般管理費、営業外費用、特別損失などありますが、一括して費用としています。
上の図の収益と費用の差である「利益」は正確にいうと「税引前当期純利益」です。
そこから法人税などを控除したものが最終的な利益である「当期純利益」です。
そして、この「当期純利益」が貸借対照表の利益剰余金に組み込まれていく仕組みとなっています。

・損益計算書は会計期間が過ぎたら、収益ゼロ、費用ゼロ、利益ゼロの状態にリセットされます。となると前期の利益(または損失)を貸借対照表のどこかに反映させなければ数字の継続性が保てません。

負債である借入をして現預金を増やしてもそれは返済しなければなりません。
資本金を増やすということはそうそうできることでありません。(とは言いながら出資者を募ることができる会社にするというのも一つの手ではありますが)
となれば、毎年利益を上げて貸借対照表の純資産の部にある利益剰余金を増やしていくことによって、資産を増やしていく、さらに、資産の中でも現預金を手厚くしていくことが、今回の新型コロナショックのような「まさか」の出来事に備える最善の方法だということになります。

多くの会社の従業員の人たちは(一部の経営者も)「会社の利益」がどうなるのか理解していません。理解していないのに売上目標!経費節減!利益目標!などと会社から尻を叩かれても自発的なモチベーションは湧いてこないでしょう。

自分たちの未来の生活の基盤である将来の会社を盤石なものにするためにも毎年毎年利益を上げることが必要なのだという共通認識を持つことが大事なのだと思います。
そのためには、経営者は従業員にこのような仕組みを理解してもらえるように説明することが必要です。

明日以降、最近話題になっている中小企業向けの資本性劣後ローンの話、そして現預金以外の資産を現預金化する話をしようと思います。
このシリーズもうしばし続きます。

 

 

 


 

 

皆様の励ましのクリック →  本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

粗利のとれる売上を継続できる仕組み

月曜日, 8月 26th, 2019

昨日紹介したように、今日は北海道中小企業家同友会札幌支部中央北地区会で経営基礎講座(財務初級編)第3回「決算書を『使う』:計画に必要な変動損益計算という考え方」という会計講座の講師をします。

会社経営に会計の知識は、将来の計画を練るにも大切なものですが、今回の教材を作っていて、「粗利のとれる売上を継続できる仕組み」の大切さも改めて感じました。

昔の人たちが獲得したお客さんからの仕事だけであるとか、たまたまブームに乗って得られたお客さんであるとか、自分たちの実力ではなく、現在の売上がたまたまあがっているという状態は危険です。

そして、周りをいろいろ見渡すと、利益率が向上しないまま規模が拡大するのも危ないことのように思います。

『稲盛和夫の実学』には、「売上を最大に、経費を最小に」と書かれていますが、常にこれを意識し利益率を向上させることと、そしてそのためには、粗利のとれる売上が継続できるよう、計画的な営業活動ができるように考え、整えていくことが大事なことだと思うのです。

 


 
 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

業績の決定要因

月曜日, 6月 3rd, 2019

経営指針で業績が向上したという声や経営指針があったから会社が存続できているという声を聞きます。

業績を何で評価するかというのはいろいろ議論のあるところですが、そのベースに利益があることは衆目の一致するところでしょう。
また会社が存続できるということは存続することのできる余裕がまだあるということであり、その余裕とは支払いを上回る資金であり、その大本はやはり利益にいきつくのではないかと考えます。

では利益はどうしたら生まれるのか?
利益は売上から費用を引いたものです。
ですから売上が上がる、費用が下がる、これらのことから利益が上がってきます。

売上は販売数量×単価と考えると、より多く、より高く買ってもらうことが必要であり、経費は変動費と固定費に分けて考えると、変動費率を下げることと固定費を削減することが必要です。

では、より多く、より高く買ってもらうこと、変動費率を下げ、固定費を削減することに経営指針はどう影響するのかですが、この話はまた明日。

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

会社に利益が必要な理由

木曜日, 1月 31st, 2019

何度もこちらに書いていることですが、大事なことなので、これを読んだ皆さんが他の人にも説明できるように、改めて書いておきたいと思います。

将来に不安がある会社では安心して働けません。
安心して働き続けるためには会社の永続ということが基本となります。

会社は支払いができなくなった時につぶれます。
たとえ売上が低迷したとしても、蓄えや借入などで支払いができれば存続します。
危ない会社にはお金を貸してくれるところもないでしょうから、蓄え、余裕が大事なものとなります。
この余裕がどこから生まれるかというと、それは利益から生まれます。

働く人たちだけではなく、お客様にとっても商品やサービスを提供し続けることは必要であり、会社が永続することを求められます。
これは会社に関係する人すべてにとっていえることでしょう。

会社が存在するということは、社会の役にたっているということです。
そして利益がなければ会社は存続しません。
そう考えると、利益は社会からのお役立ち分のご褒美といえるかもしれません。

  

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

会社に利益が必要な理由

木曜日, 1月 3rd, 2019

仕事の傍ら通った大学院修士課程を修了した時に、ある専門学校の校長先生から声がかかりネットワークの講義をしました。
それからおよそ30年、大学や専門学校でコンピュータや経営に関する授業を週に1日程度受け持っています。
ド根性がえるに出てくる先生は「教師生活25年」でしたが、いつの間にか上回っていました。

さて、学生にどんな職業につきたいかを聞くと、今は圧倒的に公務員です。
その理由は安定した生活のためということです。

このような話には批判もありますが、考えてみれば不安定な職場で働きたいという人は誰もいないはずです。
一般企業も潰れない安定した会社であれば良いのではないでしょうか。

潰れない安定した会社ということは永続する組織(ゴーイングコンサーン)ということであり、そのためには組織の成長が必須です。衰退しながら永続することはありえません。

そして、会社の成長のためには経営の余裕が必要です。
会社は支払いができなくなった時が潰れるときであり、経営の余裕とは支払ったあとにお金の余裕があることです。
この余裕が次年度の昇給や設備投資につながります。

会社にお金の余裕がたまる方法としては、利益をあげる、借入をする、増資をするの3つですが、現実的なのは利益をあげることです。

働く人、お客さん、取引先、株主、地域や国、会社に関わる利害関係者(ステークホルダー)全てのためにも、利益をあげ会社の永続を目指すことが望まれます。

  

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆