Posts Tagged ‘判断基準’

目的と判断基準

水曜日, 4月 21st, 2021

組織を運営するにあたって判断基準の共有は大事なことだと思います。
何をすべきか、何をしてはいけないのか、全てのことに対してルール化しマニュアル化することは難しいのが現実です。であれば、組織の中の各人がすべきか、すべきではないのかに関する判断基準を共有するしかありません。そして、その判断基準は組織の目的に沿うか否かということがベースになるはずです。

また、もう一つ大事なことは、その判断基準に対して組織の皆が理解、納得、共感しているということでしょう。これはつまり組織の目的を理解、納得、共感しているということになります。

企業の経営の目的は「経営理念」と呼ばれていますが、「経営理念」の大事さはこういうところにもあるのだと思います。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

判断基準

月曜日, 1月 18th, 2021

京セラ創業者の稲盛和夫さんが作った中小企業経営者のための経営塾「盛和塾」の機関誌『盛和塾』 全156冊を週に1冊ずつ読んで感想を書く機関誌マラソンという勉強会の2回目がもうすぐ終わろうとしています。延べ312週にわたる積み重ねでした。

そこで得たことはいろいろありますが、一番根本的なことは稲盛和夫さんは宇宙の原理原則に通じた人なんだろうということです。 スポーツでも芸術の世界でも一芸に秀でた人は万般に通じると言いますが、稲盛さんもまさしくそうなのだと思います。

そして、稲盛さんの教えの中で重要なことの一つに人間として持つべき判断基準の考え方があります。人生の結果はその人の行動の積重ねの結果ですが、行動のもととなるのが判断基準です。判断基準がころころ変わるとブレていると言われますし、他の人に受け入れられない判断基準では相手にされません。

人間として持つべき判断基準を考える時には、人と動物の違いを考えるとわかりやすいかと思います。動物は本能で生き、それは自分の命を守る、子孫を残すという利己的なものがベースです。そして、それは必要最小限以外なるべく自分にとって良いように、楽を求めるというものです。これに対して人間は他の者を思いやる利他的な行動をとることができます。人間も本能を無視しては生きていられませんが、できるだけ本能、利己を抑え利他、世のため人のためというという判断基準を持つべきだ、そういうことが機関誌マラソンを通じて得た稲盛さんの思想の重要な部分です。これを図にしたのが以下のものです。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで16位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

判断基準がなぜ大事なのか

火曜日, 12月 15th, 2020

パブロフの犬のような反射条件、反射行動を除いて、何かの行動を起こすには、その行動を起こそうとする判断、意志があるはずです。そして判断のもとになるのが判断基準であり、これが違うと同じ状況にあってもとる行動が違ってきます。

たとえば店員さんによって対応が違うというようなことがあるとすると、それはそのお店の判断基準が浸透していないということですが、そもそもお店の判断基準がないのかもしれません。

こまかな状況ごとにどういう行動をとるべきかというのはマニュアルですが、マニュアルに頼るとマニュアルにない例外対応が難しくなります。マニュアルに書かれている行動をとるという判断の基準、考え方の浸透が大事であり、それが経営理念なのだと思います。

そして、社会で存続していくためには、社会のためになるような判断基準、経営理念が必要なのだと思います。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで11位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

何のために 6

月曜日, 12月 14th, 2020

昨日、人間は本能を抑えて考えるということができると書きましたが、本能を抑えるのは簡単ではありません。本能が無くては生きては生けませんし、日頃の判断基準はついつい自分にとって得か否かというものになってしまいがちです。

本能は生きるために必要なこと以外は楽をしたいというもので、人の行動は本能に強く影響されているように思います。この本能を抑えて利己ではなく利他という考えを持つのは簡単ではありません。楽をしたいという湧き出る利己を一つひとつ理性で抑えていかねばならなく、それは精進とか努力という言葉に置き換えることができるでしょう。

以前書きましたが、中学校時代の国語の遠藤先生は「人生いかに生きるべきかが小説であり、それが芸術だ。そう遠藤が言っておったぞということは覚えていてほしい」とおっしゃっていましたが、人生の生き方とは人の生き方であり、それは他の動物とは違う生き方のはずです。人はついつい強大な本能の力に引っ張られ動物的な生き方になってしまいがちですが、本能を理性で抑える生き方を常に意識していくことが人生の上で大切なことではないかと思います。

人としての判断基準

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで11位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

判断基準の共有レベル

土曜日, 8月 8th, 2020

昨日、信頼関係を築くには判断基準の共有が必要だと書きました。

その共有には以下のようなレベルがあります。
1.認識:相手の判断基準をしっている
2.理解:相手がそのような判断基準であることを理解できる(自分の考え方は違う)
3.納得:相手の判断基準に自分も納得できる(自分の判断時は違う判断基準かもしれない)
4.共感:私も同じ判断基準である

お互いに信頼できるという関係のためには少なくとも3の納得以上の共有レベルが必要です。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック →  本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで12位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

信頼関係に必要なこと

金曜日, 8月 7th, 2020

昨日、信頼するということは、その人の判断に身をゆだねることができることだと書きました。

信頼関係とはお互いに信頼できる間柄ということになりますが、そのためには、お互いに判断基準を共有していることが必要でしょう。

相手が判断しても、自分が判断しても同じ結果となる、そうであれば安心して相手の判断に身をゆだねることができます。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック →  本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで12位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

信頼関係

土曜日, 6月 20th, 2020

以前のブログ記事「人を信じること 人に任せること」で、「信じるとはその人の心にまかせること」という表現を紹介しました。

誰かを信頼するということは、まさにその人の判断に身をゆだねることができるということでしょう。
そして「信頼関係」となれば、お互いにそうであるということになります。

お互いに「信頼」できるというのは、お互いの「判断基準」が納得できるということだと思います。

物事を判断するには上記の「判断基準」と「判断材料」という情報が必要です。
それぞれの人の立場で持っている判断材料は違うでしょう。
自分の持っていない判断材料による判断であっても、判断基準が信じられるからその判断を受け入れることができる、お互いにそのような関係になっているということが信頼関係というのだろうと思います。

 

 

 


 

 

皆様の励ましのクリック →  本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

人柄と判断基準

土曜日, 6月 13th, 2020

人柄が良いという言い方がありますが、「人柄」の意味を調べると「人の品格」とありました。
「品格」という言葉は、「女性の品格」とか「国家の品格」など以前ベストセラーの書名にも使われましたが、品が良いことを指すのでしょうから、結局、「人柄」とは「人の良さ」を表し、「女性の品格」、「国家の品格」も女性や国家の良さを表すのだと思います(すみません、どちらの本も読んでいません)。

話が横道にそれました。

では、人柄を良くするにはどうすれば良いのか、または、人柄の良い人とはどういう人なのか?
それは、つきつめると「人柄の良い」行動をとり続けるということでしょう。
そして、その行動をとると「判断」することであり、そのような「判断基準」を持つ必要があるのだと思います。

このブログの昨日の記事の続きになりますが、他人から信用される人間になるには、まずは信頼に値する判断基準を持つことから始まるのかと思います。

 

 

 


 

 

皆様の励ましのクリック →  本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

人を信じること 人に任せること

金曜日, 6月 12th, 2020

昨日、何かで「信じるとはその人の心にまかせること」という文章が目に留まりました。

確かに、人を信じるということは、その人の判断基準を信じ、その人の判断に任せる、判断に従うということでしょう。

逆に、あなたに任せるということは、あなたの判断基準を信じるということでしょう。

どちらの場合でもどんな判断基準を持っているのかが大事ですが、ある人の判断基準を他の人がどのようにして知ることができるのかという話はまた明日。

 

 

 


 

 

皆様の励ましのクリック →  本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

長く大きな因果関係 3 マズローの欲求段階説

月曜日, 6月 24th, 2019

有名なアブラハム・マズローの欲求段階説とは、人の欲求は、生理的欲求、安全の欲求、愛と所属の欲求、承認欲求、自己実現の欲求と段階を踏むものだというものです。

他の心理学者からこの説に批判を受けた際、マズローは北米の先進国ではなく、アフリカの未開発の地域を見ろと反論します。

生理的、安全、愛・所属、承認の欲求、これらは欠乏欲求と呼ばれます。
そして、自己実現の欲求は充足欲求と呼ばれます。

NHKの昔の連続ドラマ「おしん」をみていますが、おしんが育った明治・大正の田舎では確かに生理的欲求、安全の欲求が重大事でした。
しかし、それが不十分でも愛と所属の欲求、さらには承認欲求をも欲していたのは事実です。さらにいえば、小さくて外からはわからないかもしれないが自己実現欲求もあったのではと私は思います。

人間の心のなかには欠乏欲求と充足欲求と二つの欲求が存在しており、その時代や地域という置かれた環境や、そしてその人の考え方でどちらが強いかというものが決まるのではないかと思います。

いつも紹介している下の図で、本能が要求する欠乏欲求が強いか理性で考える充足欲求が強いかというイメージです。

 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆