‘会計’ タグのついている投稿

会計知識の必要性3

2019年9月9日 月曜日

決算書なんて見たことがなかった、そのように言う経営者が少なからずいます。
また決算書を目にすることはあっても、じっくりと読むことがない、そんな経営者はたくさんいるでしょう。
なぜ見ないのか? それは、見てもわからないからです。

経営と会計の関係に関するベストセラーそしてロングセラーである『稲盛和夫の実学』の帯には「会計がわからんで経営ができるか」と書かれています。
会計こそ経営の実態を表す唯一の共通言語だからです。

その実学で、稲盛さんは、決算書の数値を飛行機のコックピットのメーター類の数値に例えます。
飛行機のパイロットが計器を読めなければ安全に操縦することができません。
経営者もパイロット並みに数値を読みこなせなければならないという話です。

私が思うに、いきなり飛行機の操縦は難しく、まずは車のダッシュボードのメーターを読めるようになるのが現実的かと思います。
とはいえ、車の運転であっても、現実には運転免許証が必要で、その取得のためには自動車学校で学科の勉強と実際の運転の教習を受けねばなりません。

ですが、経営者になるために経営者学校で会計の勉強や実際の経営の仕方の教習を受けたかというと、そんなことはありません。ですから、会計の勉強をする機会もなく経営に携わっているのです。

本来なら経営者になる前、それが無理ならなるべく早く経営者がそのような勉強のできる機会があるべきです。
昨日、ここ最近多くの会計講座の講師を務めてきた話をしましたが、このような思いがその動機です。

 


 

 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

会計知識の必要性2

2019年9月8日 日曜日

ここ数か月、会計の解説講義をする機会が続いています。
6月、7月、8月と3ヶ月に渡り月に一度ずつ合計3回で、これ以上やさしく解説できない会計講座として、北海道中小企業家同友会札幌支部中央北地区主催の経営講座の講師をし、8月には、やはり同友会の経営指針研究会の一泊研修時に経営計画立案に必要な会計講座を行いました。
そして、昨日、北海道科学大学の社会人向け講座である「ビジネスキャリアアップ育成プログラム」の「財務分析」講座の1回目の授業をしてきました。これは9月に2回、10月に2回の計4回の講義となります。

なぜ、このように会計の話をする機会が増えたのか?
それはやはり組織に属する人間には会計の知識が役に立つからです。
会計とは会社の実態を表すための共通の言語です。
ですから、稲盛和夫さんは、「会計がわからんで経営ができるか!」とおっしゃるのです。
会計がわからないということは会社の実態がわからないということだからです。

一方、小規模企業の多くの経営者は会計に馴染みがありません。
いえ、大企業の経営者でもわかっていらっしゃらない方もいるようです。
ましてや、そこで働く人たちで会計を理解しているのは、仕事で経理業務に携わっているかたぐらいかもしれません。

会社の経営と会計とを結びつけて理解する、そういうことが求められているのだと思います。

 


 

 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

知る喜び

2019年8月27日 火曜日

昨日、北海道中小企業家同友会札幌支部中央北地区主催の経営基礎講座(財務初級編)第3回「決算書を『使う』:計画に必要な変動損益計算という考え方」の講義をしてきました。
6月、7月、8月と月に1回ずつ、決算書を「見る」、「読む」、「使う」とこれ以上易しく解説できないというレベルで講義をした会計講座です。

昨日とったアンケートを見てみると、決算書の意味が初めてわかった、決算書を見る気力がわいてきた、仕事にさっそく役立ったなどの感想が多くありました。
見てもわからないから決算書を見ることもない、現実としてそういう経営者が少なくないのです。

一方、稲盛和夫さんは、会計は会社の実態を表すものだから、「会計がわからんで経営ができるか」とおっしゃいます。

今回は2時間の講座を3回にわけて行いましたが、これぐらいじっくりやれば会計の「はじめの一歩」にちょうど良いと実感しました。
まずは同友会内でこのような勉強会を広めていくべきだと感じた次第です。

 


 
 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ボランティアの目的

2019年8月25日 日曜日

明日の26日、北海道中小企業家同友会札幌支部中央北地区主催の経営基礎講座(財務初級編)第3回「決算書を『使う』:計画に必要な変動損益計算という考え方」という講座の講師をします。
これは6月の第1回「決算書を『見る』」、7月の第2回「決算書を『読む』」に続くもので、明日は3回シリーズの最終回となります。
3回ともボランティアで講師を務めています。

各講義の2時間だけではなく、その準備時間も含めるとけっこうな負担があります。
それでもボランティアで引き受けているのは、会社経営には会計の知識が必須であるにもかかわらず、そのような意識のない経営者が多いという世の中を変えていきたいという気持ちがあるからです。

2回目にとったアンケートを見ると、受講生の方々にはそのことが伝わっているようです。
今回は、これ以上やさしく説明できない会計の話として、他の勉強会でも使える教材資料も揃える機会にもなりました。
そして、このような活動がめぐりめぐって弊社のためにもなることも確信しています。

 
 


 
 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

会計と経営

2019年7月23日 火曜日

昨日のブログは、北海道中小企業家同友会札幌支部中央北地区主催の「経営基礎講座財務初級編2 決算書を『読む』:自社・他社の経営を数字で読む」でお話ししたイエローハットの業績推移の話題でした。
そこには経営者の明確な意思が見えたと書きました。

会計とは経営の実態を貨幣単位という数値で表す仕組みであり、その意味では会計を知らなければ経営の実態を把握できません。また、会計を知らなければ将来の計画も共有できません。

目先の仕事だけではなく、会計を通じて経営を知ることの大切さを痛感します。

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

イエローハットの意志

2019年7月22日 月曜日

今日は、北海道中小企業家同友会札幌支部中央北地区主催の「経営基礎講座財務初級編2 決算書を『読む』:自社・他社の経営を数字で読む」の講師をしてきました。

題材に取り上げたのはオートバックスとイエローハットの決算書です。

専門学校や大学で会計関連の授業を持つようになって学生が興味を引きそうなものはないかと探して取り上げたのが、この2社の比較です。
手元には2011年3月のからの両社の決算書が残っています。

その後、ずっと2社をフォローしているのですが、イエローハットの業績の向上ぶりが凄まじいのです。

例えば2011年3月決算と2019年3月のとをざっくり比較すると以下のようです。

     2011年   2019年
資 産 :74,223 105,320
負 債 :36,150   26,379
純資産 :38,072   78,940
売 上 :84,892 139,200
経常利益: 5,191  10,986
(単位:百万円)

今日の講義では、数字をグラフ化すると実態を理解しやすいことを説明しました。
皆さんも絵にかいて大きさを比較すると理解しやすいかと思います。

イエローハットの貸借対照表はこの間に素晴らしく美しい形になっています。
そこには間違いなく経営者の意志が見えます。

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

借入返済の勘定科目は?

2019年1月11日 金曜日

昨日、経営指針関連の打合せの席で、やはり経営者には会計の知識が不可欠だという話になり、次のような話を思い出しました。

それは、銀行借入の元本返済のさい、どの勘定科目を使うのか、経費に関する勘定科目から探したが見つからず「なんでだろう?」と思った、そういう経営のある経営者が少なくないということです。

確かに、借入の金利については営業外費用の部に「支払利息」という勘定科目がありますが、借入の元本返済の場合は損益計算書ではなく貸借対照表の負債の部にある借入金という勘定科目の額が減るということになります。

資産の部の現預金で負債の部の借入金を支払っていけば、貸借対照表は小さくなっていきます。それを補っていくためには、毎年利益をあげ、純資産の部の繰越利益剰余金を増やしていくしかありません。

このようなことは、会社を始めるときには知っておくべきだと思うのです。

  

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで8位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

「実学」序章 1.原理原則、本質の追究

2018年4月6日 金曜日

4月19日に「管理会計で読み解く『稲盛和夫の実学』」講座を開催します。
http://www.thinkweb.co.jp/misc/seminar.php

1回目となる4月19日のテーマは「序章『稲盛和夫の会計学の思想』: 会計がわからんで経営ができるか!」というものですが、今日からは序章のポイントを紹介していきます。

序章のタイトルは「私の会計学の思想」というもので、ここで「私」はもちろん稲盛和夫さんを指します。

・ゼロからのスタート
京セラは支援者より、運転資金となる資本金300万円の出資を集め、そして設備資金として1000万円を銀行借入する際の保証をしてもらうなどの支援があって設立しました。

当時稲盛さんは27歳。前の会社で開発・生産・販売には携わっていましたが経営の経験はありません。その27歳が前の会社から一緒について来た7人と新卒の中卒者20人の組織のトップに立ったのです。

会社がスタートすると部下たちは、あらゆることに対して稲盛さんに判断を求めてきます。しかし、稲盛さんにはそれに答える経験・知識はありません。そのため、稲盛さんは、「すべてのことを原理原則に照らして判断していこう」と決心します。「原理原則、つまり、世間で言う筋の通る、人間として正しいことにもとづいて経営していこう」と決心したのです。

会計に関しても知識ゼロからのスタートで、「会計の本質とそこに働く原理」を追求したのです。

エピソードとして、稲盛さんが貸借対照表を見た時、左手に現金・預金とあり、ああお金がこれだけあるのだなと思い、また右手に資本金とあるのを見て、資本金もこれだけあるのだなと両方のお金が存在していると勘違いしたという話が紹介されています。

私の実感でも、貸借対照表をきちんと読み取れる経営者は少数派です。また、多くの従業員の人たちは会社の金庫には資本金がそのままあると思っています。
会社のお金の流れを経営者も従業員も共に理解できるような会計知識の普及(教育)が望まれますが、まずは経営者が身につけなければなりません。

ちなみに私は商学部出身ですが、大学の授業では会計関係の科目は一つも受けていませんでした。私が会計の知識を学んだのは、在学中からアルバイトをしていたパソコンソフトの開発で、会計ソフトを開発することになった時からでした。やはり私も知識ゼロから、会計とはどのような体系・仕組みなのかを独学し、身につけてきました。

 


 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

社長(あなた)の思いは伝わってますか?
研修サポート 「経営者の想いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

————————————————————————

社長(あなた)が悩んでいることは、すでに先人が考え抜いたことかもしれません。
研修サポート 「経営に活かす原理原則『経営学百(100)年の智恵』」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
————————————————————————

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
作業日報の入力で、現場人工管理と給与計算両方ができます。
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php

————————————————————————

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

「実学」まえがき 3.会計の実態

2018年4月5日 木曜日

4月19日に「管理会計で読み解く『稲盛和夫の実学』」講座を開催します。
http://www.thinkweb.co.jp/misc/seminar.php

1回目となる4月19日のテーマは「序章『稲盛和夫の会計学の思想』: 会計がわからんで経営ができるか!」というものですが、昨日はのブログは、「まえがき」より稲盛さんが会計を「経営の実態をあらわす唯一の真実を示すもの」と表現していることを紹介しました。

しかし、実際には会計がそのようになっていないということが書かれています。
稲盛さんは「会計の数字は自分の都合のいいよういに操作できる、と書投げている経営者さえいる」と指摘します。
自分たちの都合に合わせて数字を操作してけば、そのうち本当の姿がわからなくなります。

また、それとは別に、会計が真実の姿を表していたとしても、経営者にその会計を理解する力がなければ会計の意味がありません。

経理畑あがりなど、そして本当に少数ですが自ら学んだ一部の経営者を除いて、中小企業経営者の多くは会計を理解していません。
いえ、中小企業経営者だけではなく、あの村上ファンドの村上世彰さんは通産省の役人時代に自社の財務状況を理解していない上場企業の役員たちが多いのに驚いたというエピソードがウィキペディアに載っています。

会計は事実を事実のとおりに語るものでなければなりませんし、その事実を会計から読み取る力を経営者は身につけなければなりません。

 


 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

社長(あなた)の思いは伝わってますか?
研修サポート 「経営者の想いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

————————————————————————

社長(あなた)が悩んでいることは、すでに先人が考え抜いたことかもしれません。
研修サポート 「経営に活かす原理原則『経営学百(100)年の智恵』」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
————————————————————————

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
作業日報の入力で、現場人工管理と給与計算両方ができます。
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php

————————————————————————

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

社内研修用 「会計の基本」1-4:利益は経営の余裕

2018年2月23日 金曜日

この「会計の基本」は4部構成ですが、今日が第1部「会社の構造と会計」の最後です。

今までお話ししたように、会社というものは従業員、お客様、取引先、地域社会など、少なからず「世のため人のため」に存在するものであり、それは一時的にそうであるのではなく、永続してそうであることが求められます。

経営者は会社を維持し発展させゴーイングコンサーンを目指すことが求められますが、その実現のためには経営の余裕が必要です。

家計でも同じですが、余裕がなければ些細なことでも行き詰ってしまいます。

経営の余裕とはまず、支払額以上の現預金を持っていることです。
会社が現預金を増やし余裕を持つためには、毎年、費用を上回る売上をあげ、その差となる利益を積み上げていくしかありません。

会社の利益とは「世のため人のため」、社会的貢献の原資なのです。

 

 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

社長(あなた)の思いは伝わってますか?
研修サポート 「経営者の想いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

————————————————————————

社長(あなた)が悩んでいることは、すでに先人が考え抜いたことかもしれません。
研修サポート 「経営に活かす原理原則『経営学百(100)年の智恵』」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
————————————————————————

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
作業日報の入力で、現場人工管理と給与計算両方ができます。
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php

————————————————————————

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★