Posts Tagged ‘中国’

教育のアップデート

土曜日, 1月 9th, 2021

中国語の勉強を少しずつ続けていて、週に一度のペースで中国語会話教室のレッスンにも通っています。最近、新しい方がレッスンに入ってきましたが、昨年上海に行った際にその大都市ぶりに驚いたというのが中国語を学ぼうとした動機だそうです。

中国の鄧小平が解放改革を唱えたのが70年代末。その後1989年に天安門事件が起き、翌年は経済がマイナス成長、そこからの30年に渡る経済成長が現在の中国につながっています。

私の感覚では、90年代は日本>中国、00年代は日本=中国、10年代は日本<中国というイメージです。実際にGDP世界2位の座を中国に奪われたのが2010年でした。

21世紀の中国の実態を知らず、小学校、中学校、高校くらいで習った中国のイメージしか頭に残っていない、そんな人が30代以降の人たちに少なくないのではと思います。

20年、30年も経てば、以前受けた教育の内容のアップデートも必要だと思います。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

30年、そして20年 その1

木曜日, 12月 3rd, 2020

10%以上の経済成長となる高度経済成長を日本が迎えた時期は1955年からの19年間といわれています。その後90年代初頭まで安定成長・バブル時期と続きます。バブルが弾けてからは失われた10年、20年といわれてきました。

中国に目を向けると1989年の天安門事件を期に、中国はマイナス成長に転落し、そこから経済発展に力を入れ、その後30年経済成長を続けています。ちょうど日本から中国へ経済発展のバトンをリレーしたかのようです。

昨日、「薬の神じゃない」(原題:我不是药神)という中国映画を見てきました。2000年代初頭の上海が舞台です。時代背景としては、先ほど述べたように経済発展から10年過ぎたあたりからの話です。映画の中の上海にはまだまだ昭和チックな光景がありました。そこから20年ほど経つ現在の上海は世界でも先端をいく街になっているのだろうと思います。

昨日の映画館は、新型コロナの影響や、上映が21:50からで終演が零時を過ぎることもあるせいか、250席以上あるホールを貸し切り状態でした。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで12位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

中国語に興味を持った理由 1.中国の古典文化に興味があった

火曜日, 6月 30th, 2020

中国語、そして中国に興味を抱いた理由はいくつかありますので、ひとつずつ紹介します。

史記や三国志などを読んで中国の古典に興味がわいていたこと、そして論語に代表される儒教思想にも興味があったこと、これが第一の理由です。

日本語でよく使われる成語の出所が史記を読むことでわかったりするのは大変興味深かったことですし、論語の中の人間ドラマも興味深いものでした。
できるなら、邦訳ではなく原文でそれらを読んでみたいという思いがわいてきました。
(実際には、漢文の読み方の方が理解が早いと後で思い直しましたが・・・)

中国語の勉強を初めてしばらくしてから、「大地の子」のNHKドラマを見、また本を読み、文化大革命時代の中国を知り、そして、2006年の北京師範大学教授于丹(ユーダン)氏による「論語」ブームを知ることとなりました。

 

 

 


 

 

皆様の励ましのクリック →  本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで12位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

中国語

日曜日, 6月 28th, 2020

本日、中国語検定3級を受験します。

もともとは中国の古典を中国語のまま読めたら良いなと思って始めた中国語でしたが、その目的は中国文化の理解に変わり、会話中心に週に一度の会話練習のクラスも休むこともままある程度に習い続けて8年ほど経ちました。

中国語の歌の数曲はネイティブ並みに歌える、一人で中国旅行してもなんとかなる程度という現状ですが、最近、中国語の本をしっかり読んだり、人前で中国語のスピーチができるようになりたいと思い、今年は中国語の試験に挑戦しようと計画していました。

長くなる話は明日にするとして、ほぼほぼ一夜漬け状態ですが、受験に行ってきます。

 

 

 


 

 

皆様の励ましのクリック →  本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

餃子は主食

日曜日, 6月 21st, 2020

大学時代学生食堂ではA定食、B定食という名の定食がありました。普段食べていたのは240円のB定食ですが、お金のない時には仲間内でC定食と名付けたものを食べていました。
それはうどん120円とライス60円です(合計で180円は間違いないと思いますが、内訳は微妙です)。

まあ、うどんもライスも主食ですが、皆さん普通にラーメンライスも食べるから問題ないでしょう。

中国語を習い始めて、麺とご飯、餃子とご飯は主食同士でおかしいと多くの中国人が思っていることを知りました。
この考えだと「みよしの」は成り立ちませんね。

そして、中国で餃子と言えば主に水餃子をさすということも中国語を習い始めてから知ったことです。


画像は水餃子と鶏皮揚げwith瓶ビール。
しっかり主食の水餃子でした。
 

 

 


 

 

皆様の励ましのクリック →  本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

中国語カラオケ

土曜日, 10月 5th, 2019

ここ数年の私の趣味といえば、中国語の歌をカラオケで歌うことでしょうか。
そうそう歌に時間を使うことはできませんが、数年(たぶん3年くらい?)月に1度くらいは歌っています。

EXILEのATSUSHIが中国人女性歌手ワン・フェイが歌う「我願意」を中国語でカバーしているのですが、この歌、実は私も得意曲の一つで、先般、中国出身の人にATSUSHIより中国語の発音が良いと褒められました。

中国語カラオケを始めたころから歌っている「我願意」ですので、昨日書いた、「間をおいた反復」が効いているのかなと思います。

今月下旬、盛和塾の中国国内の全国大会が厦門であるのですが、それに参加予定です。
現地でカラオケを披露する機会があるかどうか・・・

 

 

 


 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

中国の社会主義市場経済

木曜日, 5月 30th, 2019

資本主義から生まれる貧富の差などの解消のため、生産性設備を国家が所有することにより平等な社会をつくろうというのが社会主義国家です。
しかし、ソ連では資本家のメリットを享受する官僚があらわれ、国家の崩壊につながりました。

同じ社会主義国家である中国は、文化大革命などもあり停滞した経済を打破するために、1978年に鄧小平が改革開放に舵をとりました。しかし、今から30年前の天安門事件を機に保守派が息を吹き返し経済はまた低迷し、1992年鄧小平の「改革開放を加速せよ」の掛け声のもと社会主義市場経済が打ち出されます。

市場経済という資本主義で行われている制度で社会主義を実現するというのが社会主義市場経済ですが、それは稲盛和夫さんをして「世界でも最も『強欲な資本主義』の道を突き進んでいる」といわしめました。

マックス・ウェバーは資本主義が禁欲的なピューリタンから生まれたといいましたが、健全な市場主義には倫理観が必要です。
中国政府は2000年以降儒教の復活をはかります。

以上、現時点での私の理解の範囲での話です。
明日に続きます。

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで17位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

中国と日本

日曜日, 6月 11th, 2017

 以前、中国のGDPがそのうちアメリカを抜いて世界一になるという話を書きました。
そのような時代になった時、日本は有利な立場である、いえそうなっていなければならないと思います。

 なにせ日本には1600年前から漢字が伝わっており、現在でも使っているという優位があります。

 私は中国語会話の練習をしていますが、中国語の発音で語尾がピンイン表記でnで終わる場合とngで終わる場合では息を停める、鼻に抜くという違いがあるのですが、ある漢字の語尾がnかngなのか覚えていなくて悩む場合があります。

 そんな時に便利なことを最近知ったのですが、これを知った時に、改めて日中間の文化交流の歴史を感じました。

 その便利なこととは、漢字を日本語の音読みにして「ん」で終わる場合は中国語の発音ではnということです。
例えば「音」という感じは日本語の訓読みでは「おと」、音読みでは音楽の「おん」で、「ん」で終わり、その場合は中国語のピンイン表記は「yin」とnで終わります。

 音読みというのは、中国語の発音に由来している(これはこれで結構複雑な事情があるようですが)と思うと、感慨深いです。

 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで22位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

社長(あなた)の思いは伝わってますか?
研修サポート 「経営者の想いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

————————————————————————

社長(あなた)が悩んでいることは、すでに先人が考え抜いたことかもしれません。
研修サポート 「経営に活かす原理原則『経営学百(100)年の智恵』」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
————————————————————————

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
作業日報の入力で、現場人工管理と給与計算両方ができます。
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php

————————————————————————

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

日本の通ってきた道と中国の今後

土曜日, 5月 20th, 2017

 昨日のブログでは、1968年に日本がGNP世界2位になった時の状況と、2010年に中国がGDP世界2位になった時の状況について取り上げました。

 GDP世界1はアメリカ合衆国ですが、1990年代前半くらいの時には、日本はアメリカの2/3くらいに迫っています。また、現在の中国がやはりアメリカ合衆国の2/3ほどに迫ってきています。

 今後、中国はアメリカ合衆国を抜かすように成長していくのか、それともやはりアメリカ合衆国を抜かすことはできず2位に留まるのか、興味深いところです。

 そして、アメリカ合衆国を抜いて世界一となった時に、中国はどのように振る舞うのか。これも興味深いところです。

 昨日紹介した京セラ創業者の稲盛和夫さんは2000年頃から中国にて何度か次のように講演で話をしています。

 それは、1924年(大正13年)に孫文が日本で講演し、「西洋の物質文明は科学の文明であり、武力の文明となってアジアを圧迫している。これは中国で古来いわれている『覇道』の文明であり、東洋にはそれより優れた『王道』の文化がある。王道の文化の本質は道徳、仁義である」、「あなたがた日本民族は、欧米の覇道の文化を取り入れていると同時に、アジアの王道文化の本質も持っている。日本がこれからのち、世界の文化の前途に対して、いったい西洋の覇道の番犬となるのか、東洋の王道の干城(かんじょう、盾と城)となるのか、あなたがた日本国民がよく考え、慎重に選ぶことにかかっている」と述べたのを例に引き、「必ずや将来、強大な軍事力を備えた経済大国となるであろう中国には、ぜひ今まで自ら否定してこられた、この覇権主義に陥ることなく、中国の人々が古来大切にしてきた、(中略)王道に沿った国家運営を将来にわたって、ぜひ実現していただきたいと存じます」という話です。(機関誌『盛和塾』48号、塾長講話「中国の経済発展について」、p.15)

 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで21位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

社長(あなた)の思いは伝わってますか?
研修サポート 「経営者の想いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

————————————————————————

社長(あなた)が悩んでいることは、すでに先人が考え抜いたことかもしれません。
研修サポート 「経営に活かす原理原則『経営学百(100)年の智恵』」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
————————————————————————

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
作業日報の入力で、現場人工管理と給与計算両方ができます。
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php

————————————————————————

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

日本と中国の通ってきた同じ道

金曜日, 5月 19th, 2017

 本日、程永華中華人民共和国駐日全権大使による講演会が札幌で行われます。

 京セラ創業者の稲盛和夫さんは2000年前後から中国各地で講演されていますが、何度も「2010年から2015年頃には、中国は経済先進国の一員として、世界の経済社会のなかで、たいへん大きな役割をはたされている」と述べています。

 実際、中国は2010年に日本を抜きGDP世界第2位となりました。
ちなみに日本が当時の西ドイツを抜き世界2位(当時はGNP比較)になったのは1968年です。その前後の出来事としては1964年東京オリンピック、1970年大阪万国博覧会があります。そして中国では、2008年に北京オリンピック、2010年に上海万国博覧会がありました。

 日本は世界2位になったあと1990年代初頭のバブル崩壊まで、石油ショックなどを乗り越えながら経済を成長させてきましたが、そう考えると中国の今後も見えてきそうです。

 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで21位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

社長(あなた)の思いは伝わってますか?
研修サポート 「経営者の想いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

————————————————————————

社長(あなた)が悩んでいることは、すでに先人が考え抜いたことかもしれません。
研修サポート 「経営に活かす原理原則『経営学百(100)年の智恵』」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
————————————————————————

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
作業日報の入力で、現場人工管理と給与計算両方ができます。
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php

————————————————————————

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★