‘リーダーシップ’ タグのついている投稿

リーダーシップについて 5

2019年7月13日 土曜日

昨日までの4回、リーダーシップについて稲盛和夫さんの発言を取り上げてきました。
それは、このシリーズの最初に、以下のように書いたからでした。

手元に『組織変革のビジョン』(金井寿宏、2004年、光文社新書)という本があります。この第5章「組織変革のリーダーシップ」で著者の金井先生は、「正直に言うと、今のわたしは、研究者の創出する『リーダーシップの理論』よりも、うまくリーダーシップを発揮している実務家が自分の経験から抽出した『リーダーシップ持論』のほうにより大きな魅力を感じている」と書いています。

実は、本日、北海道科学大学の社会人向けの講座、「ビジネスキャリアアップ」経営学系講座の組織活性化講座の最終日講義として、「リーダーシップ」と「組織文化」についての講義をしてきました。
その「リーダーヒップ」講義の中で実務家の発言として稲盛和夫さんの言葉を取り上げるための資料整理をしている一環でブログにも紹介した次第です。

今日の講義の内容はたぶん多くの方にとっても興味深くかつ役に立つ内容だと思いますので、弊社主催のセミナーにてもその内容をお話ししようと思います。
なお、今月のセミナー開催予定日は7月26日金曜日18時からですが、確定次第またお知らせいたします。

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで17位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

リーダーシップについて 4

2019年7月12日 金曜日

昨日まで、2002年第10回盛和塾全国大会2日目の稲盛和夫塾長講話「リーダーが果たすべき役割:集団を率いるための10カ条」について見てきましたが、稲盛さんはいろいろな場面でリーダーシップについて語っています。

2012年6月3日には中国の重慶における講演で、幌馬車隊の隊長が示すリーダーシップとして以下の5つをあげています。(機関誌「盛和塾」平成24年8月号通巻114号より)

1.使命感を持つ
2.目標を明確に描き、実現する
3.新しいことに挑戦する
4.信頼と尊敬を集める
5.思いやりの心を持つ

集団で新しいことに挑戦するには、しり込みをする人のしりをはたかねばなりません。
一方、思いやりの心も持たねばなりません。
そのことを踏まえて、稲盛さんは次のようにおっしゃいます。

「敢えて言うならば、真のリーダーとは、『愛をベースとし、民意を反映させた独裁者』であるべきです」

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

リーダーシップについて 3

2019年7月11日 木曜日

昨日、リーダーの10カ条と経営の原点12ヶ条を比べると、
1=1、2=2、3=3、4=4、5=7、10=10ですから、
リーダーの10カ条のうち、独自のものは、
6.立派な人格を持つ
7.どんな困難に遭遇しようとも、決してあきらめない
8.部下に愛情をもって接する
9.部下をモチベーションし続ける
の4つとなると書きましたが、
考えてみれば、7は、12ヶ条の「7.経営は強い意志で決まる」と重なり、
6.立派な人格を持つ
8.部下に愛情をもって接する
9.部下をモチベーションし続ける
この3つが、リーダーの10カ条独自のものといえるでしょう。

チームリーダーのリーダーシップとは、チームのメンバーに動いてもらうことです。
そのためには、メンバーから尊敬されるほどの立派な人格を持つ、または持とうとしていること、そして、部下に愛情をもち、モチベーションし続けることが大切なのだということですね。
もちろん、この前提として12ヶ条と重複する、組織の目的や具体的な目標を共有すること、そして諦めずに努力を続けることも大事なことですね。

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで17位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

リーダーシップについて

2019年7月9日 火曜日

手元に『組織変革のビジョン』(金井寿宏、2004年、光文社新書)という本があります。この第5章「組織変革のリーダーシップ」で著者の金井先生は、「正直に言うと、今のわたしは、研究者の創出する『リーダーシップの理論』よりも、うまくリーダーシップを発揮している実務家が自分の経験から抽出した『リーダーシップ持論』のほうにより大きな魅力を感じている」と書いています。なるほどと思います。

「うまくリーダーシップを発揮している実務家が自分の経験から抽出した『リーダーシップ持論』」といえば、稲盛和夫さんがリーダーシップについて、いろいろお話しされていることが頭に浮かびます。

まずは、2002年第10回盛和塾全国大会2日目の塾長講話「リーダーが果たすべき役割:集団を率いるための10カ条」から、以下を掲げます。(機関誌「盛和塾」平成14年10月号通巻49号より)

1.事業の目的・意義を明確にし、部下に指し示すこと
2.具体的な目標を掲げ、その実行計画を立てる
3.強烈な願望を心に抱き続ける
4.誰にも負けない努力をする
5.強い意志を持つ
6.立派な人格を持つ
7.どんな困難に遭遇しようとも、決してあきらめない
8.部下に愛情をもって接する
9.部下をモチベーションし続ける
10.常に創造的でなければならない

解説は明日以降に。

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで17位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

映画・テレビで見るリーダーシップ

2019年1月5日 土曜日

年末に、1998年の映画「プライベート・ライアン」を動画配信サイトで見ました。この映画を見るのはたぶん4~5回目だと思いますが、今回は新たな発見がいろいろありました。やはり映画は繰り返し見るべきものですね。

映画の内容は、4兄弟の兄3人が戦死してしまったライアン2等兵を本国送還させるために、トム・ハンクス演じるミラー大尉が7名の部下を従えて戦闘の激しい地域をライアンを探し尋ねるというものです。

この過程でミラー大尉の方針に反対する者、あからさまに反抗する者、それを武力で鎮めようとする者、リーダーシップとメンバーシップ、チームワークが見事に描かれておりさすがにスピルバーグ監督だと思わせます。

また、年が明けてからは動画配信サイトNETFLIXが配信する政治ドラマ「サバイバー」を見ています。こちらはアメリカ議会議事堂が爆破され大統領を含む議員らトップリーダー達が死亡し、キーファー・サザーランド演じるカークマン都市住宅開発長官がはからずも大統領となってしまい、リーダーシップを発揮せざるをえなくなるというドラマです。

この二人のリーダーに共通するものは、もと教師という設定であり、しっかりした倫理観を身につけているというところです。
リーダーシップには倫理観が必須の要素なのだと改めて思います。

  

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで20位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

リーダーシップとは何か?その7

2018年11月25日 日曜日

昨日までの話から、リーダーは部下に、
・興味を持たせ
・やる楽しさを実感させ
・その結果を評価する
このようなことをしていかねばなりません。

しかし、そのようにしようとしたとき、
・反感を買い
・誰も進んでやらず
・上手くいかないことを指摘されると言い訳・弁解ばかりする
このような事態にあうかもしれません。

そのような時に、
・誰もが納得する正しさで説得し
・一緒になって実行し
・良いことは褒め、まずいところは修正のためのアドバイスをする
ということをしていくことがリーダーシップの道なのかと思います。

このためにはまず自分が手本となれるように、
そして、周りを明るくするくらいに元気でほがらかにということが大切ですね。

このシリーズいったんここまでにして、
この後、リーダーシップに関する文献を読み込んでから再開します。

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

リーダーシップとは何か?その6

2018年11月24日 土曜日

繰り返しになりますが、昨日までに以下のことを書きました。
モティベーションの原動力として、
・必要に迫られる、または興味がある
・やって面白い、楽しい
・評価される
ということがある。

ジャック・ウエルチさんはリーダーに求められる気質として、
・エナジーEnergy:本人が元気か
・エナジャイズEnergize:周りも元気になるか
・エッジEdge:決める(ぐずぐずだらだらしない)
・エクスキューションExecution:最後までやりきる
という4つのEをあげている。

柔道の山下泰裕さんは、人を育てるにはまず自分自身が成長することが必要であり、そのためには、謙虚、素直ということが求められるといいました。

ここで思うことは、ここがリーダーシップの大事なポイントだと思うのですが、評価とは褒めるばかりではなく、相手を正すことも必要であり、そのようなことを相手に伝えた場合、相手が素直、謙虚な心の土壌を持っていない場合は反感を買い、その時リーダーはその反感、そして素直、謙虚ではない相手の心自体を受け止め、指導してく覚悟がいるということです。

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

リーダーシップとは何か?その5

2018年11月23日 金曜日

私の考えるモチベーションの原動力は、
・必要に迫られる、または興味がある
・やって面白い、楽しい
・評価される
であり、リーダーはそれを部下(フォロワー)に提供しなければなりませんが、それだけではリーダーといえないのではないかと考えていたところに、ジャック・ウエルチの4つのEという以下のことを紹介しました。

・エナジーEnergy:本人が元気か
自らが活力に満ちあふれていること
・エナジャイズEnergize:周りも元気になるか
目標に向かう周りの人々を元気づけること
・エッジEdge:決める(ぐずぐずだらだらしない)
タフな問題に対しても決断ができること
・エクスキューションExecution:最後までやりきる
言ったことをとことんまで実行していくこと

確かにこのようなことを身につけているリーダーであれば、フォロワーはリーダーについていきたいと思いそうです。

さらにこれに付け加えるに、リーダーはフォロワーを育てる役割があり、人を育てるには、まず自分自身が成長している様を見せることが効果的かと思います。

本日、盛和塾の機関誌「盛和塾」42号に掲載されている柔道の山下泰裕さんの手記を読み、そこには、「人生を通して学び続けることの大切さ」が指摘されており、自身の成長のためには「誰の話にでも素直に耳を傾け、よいと思ったことはただちに実行に移すということ」が大事だと書かれていました。

「謙虚」、「素直」、この2つもリーダーに必要な資質としてあげておきたいと思います。

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

リーダーシップとは何か?その4

2018年11月22日 木曜日

『入門ビジネス・リーダーシップ』という本に収録されている金井壽宏先生の「モティベーション持論とリーダーシップ持論」という講演録かを読んでのの気づきとして、リーダーシップ:「人に(自発的に喜んで)動いてもらう」ためには、どうしたらモティベーション:「人(自分)が動く」が上がるのかを考えて、自分なりの持論を持つことが大事であり、私の場合、
・必要に迫られる
・やって面白い、楽しい
・評価される
ということがモティベーションアップの原動力だと分析したが、はたしてそれだけか?ということを昨日書きました。

上記の本にはジャック・ウエルチの4つのEというのが紹介されています。
リーダーには以下の4つのEが必要だというのです。

エナジーEnergy:本人が元気か
自らが活力に満ちあふれていること

エナジャイズEnergize:周りも元気になるか
目標に向かう周りの人々を元気づけること

エッジEdge:決める(ぐずぐずだらだらしない)
タフな問題に対しても決断ができること

エクスキューションExecution:最後までやりきる
言ったことをとことんまで実行していくこと

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

リーダーシップとは何か?その3

2018年11月21日 水曜日

リーダーシップ:「人に(自発的に喜んで)動いてもらう」ためには、どうしたらモティベーション:「人(自分)が動く」が上がるのかを考えて、自分なりの持論を持つことが大事だと昨日書きました。
そして、私の場合、
・必要に迫られる
・やって面白い、楽しい
・評価される
ということがモティベーションアップの原動力だと分析しました。

ただ、後から考えると、例えば今時間を割いていてる中国語の勉強に関しては必要に迫られているというよりは興味があるといった方が良いかもしれません。
ですので、私のモディベーションのエンジンは、
・必要に迫られる、興味がある
・やって面白い、楽しい
・評価される
ということにしておきます。

さて、相手のモティベーションを高めるためには、相手にこの3つのことを満たすようにしなければなりません。
つまり、相手に興味を持たせ、やって面白いと思わせ、やった結果を表かしてあげることが必要です。
こう書くとこれらのことは学校の先生などに求められることのように思われます。
私も大学や専門学校で授業を持っていますが、このようなことを意識しています。

これだけでは、リーダーシップを発揮しているとはいえなさそうです。

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆