‘ゴーイングコンサーン’ タグのついている投稿

会社に利益が必要な理由

2019年1月3日 木曜日

仕事の傍ら通った大学院修士課程を修了した時に、ある専門学校の校長先生から声がかかりネットワークの講義をしました。
それからおよそ30年、大学や専門学校でコンピュータや経営に関する授業を週に1日程度受け持っています。
ド根性がえるに出てくる先生は「教師生活25年」でしたが、いつの間にか上回っていました。

さて、学生にどんな職業につきたいかを聞くと、今は圧倒的に公務員です。
その理由は安定した生活のためということです。

このような話には批判もありますが、考えてみれば不安定な職場で働きたいという人は誰もいないはずです。
一般企業も潰れない安定した会社であれば良いのではないでしょうか。

潰れない安定した会社ということは永続する組織(ゴーイングコンサーン)ということであり、そのためには組織の成長が必須です。衰退しながら永続することはありえません。

そして、会社の成長のためには経営の余裕が必要です。
会社は支払いができなくなった時が潰れるときであり、経営の余裕とは支払ったあとにお金の余裕があることです。
この余裕が次年度の昇給や設備投資につながります。

会社にお金の余裕がたまる方法としては、利益をあげる、借入をする、増資をするの3つですが、現実的なのは利益をあげることです。

働く人、お客さん、取引先、株主、地域や国、会社に関わる利害関係者(ステークホルダー)全てのためにも、利益をあげ会社の永続を目指すことが望まれます。

  

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

会社を成長させる理由

2018年3月29日 木曜日

商売が成り立っているということは、支払いを賄う売上があるということであり、それは買い手の役に立っているということのみならず、そこに関係する人たち皆の役に立っているといえるでしょう。

そして、それが一時的なものであれば皆が困ります。従業員にしても将来がない、生活設計ができない会社では困ります。
会社は永続組織、ゴーイングコンサーンを目指さなければなりません。

時代とともに変化する世の中で永続していくためにはその変化に対応していく必要があります。
また、衰退・縮小しながら永続するということはありえませんから、会社は成長・発展していかねばなりません。

そして、成長・発展の前提として、冒頭に述べたしっかりと商売が成り立つ状態が確立されていなければなりません。危うい経営で規模を拡大しても破滅の時期が早まるだけです。

 


 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

社長(あなた)の思いは伝わってますか?
研修サポート 「経営者の想いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

————————————————————————

社長(あなた)が悩んでいることは、すでに先人が考え抜いたことかもしれません。
研修サポート 「経営に活かす原理原則『経営学百(100)年の智恵』」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
————————————————————————

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
作業日報の入力で、現場人工管理と給与計算両方ができます。
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php

————————————————————————

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

社内研修用 「会計の基本」1-3:企業の永続を目指す

2018年2月22日 木曜日

「会計の基本」を社内で研修するためのエッセンスを紹介するこのシリーズですが、なかなか会計の話にならないとの声も聞こえそうです。ですが、会社のための会計ですので、会社について語ることなしに会計を語ることはできません。

昨日まで、会社は経営理念実現のためにあり、その理念の多くは「従業員の物心両面の幸福」など世のため人のためというものが多いという話をしました。
そして、その経営の目的は一時的に達成したならば良いというものではなく、常により良い状態へと追い求めていくべきものです。

お客様がいるということはそのお客様の役に立っていることであり、従業員がいるということはその本人、そして家族の役にたっているということです。会社というものが存続しているということは、何らかの形で誰かの役に立っていることであり、会社経営自体が世のため人のためとなる社会的貢献なのです。

そして、この社会的貢献は一時的な貢献ではなく永続を求められ、企業は永続企業、ゴーイングコンサーンでなければなりません。

企業が永続していくためには、経営の余裕が必要です。

 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

社長(あなた)の思いは伝わってますか?
研修サポート 「経営者の想いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

————————————————————————

社長(あなた)が悩んでいることは、すでに先人が考え抜いたことかもしれません。
研修サポート 「経営に活かす原理原則『経営学百(100)年の智恵』」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
————————————————————————

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
作業日報の入力で、現場人工管理と給与計算両方ができます。
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php

————————————————————————

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

同友会の経営指針の特徴3

2015年10月17日 土曜日

 昨日、中小企業家同友会全国協議会の発行する「人を生かす経営」には「経営者と従業員は対等な関係である」ということがの根底にあり、
1.まず経営者の経営姿勢の確立
2.経営指針の成文化と全社的な実践
3.社員をもっとも信頼できるパートナーと考え、高い次元の経営をめざし共に育ちあう教育(共育)的人間関係をうちたてること
などの大切さを訴えっていると書きました。

 企業がその目的を実現していくのはある期間だけできればいいという話ではありません。
目的を実現し続けることが求められ、そのためには経営の永続性が求められます。
ゴーイングコンサーン(永続企業)のためには、企業の維持・発展が必要です。
衰退する企業では永続はありえません。

 では企業の維持・発展のためには何か必要か?
将来の経営に対する余裕、言い換えれば利益が何としても必要です。




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

作業日報の入力で、給与計算と現場管理(出面表など)ができます!

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★







皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

経営理念神棚論? その2

2015年4月5日 日曜日

 昨日、「まずは、今までの経営理念の有効性に関する論の検討から」と書きましたが、経営理念が経営に資するものなのかどうか検討します。

 そもそも経営理念が経営に資するとはどういうことか?
これは経営理念が経営の目的に役立つということでしょう。

 では経営の目的とは何か?
これは各社それぞれの目的があるでしょうが、その目的を果たし続ける、つまり企業の存続というところが究極の目的でしょう。

 「継続企業の前提(ゴーイングコンサーン)」という用語があります。
「継続企業の前提」とは会社が将来にわたって事業を継続するとの前提をいい、それを脅かすものとしては、債務超過等の財務指標、債務返済の困難性等の財務活動、主要取引先の喪失等の営業活動、その他巨額の損害賠償負担の可能性やブランドイメージの著しい悪化などがあげられます。
(参考サイト 日本取引所グループ http://www.jpx.co.jp/glossary/ka/120.html

 企業の存続のためには、しっかり収益をあげること、顧客のニーズや信頼に応えることが求められるということでしょう。
このためには、何が必要なのかという話は、また明日。




皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで12位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)







日報から給与計算と現場管理(出面表など)ができます!
さらに、いろいろ相談できて便利です!!
《《日報給与管理システムのご案内》》
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

あらためて利益について 後半のまとめ

2012年2月12日 日曜日

 会社は、そこに関係する皆の幸せのもとになることが求められます。特に働く人とその家族が明るい将来設計を立てれるように、将来にわたっての経営の永続性が求められます。ゴーイングコンサーンとしての会社組織であるには、不測の事態に備えるだけではなく、将来に向けての投資のためにも、利益が必要です。

 利益は結果として出れば良いというものではなく、必要な利益を得るために経営活動をするべきものです。そのためには、どれだけの利益が必要で、そのためには売上がいくら、経費がいくらかという目標予算を立て、PDCAを回しながら経営していくことが必要です。

 想定した利益を得るためには売上がいくら必要で、経費はいくらに抑えるのか、このような検討をするためには変動費、固定費、限界利益などの管理会計の知識が必要になります。京セラ創業者の稲盛和夫さんもおっしゃってますが、「会計がわからんで経営ができるか」なのです。

 目標予算を立てても、現実と目標の比較ができなければPDCAが回りません。今、利益がいくら出ているのかを確認するには、仕事とごとの利益を測定する仕組みが必要です。その仕事の売上、かかった経費、そして人件費をどれだけ投入しているのか、このようなことがすぐにわかる仕組みが必要です。

?

?

?

?

?

?

 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで21位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

動的平衡する企業(変わりゆく企業)とそのアイデンティティ

2011年7月30日 土曜日

 昨日の「企業のサステナビリティと経営理念」の続きになります。企業が持続可能であるための取り組みという意味で「サステナビリティ」という言葉を使いましたが、なぜ、企業は持続可能である必要があるのでしょう。

 当然つぶれたら従業員やお客様、取引先など関係者に迷惑がかかるからという理由が一般的でしょう。企業はそれに関わる人たちの幸せのためにあるのだから、企業はゴーイングコンサーン(永続組織)である必要があるといわれます。

 私の座右の書の一冊に、「生物と無生物のあいだ」(福岡伸一、講談社、2007年、740円+税)があります。この本には次の記述があります。
「私たちは、自分の表層、すなわち皮膚や爪や毛髪が絶えず新生しつつ古いものと置き換わっていることを実感できる。しかし、置き換わっているのは何も表層だけではないのである。身体のありとあらゆる部位、それは臓器や組織だけでなく、一見、固定的な構造に見える骨や歯ですらもその内部では絶え間のない分解と合成が繰り返されている。」

 人間は食物などから体内に取り入れ、そして老廃物を体外に排出しています。福岡さんは、身体は一定ではなくつねに新しいものが増え、古いものが消えているという動的(ダイナミック)なもので、今ある体というのはその平衡(バランス)のうえでなりたっているといいます。人間の体を分子レベルで考えると数ヶ月から半年でまったくの別人に変わるそうです。そして、このことを動的平衡と呼んでます。

 存続している企業も、一定ではなくつねに新しいものが増え、古いものが消えているという動的(ダイナミック)なもので、今ある会社というのはその平衡(バランス)のうえでなりたっているといえるのではないでしょうか。常に入れ替わっているものは、従業員であり、商品であり、お客様であり、企業をとりまくものやその中身全てです。

 では、その動的平衡である企業、過去と現在で長い目で見れば全く中身が入れ変わってる企業、これが同じ企業だといえる根拠はなんでしょう?
やはり考え方、一貫した「経営理念」がそのアイデンティティを担保しているのではないかと考えます。

 この話、また明日に続きます。




 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで21位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)