Posts Tagged ‘イチロー’

習慣化するということ

水曜日, 10月 14th, 2020

渋沢栄一は「良い習慣を身につけ、悪い習慣を捨てる」ことが良い人生につながるといいました。ドラッカーも同様のことをいっています。

何かをはじめたら三日坊主で終わらせずずっと続けるということが習慣化するということですが、新しい習慣が増えてきたのであれば、それを行う時間は限られていますから、おのずからやめる習慣がでてくるのだろうと思います。

習慣化のためには、頭で考えずとも体が勝手に反応するというのが理想です。野球のイチローさんの打席に入った時のルーチンが目に浮かびます。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで12位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

成長のために

土曜日, 3月 23rd, 2019

イチロー選手の引退会見の概要を新聞などで読みました。
なるほど、真理を語っていると感じます。

できるかできないかではなく、やりたいかどうかでエネルギーを注ぎ込んで欲しいという話は全く同感です。ただ、やはりイチロー選手からは、限界はちょっとしか超えられないという言葉もありました。その少しずつの上澄みの積み重ねが偉大な結果につながるのだと思います。

毎日1%成長 1.01^365 (1.01の365乗)=37.8
と書かれたポスターを思い出しました。

  

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで11位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する
株式会社シンクシステムズのサイトはこちら
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

成功の条件4

月曜日, 3月 19th, 2018

成功のためには、あきらめずに続けることが必要であり、そのためにはお金と時間が必要だという話をしてきましたが、それらを踏まえて成功するためのコツは何かを考えると、「小さく始める」ことといえるでしょう。

以前、日経新聞のコラムに、グーグルの会社内では「小さく始める」が標語となっているとあったのを記憶しています。

大きな目標を設定するからお金や時間が必要となります。
まず目先の一歩を進めることを目標とすることです。

野球のイチローさんが「小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています」とおっしゃてますし、いろいろな人が同様のことをいっています、この一歩一歩の積み重ねが大きな成功へとつながります。

 

 
皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

社長(あなた)の思いは伝わってますか?
研修サポート 「経営者の想いを社員の方に伝えるお手伝い」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support1.pdf

————————————————————————

社長(あなた)が悩んでいることは、すでに先人が考え抜いたことかもしれません。
研修サポート 「経営に活かす原理原則『経営学百(100)年の智恵』」
詳細はこちら http://www.thinkweb.co.jp/documents/support2.pdf
————————————————————————

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
作業日報の入力で、現場人工管理と給与計算両方ができます。
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php

————————————————————————

考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

共通の目標を持った集団が偉大なことを成し遂げる

水曜日, 5月 18th, 2011

 昨日の「個人の目標と組織の目標」で、
「会社とは、経営者一人ではできないことをするための組織です。組織としての共通の夢、目標を持ちそれを浸透させることが必要なのです」
と書きました。

 また、一昨日5月16日の「世界の一流になるには」では、
「どうやら、10年以上「誰にも負けない努力」を続けていれば国内の一流に、20年以上続けていれば世界の一流に誰でもがなれるのではないか、そう思います。そして、昨日の「肝を据える」にも書きましたが、その努力を続ける覚悟をどう決めるか、どう肝を据えるのか、言葉を変えると、どんな山に登るのかというしっかりとした目標を熱烈に思うことが大事です」
と書きました。ここで、たまたま紹介した3人は、石川遼さん、イチローさん、羽生善治さんで、それぞれ個人での目標を追っている人でした。

 では、個人ではなく集団で同じ目標を持つということはどういうことでしょうか。
一人で目標に向かい努力した成果と、二人で同じ目標に向かい努力した成果、3人で、4人でと人数が増えていった場合、それは一人ひとりの努力の成果の足し算になるのでしょうか。いえ、そうは思えません。

 同じ目標に向かって努力ができる仲間が増えれば増えるほど、幾何級数的にその成果が上がっていくのだと思います。
何を目指し、どのような会社にしたいのかという経営理念に共鳴し、同じ目標に向かっていく腹をくくり、一緒に誰にも負けない努力をしていく、そうすることで凡人の集団が偉大なことを成し遂げることができるのだと思います。

 そのためには、経営者自らが「何のために生きるのか」「何のために経営しているのか」「どういう会社にしたいのか」、つまり経営理念を明確にする必要があります。

?

?

皆様の励ましのクリック →? 本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで21位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)

世界の一流になるには

月曜日, 5月 16th, 2011

以前「将来の夢とそのための努力」で石川遼さんとイチローさんの小学校時代の作文を紹介しました。

石川遼さん。
「二年後・・・中学二年生、日本アマチュア選手権出場。
三年後・・・中学三年生、日本アマチュア選手権(日本アマ)ベスト8
四年後・・・高校一年生、日本アマ優勝、プロのトーナメントでも勝つ。
六年後・・・高校三年生、日本で一番大きいトーナメント、日本オープン優勝。
八年後・・・二十歳、アメリカに行って世界一大きいトーナメント、マスターズ優勝。
これを目標にしてがんばります。最後のマスターズ優勝はぼくの夢です。それも二回勝ちたいです。みんな(ライバル)の夢もぼくと同じだと思います。でもぼくは二回勝ちたいので、みんなの倍の練習が必要です。」

イチローさん。
「僕の夢は一流のプロ野球選手になることです。
そのためには中学、高校と全国大会に出て活躍しなければなりません。
活躍できるようになるためには練習が必要です。僕は三才の時から練習を始めています。三才から七才までは半年くらいやってまいましたが、三年生の時から今までは三百六十五日中三百六十日は厳しい練習をやってます。
だから、一週間中で友達と遊べる時間は五、六時間です。そんなに練習をやっているのだから、必ずプロ野球選手になると思います。そして、その球団は中日ドラゴンズか、西武ライオンズです。ドラフト一位で契約金は一億円以上が目標です。僕が自信のあるのは投手か打撃です。」

また、「「継続は力なり」ということ」では、羽生善治さんの
「以前、私は、才能は一瞬のきらめきだと思っていた。
しかし今は、十年とか二十年、三十年を同じ姿勢で、同じ情熱を傾けられることが才能だと思っている。
直感でどういう手が浮かぶとか、ある手をぱっと切り捨てることができるとか、確かに個人の能力に差はある。
しかし、そういうことより、継続できる情熱を持てる人のほうが、長い目で見ると伸びるのだ。」
という言葉を紹介しています。

会社を良くするには「誰にも負けない努力が必要だ」とおっしゃる京セラ創業者で経営者の勉強会「盛和塾」を自ら主催する稲盛和夫さんは、1959年の創業から12年で大阪証券取引所2部上場、その後2年で東証、大証1部上場、創業21年でニューヨーク証券取引所に上場しています。

どうやら、10年以上「誰にも負けない努力」を続けていれば国内の一流に、20年以上続けていれば世界の一流に誰でもがなれるのではないか、そう思います。そして、昨日の「肝を据える」にも書きましたが、その努力を続ける覚悟をどう決めるか、どう肝を据えるのか、言葉を変えると、どんな山に登るのかというしっかりとした目標を熱烈に思うことが大事です。

ここに来てやっと、盛和塾の教えである「経営の原点12ヶ条」の最初の4条の大切が理解できました。

経営の原点12ヶ条
1.事業の目的、意義を明確にする
公明正大で大義名分のある高い目的を立てる
2.具体的な目標を立てる
立てた目標は常に社員と共有する
3.強烈な願望を心に抱く
目標の達成のためには潜在意識に透徹するほどの強く持続した願望をもつこと
4.誰にも負けない努力をする
地道な仕事を一歩一歩、堅実にたゆまぬ努力を
5.売上を最大限に、経費を最小限に
入るを量って、出ずるを制する。利益を追うのではない。利益は後からついてくる
6.値決めは経営
値決めはトップの仕事、お客様も喜び自分も儲かるポイントは一点である
7.経営は強い意志で決まる
経営には岩をも穿つ強い意志が必要
8.燃える闘魂
経営にはいかなる格闘技にもまさる激しい闘争心が必要
9.勇気を持って事に当たる
卑怯な振る舞いがあってはならない
10.常に創造的な仕事を行う
今日より明日、明日よりあさってと常に改良改善を絶え間なく続ける創意工夫を重ねる
11.思いやりの心で誠実に
商いには相手がある。相手も含めてハッピーであること。皆が喜ぶこと
12.常に明るく前向きに、夢と希望を抱いて素直な心で

本日までの投稿記事のタイトルを右のページ欄にある「過去投稿タイトル」にまとめてあります。ご参考にどうぞ。

皆様の励ましのクリック →? 本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで21位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。)

将来の夢とそのための努力

日曜日, 11月 14th, 2010

 小学校6年生が書いた卒業文集用の作文、2名分が手元にあります。
一つは次のような出だしで書かれています。

 「二年後・・・中学二年生、日本アマチュア選手権出場。
 三年後・・・中学三年生、日本アマチュア選手権(日本アマ)ベスト8
 四年後・・・高校一年生、日本アマ優勝、プロのトーナメントでも勝つ。 
 六年後・・・高校三年生、日本で一番大きいトーナメント、日本オープン優勝。
 八年後・・・二十歳、アメリカに行って世界一大きいトーナメント、マスターズ優勝。
 これを目標にしてがんばります。最後のマスターズ優勝はぼくの夢です。それも二回勝ちたいです。みんな(ライバル)の夢もぼくと同じだと思います。でもぼくは二回勝ちたいので、みんなの倍の練習が必要です。」

 もう一つは次のような出だしです。
 「僕の夢は一流のプロ野球選手になることです。
そのためには中学、高校と全国大会に出て活躍しなければなりません。
活躍できるようになるためには練習が必要です。僕は三才の時から練習を始めています。三才から七才までは半年くらいやってまいましたが、三年生の時から今までは三百六十五日中三百六十日は厳しい練習をやってます。
だから、一週間中で友達と遊べる時間は五、六時間です。そんなに練習をやっているのだから、必ずプロ野球選手になると思います。そして、その球団は中日ドラゴンズか、西武ライオンズです。ドラフト一位で契約金は一億円以上が目標です。僕が自信のあるのは投手か打撃です。」

 皆さんご推察のように、最初の作文は石川遼さん6年生の時の「将来の自分」という作文で、二番目の作文は6年2組鈴木一郎さん、今のイチローさんが書いたものです。

 手元には二つの全文が掲載されたプリントがあるのですが、これは、小樽商科大学で11月2日に行われた「エバーグリーン講座」の5回目、株式会社柳沼の代表取締役、柳沼雅彦さんと奥さん、柳沼聡美さんによる「地域と共に生きる 大企業で働くこと、中小企業で働くこと」の講演資料の一部です。

 講演の内容については明日以降ご紹介したいと思います。

?

?

?

本日までの投稿記事のタイトルを右のページ欄にある「過去投稿タイトル」にまとめてあります。ご参考にどうぞ。

 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで14位前後です。。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

Think! ITで元気をサポート 有限会社シンク 小椋俊秀