今、中国で稲盛和夫の経営哲学が人気なのは何故か?

 9月8・9日の両日、慶應義塾大学で開催された経営哲学学会全国大会、9日午前には、私の発表がありました。テーマは「中国における稲盛和夫経営哲学の普及に関する考察:儒教の影響に着目して」でした。

 私の発表に対するコメンテーターはPHP研究所で編集長をされている渡邊祐介さん、司会は與那原建琉球大学教授でした。
会場には、前日の統一論題のコメンテータであり、「今、中国で稲盛和夫の経営哲学が人気なのは何故か?」という質問をされた勝部伸夫熊本学園大学教授や経営哲学学会学会長の大平義隆北海学園教授など学会の重鎮の方々や、中国人研究者の方などもいらっしゃいました。

 発表前夜から文字通りホテルに缶詰状態で朝までかかって発表内容を検討したこともあり、当日の発表はほぼ思ったとおりの内容を発表することができました。
それに対し、渡邊さんからコメントをいただき、上に紹介した方々から質問やアドバイスなどもいただきました。

 発表の要旨は、稲盛経営哲学は儒教の影響を受けており、市場主義経済移行後の倫理観を儒教に求めようとする中国政府の意向もあり、稲盛経営哲学が中国で普及しているというものですが、頂いたコメントやアドバイスから今後の課題が見えてきました。

1.盛和塾の中国展開、稲盛のマスコミでの扱い(出版やテレビ出演)などに関して、中国政府の具体的関与があったかどうか。
2.中国現地法人の京セラ関連会社がどのような評価を得ているのか。
3.中国盛和塾塾生企業の経営に特徴が見られるか(例えば経営理念に見る特徴)

 渡邊祐介さんの著書「ドラッカーと松下幸之助」は以前何度かこのブログでとりあげていました。

渡邊さんには予め私の発表原稿を送っていましたが、その内容を孔子の子孫である孔健さんと話し合ったそうで、今度機会があれば私も孔健さんのお話を伺ってみたいと思います。




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

作業日報の入力で、給与計算と現場管理(出面表など)ができます!

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★







皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで12位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

Tags: , , , , ,

Leave a Reply