稲盛和夫経営哲学にみる陽明学の影響 その5

 昨日、
「儒教とは、孔子を始祖とする「仁」を中核とした思想体系と定義する。」
と儒教を定義づけしました。

 今日は陽明学についてとも書きましたが、その前に、上記にある「仁」について書いておきます。

 論語を読んでいると「仁」といういう時は頻繁に出てきますし、論語の中でも最も大事な教えであることがわかります。

 ウィキペディアには、
「仁(じん)とは中国思想における徳の一つ。仁愛。とくに儒家によって強調されており、孔子がその中心にすえた倫理規定、人間関係の基本。」
「主に「他人に対する親愛の情、優しさ」を意味しており、儒教における最重要な「五常の徳」のひとつ。また仁と義を合わせて、「仁義」と呼ぶ。古代から現在に至るまで中国人の倫理規定の最重要項目となってきた。中国の伝統的な社会秩序(礼)を支える精神、心のあり方である。」
と記述されています。

 ちなみに「五常の徳」とは、「仁」のほかに、
「義」: 利欲にとらわれず、なすべきことをすること。正義。
「礼」」 「仁」を具体的な行動として表したもの。もともとは宗教儀礼でのタブーや伝統的な習慣・制度を意味していた。のちに、人間社会の上下関係で守るべきことを意味するようになった。
「智」:道理をよく知り得ている人。知識豊富な人。
「信」:友情に厚く、言明をたがえないこと、真実を告げること、約束を守ること、誠実であること。
というものです。(ウィキペディアより)

 日本の歴代の天皇の名の多くに「仁」という字が使われています。
現在の天皇は「明仁」、昭和天皇「裕仁」、大正天皇「嘉仁」、明治天皇「睦仁」などなど。

 明日以降、八徳、儒家八派、性善説、性悪説、朱子学、陽明学などについて書く予定です。




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

作業日報の入力で、給与計算と現場管理(出面表など)ができます!

《《日報給与管理システムのご案内》》 【後志・石狩・空知限定発売中】
http://www.thinkweb.co.jp/business/cpk.php
考えを仕組みにしお客さまの儲けを創造する弊社ホームページ
http://www.thinkweb.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★







皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで16位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。

会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

Tags: , ,

Leave a Reply