自分達の能力を未来進行形で考える

 10年一昔といいますが、同じ仕事では10年もたないと思います。10年前と同じ仕事をしているのであれば、それは世間とのずれに気づいていないのではないかと思います。

 「未来進行形で考える」とは、京セラ名誉会長で盛和塾塾長の稲盛和夫塾長がよくおっしゃる言葉です。

 世の中は絶えず変化していますから、そのニーズやニーズの背景も変化しています。どのようなニーズに応えるのを仕事にするのか、また、そのニーズの変化にどのように対応してくのかを考えなければなりません。

 私達の仕事も10年前であれば社内のネットワーク(LAN)を利用した業務システムでしたが、現在ではいわゆるクラウドコンピューティング(主にインターネットを利用したネットワーク上のサーバーからサービスを提供する)に形態が移ってきています。

 自分達の仕事を考える場合、自分達には今何ができるのかだけを考えていていは、変化に応じていけません。仕事をする能力は鍛えていけばどんどん高まるものです。自分達の能力を未来進行形(これから伸びていく)で考え、世の中のニーズに応える仕事をしていかなければなりません。

?

?

本日までの投稿記事のタイトルを右のページ欄にある「過去投稿タイトル」にまとめてあります。ご参考にどうぞ。

 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
現在、ブログランキングは北海道のカテゴリで23位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

Think! ITで元気をサポート 有限会社シンク 小椋俊秀

タグ: , ,

コメントをどうぞ