いざという時の対応

 昨日、北海道中小企業家同友会札幌支部経営・厚生労働委員会主催の第2回経営・厚生労働セミナー「金融機関の企業評価 金融円滑化法終了後を見据えて」がありました。
実際の銀行員のお話であり、銀行側の見方・考え方がわかり、勉強になりました。

 話の中で一番印象に残ったのは、「提出された決算書は粉飾されているという認識で必ず見直す」、という話です。
提出側が意識しているしていないにかかわらず、提出された決算書が、不良債権化してる資産が計上されているなど、実体をあらわしていないとのことです。

 さて、その勉強会の後、隣の駐車場から車を出そうとしたら・・・。
小銭は一杯あると思ってたのに、出口ゲートの精算機で支払おうとしたら500円の料金のところ小銭が440円しかない。
札入れを見たら1万円札と5千円札で、どちらも精算機では使えない。
車の後ろは数珠つなぎでバックもできず。
後ろの車の人に5千円の両替を頼んだところ、結果、100円恵んでもらいました。
お名前聞こうとしたけど、「いいよいいよ」で。ご迷惑をおかけし、すみませんでした。また、100円ありがとうございます。ミーナの募金にでもお返ししておきます。




皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで19位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

Tags:

Leave a Reply