管理会計の面白さ 1.「管理会計の基礎」より

 私は現在、小樽商科大学大学院博士後期過程の2年目です。
大学院進学の際には一般入試ではなく社会人入試を受け合格したのですが、いざ入学し授業を受けてみてわかったのは、授業には社会人入試向けも一般入試向けもなく、皆、一緒であるという当たり前のことでした。
1年目の前期は時間割が合わず授業をひとつも受けず、後期にひとつだけ受講した授業は私一人だけが受講生だったので気づかなかったのですが、2年目の今年、一般入試で入学した学生と一緒の授業を受け理解しました。

 その一緒に受けている授業とは「現代管理会計情報特論」という管理会計の授業です。今まで小樽商科大学の学部4年、修士2年と小樽商大で過ごしてきましたが、恥ずかしいことに管理会計の授業を受けたことはありませんでした。
管理会計というと予算管理や原価管理というイメージでした。それが、授業で最初に示されたテキスト「管理会計の基礎」」(溝口一雄 中央経済社 1987年 3150円)を読んで、そのイメージが吹っ飛びました。

 もう何度も紹介していますが、「管理会計の基礎」には、冒頭に次のようなことが書いてあります。

「資本主義の初期の企業は個人企業であって、企業家と経営者が一体であった。経営規模も小さく、経営の管理もまったく企業者の個人的な能力に依存した、主観的で非システマティックなものであった。」
[経営者は何のために行動しているのかといえば、企業をめぐるいろいろな利害関係をもった集団の利害をまとめ上げ、これらを調整しながら、企業の本質的な目的を追求していくものだといえる。経営者というのは、企業の精神を象徴しているといっても過言ではない。」
「経営者は、企業の利害関係者の誰がみてもよいように、財務諸表を公開するものである。」
「経営者」は、経営管理の主体なのであって、企業経営の目的を遂行することをその役割としている。」
「企業は社会がそれに何かを求めて生まれたものである。この社会が要求する目的に応えなければならない」

 会計の話より先に、会社とは何か、経営とは何かという本質を的確に表現されています。この部分を読んで、溝口一雄さんという学者は本質を見極めることができる一流の学者さんだったと感じました。

 今週は管理会計の面白さについて、授業で取り上げたテキストを取り上げながら、紹介します。

?

?

?

?

 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで20位前後です。。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

Tags: ,

Leave a Reply