心を高め、経営を伸ばす 2.人生の目的

 京セラ創業者で、経営者の勉強会「盛和塾」を自ら主催する稲盛和夫さんの言葉に、「心を高め、経営を伸ばす」というのがあります。今週はこの言葉の意味、背景について説明していきます。

?

 自分の意志とは関係なく、体ひとつで生まれてきて、そして何も持たずに死んでいく、人生とはそんなものです。この人生とは何のためにあり、どう生きるべきなのでしょう。

 結論を先に述べると、盛和塾では「心を高める」ことが人生の目的だという稲盛和夫塾長の教えを学びます。

?

 人生の目的というと思い出すことがいくつかあります。

 昔読んだ、北杜夫のエッセイに次のような記述があったと記憶しています。

 人はだれも曇ったガラスの球の中に入っていて、その曇ったガラスを通して外の世界を見ているというような内容で、人生はその曇ったガラスを磨くことなんだろうなと思いました。

 また、井上靖の言葉に、「努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る」というのがあり、私の座右銘のひとつになっています。

 さらに、私の中学校時代の国語の教師であった遠藤先生は、「人生いかに生きるべきかが書かれているものが小説であり、芸術だ」と話されていたのが頭に残っています。

?

 ガラス球を磨く努力、そして芸術に昇華される人生、稲盛塾長のお話を聞くと、この二つの関連性がわかります。
明日はその話をします。

?

?

?

?

?

 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで20位前後です。。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

タグ: , , ,

コメントをどうぞ