エバーグリーン講座 佐藤等さんのお話3

 一昨日の「エバーグリーン講座 佐藤等さんのお話1」、昨日のエバーグリーン講座 佐藤等さんのお話2」に引き続き、1月18日に小樽商科大学で行われたOBが講師となるエバーグリーン講座での佐藤等さんのお話を紹介します。公認会計士の佐藤さんはドラッカー研究で有名で、「実践するドラッカー」(ダイヤモンド社 2010年)の思考編、実践編の2冊を出版されています。

 佐藤さんは「成長する」ということの意味を、以下のドラッカーの引用で示してくれました。

 「成長するということは、能力を修得するだけでなく、人間として大きくなることである。責任に重点を置くことによって、より大きな自分を見られるようになる。ウぬ俺やプライドではない。誇りと自身である。一度身につけてしまえば失うことのない何かである。目指すべきは、外なる成長であり、内なる成長である。」(『プロフェッショナルの条件』)

 「自らを成果をあげる存在にできるものは、自らだけである。したがってまず果たすべき責任は、自ら最高のものを引き出すことである。人は、自らがもつものでしか仕事はできない」(『プロフェッショナルの条件』)

 「自らの成長のために最も優先すべきは卓越性の追求である。そこから充実と自身が生まれる。能力は、仕事の質を変えるだけでなく人間そのものを変えるがゆえに、重大な意味をもつ。能力なくしては、優れた仕事はありえず、自信もありえず、人としての成長もありえない。」(『非営利組織の経営』)

 「自らの成長につながる最も効果的な方法は、水か亜rの予期せぬ成功を見つけ、その予期せぬ成功を追及することである。ところがほとんどの人が、問題にばかり気をとられ成功の証を無視する。」(『非営利組織の経営』)

 自らの強みに気づき、自信を積み上げるクセをつけることにより、卓越性を追及すべきとのことです。

 この「強み」に関しては、また明日お話したいと思います。

?

?

 本日までの投稿記事のタイトルを右のページ欄にある「過去投稿タイトル」にまとめてあります。ご参考にどうぞ。

?

 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで10位前後です。。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

コメントをどうぞ