思いを計画にする

 昨日の「思いがすべての原点」では、思いが行動の質や量を決めるとお話しましたが、会社の仕事というのは、「思い」にもとづいて展開されていると言えます。

 「経営理念」にそった「経営戦略」があり、それにもとづいた「経営計画」にそって、日々の仕事がなされていく、これがあるべき姿です。あまり先のことは、どう変化するか分かりませから詳細なとこまでは詰められませんが、将来どうなりたいのか、それに向けて、これから数年どうしていくのか、今年1年どのような商品をどのようなお客様にどれだけ買っていただくのか、それにはどういう準備が必要なのか、今月はそのうちのどれだけのことをするのか、これにそって仕事が動いてくのがあるべき姿です。

 年度の計画や月次の計画を立ててやっている会社は一杯ありますが、やっていない会社はもっと一杯あります。やっていない会社の最大の理由は、「見通しがたたない」からだと思います。

 「見通しがたたない」というのは、考えがおぼつかないということであり、やはりそれでは、その時次第の博打のような経営になってしまう可能性があります。

 「思い」に日付や数字をつけて、「計画」に置き換えていくことが大事です。

?

?

?

?

?

昨日までの投稿記事のタイトルを右のページ欄にある「過去投稿タイトル」にまとめてあります。ご参考にどうぞ。

 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

Think! ITで元気をサポート 有限会社シンク 小椋俊秀

Tags:

Leave a Reply