じっくりゆっくり人材を育てる

 一昨日からご紹介している、北海道中小企業家同友会札幌支部の総会での記念講演で大分の株式会社地域化科学研究所、木下光一社長のお話ですが、人材について次のようなお話がありました。

 ・新卒採用の社員が50%を超えるくらいから、がらっと会社が変わってきた。
 ・人材育成は一朝一夕にできるものではなく、時間がかかる。

 木下さんは、人材育成に時間がかかることを「薄皮をはがすよう」と表現されましたが、以前、やはり同友会の会合で、どなたかが、「薄皮を積み重ねるよう」と表現されていて、なるほどなぁと思ったことを思い出しました。

 人材教育はなにも社員だけのことではなく、経営者自身も、いえ、経営者だからこそ率先して学んでいかなければなりません。

?

?

本日までの投稿記事のタイトルを右のページ欄にある「過去投稿タイトル」にまとめてあります。ご参考にどうぞ。

 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
現在は北海道のカテゴリで18位前後です。。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

Think! ITで元気をサポート 有限会社シンク 小椋俊秀

タグ: , ,

コメントをどうぞ