「孫正義Live2011」より 3.第2次IT革命

 孫正義さんは「孫正義Live2011」で、次のように話しています。

 「ITの第一次革命は、アメリカでした。
でも産業革命の第一次革命がイギリスで、第二次革命はアメリカに移った。
IT革命では第一次IT革命はアメリカですけども、第二次革命として、アジアが中心のIT革命になりえる。
PC中心からモバイル中心に。」

 私がコンピュータに接したのは1979年からですが、専門学校の授業などでは、今までの経験でからITの時代区分を次のように分け、説明しています。
・1980年代 パソコンの登場 ホビー用パソコン誕生からから業務用パソコンへ
・1990年代 ダウンサイジングの時代 コンピュータの小型化・低価格化
・2000年代 ブロードバンドの世界 高速・常時接続定額制
・2010年代 モバイルの浸透 スマートフォンなどでいつでもどこでもネット接続

 現在の2010年代は1990年代のダウンサイジングの特長と2000年代のブロードバンドの特長を活かし、いつでもどこでもパソコンなみのインターネット通信がモバイル環境下で可能になるでしょう。

 孫さんも、
 「携帯が音声を中心とした携帯「電話」と言われる時代から、携帯「インターネット」と呼ばれる時代になる。
モバイルインターネットという時代になる。」
と言っています。

 そして、世界のインターネット人口の50%をアメリカが占めていた時代から、アジア勢が50%以上をしめる時代に変わってきていると言い、なので、第2次IT革命は「アジア中心のモバイル中心」であると言います。

?

 毎朝、家を出る時、妻に「かぎ持った?ボッチ(歩数計のこと)持った?携帯電話持った?」と確認されるのですが、「かぎ持った?ボッチ(歩数計のこと)持った?携帯インターネット持った?」となるのでしょうか・・・
(すでに、docomoのスマートフォンXPERIAですが)

?

?

本日までの投稿記事のタイトルを右のページ欄にある「過去投稿タイトル」にまとめてあります。ご参考にどうぞ。

 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
本日は17位からのスタートです。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

Think! ITで元気をサポート 有限会社シンク 小椋俊秀

タグ:

コメントをどうぞ