北海道IT経営応援隊フェア ソフトブレーン宋文州さんの講演

?本日、北海道IT経営応援隊フェア2009がホテルニューオータニで開かれました。
IT活用で北海道産業をパワーアップと言うことで、北海道IT経営貢献賞の表彰式や、受賞企業(旭川の日本メディカルプロダクツ株式会社)のIT経営実践事例紹介、そして、特別講演として、ソフトブレーン株式会社 創業者の宋 文州(そう ぶんしゅう)さんの講演がありました。

 宋さんは、中国から北海道大学大学院に国費留学。1992年ソフトブレーンを28歳で創業。2005年には東証一部上場。ロングセラーの著書「やっぱり変だよ日本の営業」などがあります。

 その宋さんが北海道の依頼で断りきれずに、「道を意識しない経営が道をよくする」のタイトルで講演を行いました。このタイトル中の「道」は「みち」ではなく、北海道の「どう」です。北海道を元気にするための講演を北海道から依頼されたようですが、こんな講演を聞いているより仕事をしろ、そう宋さんは言ってました。

 宋さんの講演の中身は、このブログで書いていることとかなり通じる部分があり、なるほどなるほどとメモをとる手がスムーズに動きました。講演後の質疑応答時には、誰も手をあげなければ質問しようと思っていたのですが、講演内容とはまったく関係ない自分と中国のかかわりなどを話すなどトンチンカンな質問(?)をする変な人が続き、チャンスを逃しました。

 さて、その講演内容ですが、一言で言うと、「本当に状況がひどければ変わっているはず、変わっていないのは、まだまだ余裕があるからだ」というものです。手元のメモをもとに、明日以降、講演内容を再現してみたいと思います。

?

?

「平成21年7月14日に過去記事を消去してしまいました。この記事はデータを元に復刻させたものです。」

? 皆様の励ましのクリック →?  本当にありがとうございます。
(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります)

Think! ITで元気をサポート 有限会社シンク 小椋俊秀

コメントをどうぞ