一意専心と中途半端

ときどき思い出す言葉に、中学校の時の音楽の先生が言っていた言葉があります。それは「いろいろやるべきことがあるから、なんでも中途半端にしかできない」という言葉です。

先生であれば、「一意専心」などのように、一つのことに集中し一生懸命やれと言う思いがあったので、その言葉は新鮮な印象でした。

今、自分を振り返ると、確かにしなければならないことが多く、特定のことだけに集中して時間をとるようなことはできません。限られた時間の割り振りのなかで、その時間でできる分だけのことをするしかありません。

大事なことは、そのような時間の使い方でも、流れるのではなく積み重なるようにしていくことだと思います。ながらくほうっておいてしばらくぶりに手をつけたら前回までのことが頭から消えていたというのでは時間の無駄遣いになってしまいます。忘れてしまわないうちに定期的に繰り返す、このような計画性が大事なのでしょう。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

Tags: , , ,

Leave a Reply