小さな違和感を潰す

仕事を頼んだときに、その結果ややり方が思っていたのと違うということがあります。頼んだ目的が達せられなければ当然これでは困ると言うことになりますが、目的を達せられる場合、違和感ある部分についてまで事前にやり方を説明していないときには言わずにすますこともあるかと思います。

ただ、これが重なるとまずいことになると思います。それをやり直すかどうかは別としても、自分はこういう思いだったのでこれには違和感を覚えるということを知らすことが必要だと思います。そうしないと、そういう価値観、判断基準の違いが積み重なっていきます。

お客さんが感じる小さな違和感についても同じで、積み重なることがないようにしなければなりませんが、違和感を素直に伝えてくれるお客さんはごくごく少数です。こちらで、お客さんの感じ方を察することが求められます。こういうことは普段の仕事の中での積み重ねで感度を上げていくことが必要かと思います。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで12位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

Tags:

Leave a Reply