天国と地獄

京セラ創業者の稲盛和夫さんがよくする話に「天国と地獄」の話があります。お坊さんから聞いたというその話は、天国と地獄は同じ環境なのだが、そこに住む人たちの気持ちが違うため、天国は天国らしく、地獄は地獄らしくなるという話で具体的には次のようです。

天国も地獄も食事は大鍋で茹でているうどんを皆で囲んで食べるのだが、その時使う箸は1mほどの長さである。うどんを箸で挟み食べようとしても箸が長くてなかなか口にうどんがはいらない。そうして悪戦苦闘していると自分より先に食べられてはまずいと他の人が箸でその人のうどんを叩き落としたり、そこから喧嘩になって箸で突っつきあったりし、阿鼻叫喚の図となる。天国の場合は、長い箸でとったうどんを向かいの人の口に運び、向かいの人は感謝で食べ、そしてお返しにどうようのことをし、そのように皆が感謝の心でおいしくいただく。

先日、中国語検定用の短文問題を見ていたら、同じような話が載っていてその問題を簡単に解くことができました。ただ、中国語の問題では食事はうどんではなくお粥で、長い箸ではなく長いスプーンでした。

うどんといえば、以前韓国ソウルの明洞を歩いていたら「札幌うどん」という看板の店があり、興味本位で入ってみたことがありました。確かにうどんでしたが、どこが札幌かは不明でした。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで12位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

Tags: , , ,

Leave a Reply