それぞれの会社の常識 2

例えばある会社とのやり取りにおいて、相手の対応に不満がある場合には「常識を疑う」というような表現をしたりします。

個人個人によって対応がばらつかず、相手に満足してもらえる対応をとるためには、会社の「常識」を揃える必要があり、そのための教育・訓練が必要です。
一方、フィロソフィ、哲学、考え方の教育・訓練だと表現すると、身構える人もでてきます。 その差はどこにあるのでしょう。

話は変わりますが、人は周りの考え方に影響されやすいものです。子供のころには特にそうでしょう。子供のころ、家庭や学校でどのような考え方、常識が身についたのか、これが将来にわったて影響するでしょう。

ある人が身につけた考え方、常識が、その人が属する会社の常識と合わなければ、冒頭の例のようにその人の行動によって会社自体の常識が疑われたりすることもあるでしょう。そうならないために、教育や訓練が必要だという話が冒頭の話ですが、それ以前にまず会社の常識、考え方を明確にしておく必要があります。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで13位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントが
カウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

Tags: , ,

Leave a Reply