経営指針による経営の変化 1.経営者の自覚 その2

昨日のブログでは「『 経営指針による経営の変化』 には一定のプロセスがあるようだということと、その第一歩がサブタイトルの『経営者の自覚』であるということです 」と書きました。

なぜ、「経営者の自覚」なのか。中小企業家同友会の全国組織である中同協では毎四半期ごとDORと呼ばれる景況調査を行っています。そして、時折、この調査の中で経営指針についての質問があり、その質問の中に経営指針の成果を問うものがあってその選択肢に「経営者の自覚が高まった」という項目があります。

2017年には札幌支部経営指針員会が、それまでの経営指針研究会参加企業に経営指針研究会前後の変化についてアンケートを取りました。その質問の中にも「経営者の自覚が高まった」という項目が入っています。

経営指針研究会によってどれだけの人が「経営者の自覚が高まった」と回答し、回答していない人はどんな人だったのか、明日以降これについてお話しします。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。
↓ ↓ ↓

現在は北海道のカテゴリで12位前後です。

(環境によりバナーアイコンが表示されないケースもあります。そのさいはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

Tags: ,

Leave a Reply