環境変化のときこそ理念への強い思いが必要

昨日のブログ記事「外部環境と内部環境」や一昨日のブログ記事「反省に必要な理想の姿」から、次のことが言えると思います。

まず、経営指針のフレームワークの図を再掲します。

新型コロナなどの外部環境(経営環境)変化があれば、それ以前の想定の経営方針を状況に合わせて再検討しなければ経営理念、ビジョンの実現が図れません。

そして、外部環境を自力で変更することはかなり困難ですから、変化に対応するためには内部環境(自社の経営力)を変化させることが先決となります。ということは、そういう経営方針の再検討が必要で、それに応じて経営計画も再検討が必要です。

経営理念、ビジョンの実現への強い思いが、環境変化に流されるのではなく、経営方針・計画の再検討の道へ導くのだと思います。

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。


こちらをクリックすると人気ブログランキングに投票です

現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

Tags: , , , , , ,

Leave a Reply