反省に必要な理想の姿

3日前の9月23日のブログ「創意工夫は現場の課題から」では、「 困りごとや課題は現場での見直しや反省から生まれます 」と書きました。

そこからもう一歩踏み込んで考えてみると、反省をするためには、理想の姿、こうありたいと思う姿が必要でしょう。

理想の姿があるから、現実とのギャップを反省することができます。

皆様の励ましのクリック 本当にありがとうございます。

現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

Tags: ,

Leave a Reply