インバウンドに思うこと

菅新首相が規制緩和の一例として、政府の意志でインバウンドの数を上げてきたという話をしています。安倍政権発足の8年前は訪日外国人観光客数、インバウンドの数は800万人、そこから政府の政策としてインバウンドを増やすことに舵を切り、2018年時点で2020年には4000万人が視野に入ったと発表し、今年2020年1月17日の発表では2019年度3188万2000人だったと明るく発表しています。

その後新型コロナウイルス感染が広まりインバウンドがゼロに近い状態と現在なっているわけです。

社会の流れを読み、それを活用するのが経営戦略です。
政府の意志でインバウンドを増やすといわれれば、その風にのらない手はありません。
しかし、誰も予想もしない事態が発生し、増えるどころかゼロとなってしまいました。

東京オリンピックも国を挙げての誘致活動に成功し、それに向けての投資も多数あります。
しかし本当に来年、思っていたとおりにオリンピックを開けるのか、インバウンドを狙った投資が功をなすのか、これが期待通りにならなければ日本の経済にさらなる暗雲が立ち込めるように思います。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック →  本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで11位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

Tags: ,

Leave a Reply