難しい方を選ぶ

「難しい方と簡単な方があれば、難しい方を選びなさい」、一般論でこう言われるとなんとなくわかった気持ちとなりますが、ほとんどの場合、それは実際には実行されていのではないかと思います。

例えば、サービスの提供であれば料金を今までの2割増し、3割増し、または倍、3倍としてみる。
当然、サービスの内容が今まで通りであれば誰もお客になろうとは思いません。
それに見合ったサービスに質を高める必要があります。

料金を安くすることは、お客さんに受け入れられやすく、楽なことです。

できなかったことができるようになるのが成長ということですから、難しい方を選ぶというのは自身の成長につながることなのだと思います。

 

 

 

 

皆様の励ましのクリック →  本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで14位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

Tags:

Leave a Reply