中国語検定

今年の初めに立てた目標の一つに、3月に中国語検定3級合格、その後、9月にHSK5級、11月に中国語検定2級合格というのがありました。

中国語検定は日本で行われている中国語の検定で、易しい順から準4級、4級、3級、2級、準1級、1級とあります。ちなみに3級は「基本的な文章を読み,書くことができること。簡単な日常会話ができること。(学習時間200~300時間。一般大学の第二外国語における第二年度履修程度。)」と規定され、2級は「複文を含むやや高度な中国語の文章を読み,3級程度の文章を書くことができること。日常的な話題での会話が行えること。」と規定されています。

HSK(漢語水平試験:Hànyǔ Shuǐpíng Kǎoshì)は中国語政府が認定するすべてが中国語のみで出題される試験で、易しい順から1級、2級、3級、4級、5級、6級とあります。私は2年ほど前に4級に受かっていました。4級は「中国語を用いて広範囲の話題について会話ができ、中国語を母国語とする相手と比較的流暢にコミュニケーションをとることができる。」と規定されていますが、そんなには喋れません。ちなみに受験予定の5級は「中国語の新聞・雑誌を読んだり、中国語のテレビや映画を鑑賞することができ、中国語を用いて比較的整ったスピーチを行うことができる。」となっています。

3月に受験するはずであった中国語検定3級の試験は新型コロナの影響で6月に延期となり、その試験の結果が本日発表され、無事合格していました。
ですが、目標は中検3級ではなくHSK5級、中検2級であり、こちらの方はしっかり準備しないと合格は難しいようです。

 

 

 


 

 

皆様の励ましのクリック → 本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで15位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

Tags:

Leave a Reply