オンライン講義の可能性

現在、ほとんどの大学で非対面での授業を余儀なくされ、先生たちはオンライン授業やオンデマンド授業の対応に追われています。また、そのような先生たちを応援するように教育産業がセミナーなどを開催しています。

私も昨日ベネッセの主催するセミナーをオンライン受講しました。
そこでなるほどと思ったのが、多数の学生を相手にする講義型授業でも、オンライン授業であれば学生側は、まるで1対1で自分に語りかけてもらっているという感覚になりえるということでした。

スピーカーやヘッドフォンを通じて周りの雑音なしに話し手の声が直接耳に届けばそういうことも不思議ではありません。遠隔であっても親密感・親近感の持てる授業を展開できるのです。

思い起こせば10代のころはラジオのDJの語り掛けにはまって、ハガキをだしたりしたものでした。
その感覚を思い起こし、講義に反映させることができれば、なお一層、親密感・親近感の持てる授業を展開できそうです。

そしてこれは、学校の授業だけではなく、会社やお店のファンづくりにも応用できそうです。

 

 


 

 

皆様の励ましのクリック →  本当にありがとうございます。現在は北海道のカテゴリで12位前後です。

(現在、携帯でみるとバナーが表示されないケースもあります。そのさいはリンク先と表示された部分をクリックするかもしくはhttp://blog.with2.net/link.php?737084をクリック願います。
会社や家庭から上記のバナーを一日に一度クリックすることでポイントがカウントされてます。 ポイントの反映には30分~1時間ほどかかります。

 

 

オンライン参加時のバーチャル背景をきれいにだすならグリーンバック(緑の背景)を

タグ:

コメントをどうぞ